mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 太陽神ミトラ、ミトラス教

太陽神ミトラ、ミトラス教

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月26日 22:41更新

太陽神ミトラを主神とする、古代神学とされる宗教。

柔軟性と融合力から、ヘレニズム化、イスラーム化へと通じ、紀元前1世紀〜5世紀の一大勢力とされる。

クリスマスの起源は、
本来、ミトラ教下による冬至祭から由来されているとされ、イエスキリストの誕生日としているのは、後付のこじつけである。

以下
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

ミトラ教またはミトラス教 (−きょう,英語:Mithraism) は、インド・イランの古代よりの神話に共通する、太陽神ミトラ(ミスラ)を主神とする宗教である。ヘレニズムの文化交流を通じて、地中海世界に入り、主に、ローマ帝国治下で、紀元前1世紀より5世紀にかけ、大きな勢力を持つ宗教となったが、実体については、不明な部分が多い。

ローマ帝国治下のミトラス教
ローマ帝国の領土において広範に流布した宗教は、ミトラス教と呼ばれており、初期キリスト教と、ローマ帝国の国教の地位を争ったほどに古代のおいては優勢な宗教であった。しかし、キリスト教の勝利と共に忘却され、近代になって、フランツ・キュモンが、ローマ帝国時代の遺跡の碑文を丹念に蒐集し、ミトラスに関する記述に基づいて研究を行った。(この神は、ラテン語では、Mithras であり「ミトラス」と表記するのが妥当であるが、キュモンはフランス人であったので、フランス語読みで「ミトラ」となり、「ミトラ教」とも呼ばれる)。

キュモンの研究により、古代の大宗教であったミトラス教の存在が、再び明らかになったが、古代ローマのミトラス教は、「密儀宗教」の面が強く、その実体については、未だによく分かっていない。

アーリア人の神ミスラ
元々、ミトラス神は、アーリア人の古い神話に登場する光明の神であり、イランの『アヴェスター』においても、インドの『リグ・ヴェーダ』においても登場する有力な神であった。ゾロアスター教でも、ミトラは中世ペルシア語でミフルヤズドと呼ばれ、重要な役割を持ち、多数の神々のなかでも特殊な位置付けであった。

ミトラに対する信仰というものは当然存在したが、ミトラを主神とする、ミトラ中心の宗教が存在したのかどうか、学問的に確かなことが分からない。


[編集] 仏教の弥勒信仰
仏教には、弥勒菩薩が存在し、「弥勒信仰」がある。この弥勒は、サンスクリット語ではマイトレーヤというが、マイトレーヤとは、ミスラの別名である。またはミスラから転用された神名であり、仏教では菩薩として受け入れられ、マイトレーヤを軸とした独特の終末論的な「弥勒信仰」というものがある。

以上、このコミュはミトラス教の謎に迫ってみたいと思います。

★古代宗教コミュ
「ゾロアスター教」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=172715
「マニ教」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=116724
「ヘレニズム・グノーシス主義」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=139582

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 151人

もっと見る

開設日
2007年3月11日

3700日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!