mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 色、光について。科学を覆せ!

色、光について。科学を覆せ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月16日 23:03更新

みなさん、色はどうしてその色に見えると思いますか?
色と光の関係は、いったいどうなっていると思いますか?

植物が緑に見えるのは、植物に含まれているクロロフィルという物質が緑色の光を吸収も反射もしないからです。他の色の光は吸収するか跳ね返しているのに緑色だけ吸収も反射もされずに通過しているということです。
ちなみに太陽の光は、白色光といって、すべて色の光を含んでいます。

例えば、オレンジの光(べッドライトとか、水銀灯?)をつけていただくとわかると思うのですが、周りの普段はいろんな色のものが全てオレンジ色に見えますね。これは、オレンジの光しか光源から出されていないので、どの物質もオレンジしか吸収、反射、貫通出来ないわけです。

白色光は、目で見る事ができるすべての光を含んでいます。白色光は、色で言うと、黒の存在です(絵の具で赤と黄色と青を同じ量だけ混ぜると黒になります。赤と黄色と青は3原色なので、もし世界中の全ての色を同じ量だけ混ぜることができても黒になる、といえます)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ということは、紫外線/赤外線は見えない(その他の外側にある不可視光線も)=どんな物質でも赤外線、紫外線は吸収or跳ね返しているということでしょうか。
黒い服はよく紫外線を吸収するから肌まで紫外線が届かなくて体にいいと言いますね。
白い服は光を跳ね返すけど紫外線は跳ね返さないだとかも。

赤外線&紫外線=透明の光と考えてみてください。


オレンジの光があたったとき=オレンジ色に見える
という法則からいくと、
見えない紫外線、赤外線(見えない=透明)=透明に見えるはずなのです。つまり、皆さんが普段透明だと思っているものは、紫外線、赤外線の色だと思いませんか??
つまり、赤外線なんかを見る方法を使ったらガラスや水も見ることができると思うのです。
現にガラスは光を通しているし、跳ね返してもいるし。

透明の光と白い光の違いは、と言われると、
透明の光=透明の光ですが、
白い光=透明の光も含んでいる可能性があるわけです。
でも、透明の光(紫外線、赤外線の色と思われるもの)が加わっても、少なくとも透明=人間には見えない色のため、別の色にはなりません。
見えない物質も光を放っている可能性はあるのです。
放射性元素なんかがそうですね。

パソコンの画面の明るさを明るくする(光を加えていく)と、画面はより白っぽくなりますよね。
ということは、光を奪っていくと、物質の色はだんだん暗く見えていく、ということです。でも黒は、全ての光を吸収してしまう。
しかし、黒い光もでしょうか?????????
さっきの法則に当てはめると黒い物質は黒い光は吸収できてしまうことになるのです。

白い物体とブラックライトにも同じことが言えるでしょう。
黒い光を当ててるにもかかわらず白いものだけ見えるのは、うん、すこぶるおかしい。
そこで、光を当てたらものの色が薄く見えることを覚えていますか?
私は、ブラックライトはブラックライトがあたっている物質を黒く見せているのではないかと思いつきました。
光があたってない部分はもちろん暗く見えます。白以外のほかの物質は、黒い光を吸収も反射もせず、通過させるので、そしてこの場合黒い光が当たってるから他の色は表現せずに、黒色だけ表現するので黒く見えます。白は黒い光(ブラックライト)を反射or吸収して全く通過させないですが、光が当たっているから色が薄く見えて、白いのです!!!



ところで、周りにある何か黒いものを見てください。
私の今着てるジャージ、黒いですが、光っています。まず、光を反射しているし、影の部分は影になってない部分よりもっと暗いです。ということは、すこしでも光を反射しているということですね。
実は、着色料とかなんでも、黄色より赤、赤より青の方が重いのですが、
色の濃さと密度、結合の仕方は関係しているようです。
私はこのことはブラックホールにも関係していると思うのですが、、、。ブラックホールは簡単に説明すると、穴ではありません。光すら曲げてしまうほど重力の強い物質です。
普通の黒では光は吸収しきらず、周りにある黒いものをみてもわかるように、光を吸収しきるような黒ってありませんよね。でも、それがブラックホールです。

ところで、赤外線や紫外線は人間の目には全く見えないですね。
だから犬には世の中が白黒に写っているだとか赤外線の見える生き物がいるだとかはぶっちゃけ嘘だと思うのです。赤外線ストーブの赤い色も、実際には赤外線は出ているのですが赤外線が見えるわけはないので、ライトが赤いのは雰囲気を出すためもしくは利用者がストーブをつけたまま放置しないようにするためなどの装飾だと思います。 もし人間とほかの動物の見えている色が違えば、少なくともほかの動物には酸素が色付きだったりほかのものが透明に見えたりするわけですね。空気に色がついているのです。そしたら常に霧がかかっているような状態になってしまうかも。だからほかの動物と人間の見えている色が違うなんてことはあり得ないと思います。

もし、ブラックライトor黒い光でブラックホールをてらしたらどうなるのでしょうね。ブラックホールはブラックライトを吸収も反射も出来ないです。ずばり、ブラックライトはブラックホールを突き抜ける、もしくはブラックホールの影響を受けることは出来ないのではないでしょうか?

雲に地球の引力が働かない理由を思い出してみてください。
とても軽いからです。
黒い光も普通の光より随分軽いのではないでしょうか。

ニュートンとフックによると光は粒子と波だそうですから、、、。

ずばり、黒い光はほかの光よりも軽い。
=光の早さは一定ではないということです。
光の速さ=毎秒2.99×10^なんちゃらだとかが変わらない、なんて間違ってると思います。

質量×速度=運動量からも、よりエネルギーの高い紫外線や放射線、x-rayはたぶん軽いのでしょうね、、、。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年3月16日

3601日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!