mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > トラ・トラ・トラ!

トラ・トラ・トラ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月19日 11:24更新

映画『トラ・トラ・トラ!』(アメリカ・日本劇場公開版)が好きな人のコミュニティです。
トピック立てはご自由にどうぞ^^

『トラ・トラ・トラ!』は真珠湾攻撃にいたる日米両国の動きとその立場を公平かつリアルに描いていることから、日本では高い評価を受け、熱狂をもって受け入れられた。しかし、開戦前の米国側の危機管理の甘さが強調されていたため、米国での興行成績は振るわなかった。この反省を踏まえた1976年の『ミッドウェイ』は米国中心視点で製作されることになった。また、同じテーマを題材にした映画に2001年公開作品の『パール・ハーバー』がある。こちらは興行的には成功したが、映画内での日本軍描写や歴史考証の矛盾点に対する批判も多く、かえって『トラ・トラ・トラ!』を再評価させることになった。

本作の公開はベトナム戦争の真っ只中であったが、米国が攻撃されるというだけでなく、日本側の視点を大幅に取り入れた映画を製作したという点では、当時の米国の懐の深さを表していると言えよう。真珠湾奇襲を防ぐことができなかった原因を、(史実に即して)ワシントンの政府上層部の責任として描いていることも当時としては斬新であった。それまで奇襲攻撃を許した責任の多くを問われていたウォルター・ショート司令官やハズバンド・キンメル提督は、大統領をも情報共有から除外したワシントンの隠蔽体質のために有効な対処手段をとることができなかったというように描かれている.


また、製作当初は事実関係が未確認であった空襲開始前の駆逐艦ウォードによる日本海軍特殊潜航艇甲標的への砲撃および撃沈シーンが描かれている。映画内では、甲標的への攻撃行動とその報告が握りつぶされるまでの過程が描かれており、アメリカ側の怠慢を示す重要なシーンになっている。このような劇場公開当時あまり知られていなかったエピソードを映画に取り入れている点も高く評価されている。

なお、映画の最後で山本五十六連合艦隊司令長官の発する有名な台詞「眠れる巨人を起こし、奮い立たせたも同然である」は、創作(史実では確認できない)とされている。

日本公開版には、渥美清と松山英太郎演じる炊事兵が厨房で日付変更線について会話する、本作の中でも数少ないコメディーシーン、並びに、山村聰演じる山本五十六連合艦隊司令長官が「出師の表」拝受の為に宮中に参内し、天皇(姿は見せず玉座のみ)に拝謁する前に芥川比呂志演じる木戸幸一内大臣と語り合うシーンがあるが、これはアメリカ公開版ではカットされている。2007年3月現在、日本で発売されているDVDはアメリカ公開版のため当該シーンは含まれていない。また、登場人物紹介と日本側シークエンスの台詞には英語字幕が出る。

2008年12月8日、数量限定ではあるが日本仕様の三枚組DVDーBOX(US公開版)が発売され、日本語のシーンでの英語字幕が表示されなくなった。しかしそれによって台詞部分のみならず、日米両登場人物紹介の為の英語字幕、及び山本五十六が旗艦長門甲板上に佇むラストカットに表示される「眠れる獅子を起こした」の英語字幕までもが消されてしまう結果となった.
また、特典映像として日本公開版の全編を見ることができる。
キャスト
ハズバンド・キンメル太平洋艦隊司令長官:マーティン・バルサム
山本五十六連合艦隊司令長官:山村聰
ヘンリー・スチムソン陸軍長官:ジョゼフ・コットン
源田実海軍中佐:三橋達也
ブラットン大佐:E・G・マーシャル
ウィリアム・ハルゼー海軍中将:ジェームズ・ホイットモア
クラーマー少佐:ウェズリー・アディ
南雲忠一海軍中将:東野英治郎
ウォルター・ショート陸軍中将:ジェイソン・ロバーズ
フランク・ノックス海軍長官:レオン・エイムス
ハロルド・スターク海軍作戦部長:エドワード・アンドリュース
コーデル・ハル国務長官:ジョージ・マクレディ
ジョージ・マーシャル陸軍参謀長:キース・アンデス
淵田美津雄海軍中佐:田村高廣
ジェームズ・リチャードソン提督:ロバート・カーネス
ジョセフ・グルー駐日米国大使:メレデス・ウェザビー
野村吉三郎駐米大使:島田正吾
近衛文麿首相:千田是也
東條英機陸軍大将:内田朝雄
松岡洋右外相:北村和夫
東郷茂徳外相:野々村潔
木戸幸一内相:芥川比呂志 ※アメリカ公開版では登場シーンはカットされている。
鮫島侍従武官:青野平義 ※アメリカ公開版では登場シーンはカットされている。
山口多聞海軍少将:藤田進
大西瀧治郎海軍少将:安部徹
来栖三郎駐米特派大使:十朱久雄
奥村勝蔵駐米一等書記官:久米明
結城特派書記官(駐米大使館):近藤準
堀内電信係長(駐米大使館):新井和夫
炊事兵1:渥美清 ※アメリカ公開版では登場シーンはカットされている。
炊事兵2:松山英太郎 ※アメリカ公開版では登場シーンはカットされている。
花街の女:市川和子
軍人髭の老人:中村是好
阿曽一飛曹:井川比佐志
赤城飛行士:和崎俊哉
長谷川喜一海軍大佐(赤城艦長):細川俊夫
和田雄四郎海軍中佐(連合艦隊通信参謀):葉山良二
宇垣纏海軍少将(連合艦隊参謀長): 浜田寅彦
黒島亀人海軍大佐(通称ガンジー/連合艦隊先任参謀):中村俊一
福留繁海軍少将(連合艦隊参謀長⇒軍令部作戦部長):河村弘二
原忠一海軍少将(第五航空戦隊司令官):二本柳寛
下士官(米艦名当て):青木義朗
小野寛治郎海軍中佐(第一航空艦隊通信参謀):三島耕
松崎海軍大尉:宇南山宏
水木兵曹:山本紀彦
三川軍一海軍中将(第三戦隊司令官):須賀不二男
村田重治海軍少佐(赤城飛行隊長):室田日出男
板谷茂海軍少佐(赤城戦闘機隊長):稲垣昭三
第一航空艦隊参謀:児玉謙次
第一航空艦隊参謀:雪丘恵介
反保機関長(赤城):久遠利三
クロッカー書記官(駐日米国大使館):アンドリュー・ヒューズ
ドゥーマン参事官(駐日米国大使館):マイク・ダーニン
野村吉三郎の声(英語部分):ポール・フリーズ
吉川猛夫海軍少佐(森村正・ホノルル総領事館書記生):マコ岩松 ※本編では登場シーンはカットされている。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 53人

もっと見る

開設日
2007年3月7日

3736日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!