mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 岩田専太郎

岩田専太郎

岩田専太郎

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が敬愛する挿絵師、第一弾。

「挿絵界の三羽烏」と言えば岩田専太郎・志村立美・小林秀恒の御三方だ。
その中でもピカ一がやはり岩田専太郎ではなかろうか? 流麗で且つ色香漂う美人画に、哀愁と侠気とが渾然一体となった時代物の挿絵、もう只々唸らされるばかりである。 他にも小田富彌・神保朋世など勉強中ではあるが、今回はこれで!

挿絵に興味のある方、美人画に興味のある方、是非とも情報交換を! 宜しくお願い致します。


岩田専太郎(いわたせんたろう) 1901-1974
明治34年6月4日、東京浅草黒船町に長男として生まれる。
浅草田原小学校卒業。 大正8年伊東深水に師事し、若くして挿画界の寵児となる。 大阪毎日新聞連載・吉川英治「鳴門秘帖」、毎日新聞連載・三上於菟吉「日輪」の挿絵を描き一躍人気を集める。 「専太郎張り」と言われる画風を確立。 爾来第一人者として艶麗の彩管をふるう。 昭和29年菊池寛賞、36年紫綬褒章受賞。 出版美術家連盟会長。 昭和49年2月19日、脳出血の為死去。 享年73。 没後、従五位銀杯二号を賜る。 生涯に執筆した挿絵は約六万枚と言われる。


※自由に書き込み下さい。トピックもどうぞご自由に。

最新情報

開設日
2005年06月02日
(運営期間4138日)
カテゴリ
アート
メンバー数
201人
関連ワード