mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 総合格闘技全般.戦極.DREAM等

総合格闘技全般.戦極.DREAM等

総合格闘技全般.戦極.DREAM等

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月30日 16:53更新

http://mossai.choitoippuku.com/
PRIDEのホームページですが動画一覧は
動画サイトにリンクしていたんですが、
ズッファに動画が削除されました。
今までのPRIDEの歴史を作成していき残して行きたいと思っています。


自己紹介トピックです
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18743338&comm_id=1899677

総合格闘技全般についてとことん語り合います。
プライド・戦極・DREAM・M1グローバル
この四つを中心としたしゃべりばです。
気軽に参加してください。

DREAM オフィシャルサイト
http://www.dreamofficial.com/

戦極 オフィシャルサイト
http://www.sengoku-official.com/pc/

M1グローバル オフィシャルサイト
http://www.m-1g.jp/

今後のDREAMが気になる人
青木の今後が気になる人
グランドの寝技が好きな人、
スタンドの打撃が好きな人、
アレキサンダーの今後気になる人
ミルコが好きな人、
秋山が嫌いな人、
格闘技を好きになる理由は
たくさんあるはずです。
日頃から強くなるためだけに人生を捧げ
鍛えまくっている男達。
その男達が四角いリングの上で殴りあう。
かっこいいですよね。
まぁ格闘技を好きになる理由はどうあれ
これからの総合格闘技を応援しつつ、
ここで語り合いましょう。

そもそも総合格闘技の始まりは格闘王国ブラジルで始まったらしい。総合格闘大会にブラジル人が多いのもそのせいだ。様々な格闘技の頂点を見たいという格闘技ファンの思いにより生まれたのが総合格闘技・バーリトゥードだ。
バーリトゥードとはポルトガル語で何でも有りの意味
そして徐々に広がり現在に至る。
今ではMMA(ミックスド・マーシャルアーツ)と呼ばれている。このMMAは世界にここ数年で大幅に拡大し、その中心にいるのがこのDREAMと戦極なのだ。
間違いなく世界のトップファイターが集まっている。

階級
PRIDE           
スーパーヘビー 125以上 
ヘビー級    125未満 
ミドル級    093未満 
ウェルター級  083未満 
ライト級    073未満 

チャンピオン一覧
PRIDE            
ヘビー級王者       
エメリヤーエンコヒョードル 

ミドル級王者        
ダンヘンダーソン      

ウェルター級王者
ダンヘンダーソン

ライト級王者
五味隆典

スーパーヘビー級
無し

試合場所
PRIDE
四方の正方形のロープ
直径7?のリング
この中での格闘の違い
PRDIEではロープに追い詰められてもあまり詐称はないがUFCで金網に追い込まれると絶対不利になる。
PRIDEでは追い込まれて、闘いずらい体制になると、
レフェリーが一旦試合を止め、闘いやすい方へ選手を導く

試合形式
PRIDE
10・5/5の3R制
武士道
10・5の2R制

ルール
基本一緒
グラウンドの相手の顔面への踏みつけ、蹴り攻撃
PRIDE
顔面、頭部への肘打ち
PRIDE無 
PRIDEのロープはUFCの金網と思ってもらってOK
PRIDEではレフェリーの注意3で失格となる。
(注意1でファイトマネーの10%を支払わなければならない、ヴァンダレイはいくら支払ってるのかw)
細かい所はややこしいので省略

判定基準
基本一緒だが、グラウンドでの判定基準が微妙に違う。
PRIDEではグラウンドで下になったとしても、下から攻めていればそちらの方が有利にとられるが、UFCではいくら下のポジションのほうが有利に攻めていても、上のポジションになってる方が有利とされる。
UFCはどうか知らないがPRIDEにはおもしろいルールがあって、判定基準にアグレッシブさも一つの判定基準に正式に取り入れているのだ。
大きな違いと言えばこれぐらいだ。

おまけ
歴代チャンピオン
PRIDE
ヘビー級
初代 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
二代 エメリヤーエンコ・ヒョードル(現王者)

ミドル級
初代 ヴァンダレイ・シウバ
二代 ダン・ヘンダーソン(現王者)二階級制覇

ウェルター級
初代 ダン・ヘンダーソン(現王者)二階級制覇

ライト級 
初代 五味・隆典(現王者)

2000無差別級グランプリチャンピオン
マークコールマン(アルティメットハンマー)

2003ミドル級グランプリチャンピオン
ヴァンダレイ・シウバ(旋律の膝小僧)
全盛期の時には絶対王者と呼ばれ、
そのアグレッシブさはPRIDE1だった。
PRIDEをここまで大きくしたのはこのシウバと言っても過言ではない。

2004ヘビー級グランプリチャンピオン
エメリヤーエンコ・ヒョードル
(ロシアンラストエンペラー)60億分の1の男
恐らく現在格闘技大会に出てる中では?1
自他共に認める世界最強の男なのだ。

2005ミドル級グランプリチャンピオン
マウリシオ・ショーグン(クリチバの暴れん坊将軍)
ミドル級の中では恐らく一番強い。

2006ウェルター級グランプリチャンピオン
三崎・和雄(GRABAKAのヒットマン)
シウバを倒したダンヘンに勝った男

2006無差別級グランプリチャンピオン
ミルコ・クロコップ(無冠の超人・完全征服の覇王)
もう誰もが知っていると思うが、実力は十分あるけどタイトルが全然とれない日々が続いた。何回も挫折を乗り越えとうとう2006年に無差別級グランプリチャンピオンと言う世界最高の勲章を得た。なんとその記念すべき日はミルコの誕生日だと言う奇跡のまさに歴史に残る一日だった。その左足から繰り出されるハイキックはもう芸術としか言いようが無い。数々のトップファイターを葬ってきた。格闘技史上一番のハイキックだ。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 188人

もっと見る

開設日
2007年2月26日

3569日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!