mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 君は土本典昭を知っているか?

君は土本典昭を知っているか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月5日 21:14更新

「記録映画作家・土本典昭監督」を語るコミュです。
作品の感想や、好きなシーンの話など、何でもどうぞ

【土本典昭とは?】
戦後日本を代表するドキュメンタリー映画監督の一人。
1928年生まれ。早稲田大学を除籍。
当時は全学連の副委員長であった。
1956年、岩波映画製作所に臨時の雇員として入社し、翌年フリーに。1963年『ある機関助士』でデビュー。現在でも鉄道映画の傑作として名高い(宝島社より廉価版DVD)あり

【その後のフィルモグラフィ】
1964年『ドキュメント路上』交通安全のPR 映画のつもりがとんだアバンギャルド映画に!
1966年『留学生チュア スイ リン』不当な国外退去を
許すな!元祖「加担の映画」
1969年『パルチザン前史』バリケートの中の青春・貴重な記録!
1970年、水俣病の患者さんの声を記録した『水俣―患者さんとその世界―』を発表。以来、2004年の最新作『みなまた日記』まで、30年以上にわたって関わりを続け、一連の記録映画は17本に及ぶ。

その間にも
1980年『海とお月様たち』
1982年『原発切抜帖』切抜きだけで映画ができる!
1989年『よみがえれカレーズ』タリバン政権誕生前のイスラム民主主義の息吹を聞け!
などの傑作が多数!
2008年6月24日、79才にて惜しくも逝去。

【土本さんが映画に!】
皇国少年から全学連、そして水俣との出会いと関わり…
土本さんの激動の半生と、その独特の映画術を一本の映画に凝縮!

『映画は生き物の記録である』(2006年94分/16mm)
監督:藤原敏史 出演:土本典昭

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 179人

もっと見る

開設日
2007年3月10日

3732日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!