mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > スルタン

スルタン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月11日 02:47更新

おのおののスルタンに関するコミュニティはあるんですが、(例:アイユーブ朝のサラディン・マムルーク朝のバイバルス等)『スルタン』の地位に着目したコミュニティがなかったため、僭越ながら作成しました。

スルタンの魅力・権力等について語れる人から、「スルタンって何ですか?」な人までどうぞお気軽に。
ただいま掲げている画像は、オスマン・トルコ帝国第10代スルタン、スレイマン一世です。

スルタンとは…(ウィキペディアより)
スルターン(アラビア語 : سلطان sultān)は、イスラム世界における君主号(君主の称号)のひとつ。アラビア語で「権力(者)」、「権威(者)」を意味する。マレー語・トルコ語などの発音に準じてスルタンと書かれることも多く、「王」「皇帝」などとも訳される。古くは英語における発音の音訳によってサルタンとも書かれたが、近年では稀である。

スルターンの語は、クルアーン(コーラン)の中では「神に由来する権威」を意味する語として使われ、アッバース朝のカリフにおいて初めて君主の称号として採用された。11世紀にアッバース朝カリフの庇護者として勢力を伸ばしたセルジューク朝のトゥグリル・ベグはカリフからスルターンの称号を授与され、ちょうど西ヨーロッパにおける教皇に対する皇帝のように用いられる。セルジューク朝の衰退後はルーム・セルジューク朝やホラズム・シャー朝などのセルジューク朝から自立したイスラム王朝で君主の称号として採用され、スンナ派イスラム世界において一般的な称号として定着する。これ以降、アイユーブ朝、マムルーク朝などの諸王朝は、アッバース朝カリフの承認のもとでスルターンの君主号を称し、自らの権威付けに利用したが、しばしば比較される神聖ローマ帝国の皇帝がローマ教皇に戴冠されたように必ずカリフの任命を要したわけではない。

オスマン朝でスルターン(スルタン)の称号を最初に名乗ったのは2代オルハンで、シャー、ハンの称号と組み合わせて「スルタン・スレイマン・シャー・ハン」などと自称した。のちにオスマン朝が大帝国に発展するとパーディシャーの称号が一般的に用いられるようになるが、君主名の前にスルタンの語を添えて用いたり、「スルタンたちのスルタン」と称したりするようにもなり、また君主の后妃や娘の称号としてもスルタンの語が用いられた。19世紀に「スルタン=カリフ制」の主張が生まれると、オスマン帝国の君主は世俗権力であるスルタン権と宗教権威であるカリフ権を兼ね備えていると考えられるようになる。


関連コミュ(2007年2月27日現在)

バイバルス(マムルーク朝第5代スルタン)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=686367

サラディン(Saladin)(アイユーブ朝初代スルタン)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=617313

イスラーム
http://mixi.jp/view_community.pl?id=26841

[dir]イスラーム
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1625206

(4月10日変更)
コミュニティリンクの権限っていつから出来たのかわかりませんが、参加者の方々も追加できるようにしました。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2007年2月27日

3619日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!