mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 修羅の門が好きっ!

修羅の門が好きっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月8日 06:56更新

≪書籍情報≫

著者:川原正敏
出版社:講談社
版型:新書版
カテゴリー:少年コミックス
連載雑誌:月刊少年マガジン

http://zenkandokuha.com/?pid=2370373

≪同一著者書籍≫
・陸奥圓明流外伝 修羅の刻 [1~15全巻]


≪参考情報≫
参考情報はWikipediaより抜粋したものです。(詳細は下記のとおり。)
ご購入の際はお客様ご自身の最終判断でご利用ください。

『修羅の門』(しゅらのもん)は、川原正敏の格闘漫画。月刊少年マガジンに連載されていた。

【概要】
時代の影に隠れ、殺法を極限まで極め、無手による戦いで無敗を誇る一子相伝の武術「陸奥圓明流」の継承者陸奥九十九の活躍を描く。テーマの1つに「活人拳」に対するアンチテーゼを作者はあげている。単行本は2006年7月時点では31巻まで刊行されている。31巻の巻末後書きによれば作者に送られた手紙で第4部の結末を批判され、読者からの予想だにしない反応に相当こたえたらしく、伏線として示唆されていた九十九の実父との対決を見ることはなくその物語を中断してしまった。

九十九に連なる陸奥圓明流の祖先達を描いた作品として、『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』があり、こちらは後継連載の『海皇紀』と時々交代する形で現在も新作が発表されている。

1990年、第14回講談社漫画賞少年部門受賞。

【第一部】
あらすじ
実戦空手の総本山ともいうべき神武館を「ぶったおしてこい」と祖父に言い含められて東京に送り出された陸奥九十九は、神武館道場を見つけられず迷っていた折に、一人の学生と思しき少女に道を尋ねる。

2人が神武館道場に到着すると、一人の男の前に館長代理・大原が血を吐いて倒れていた。毅波秀明と名乗る道場破りは館長代理を斃したのだから看板を貰っていくという。少女に事の成り行きを説明する道場の女性。少女は武神として名高い神武館館長・龍造寺徹心の孫娘・舞子であった。徹心が不在の中、看板を守るために舞子がその相手に気丈にも名乗り出る。だがそれを阻んで九十九が毅波と戦う。舞子の予想に反して終始圧倒する九十九。そこに徹心が帰宅し毅波は退散する。九十九の祖父、陸奥真玄からの手紙を読んだ徹心は九十九の居候を認める。

一連の話を聞いて面白く思わない神武館指導員・木村の挑発に百人組み手を買って出る九十九。百人全てを倒した九十九は続けて木村と対戦。木村の腕を極めた九十九は躊躇なくその腕を折り、返り討ちにする。その後九十九は、木村は全日本選手権の五位だったこと、その上に四鬼竜と呼ばれる上位四人がいることを聞き、四鬼竜・徹心の五人に照準を絞る。

木村の敗北を聞き各支部に散っていた四鬼竜が続々と九十九のいる本部に集結。そのまま対戦することと相成る。

増畑、泉と順調に四鬼竜のうち二人を倒すが三人目の陣雷戦で不意をつかれ目を負傷する。目の見えない中、万策尽きて玉砕覚悟で間合いのない状態に持ち込んだかに見えた九十九だったが、倒れたのは陣雷だった。その原因を奥義・無空波だと察知する徹心。陣雷を倒した勢いのままに最後の一人・海堂に挑もうとする傷だらけの九十九を、その死を恐れた舞子が止めに入る。必死の制止に二人の戦いは一時水入りとなった。

『徹心が以前に九十九の祖父の陸奥真玄と戦い、無空波をくらって敗れたこと』『無空波をやぶる方法は無く、くらえば必ず負けること』を徹心から聞いた海堂は「どうする?」という徹心の問いかけにこう答える。 「ならばくらいません。かわします。」そして体に密着したボウガンの矢をかわす訓練を始めるのだった。天才はついに矢鏃のついたボウガンの矢をかわすことに成功し、海堂の無空波対策はここに完成をみる。

対決の刻。果して海堂は無空波をかわせるのか。そして九十九は勝利できるのか。

【第二部】
あらすじ
九十九の道場破りをきっかけにして始まった、全日本異種格闘技選手権における話。この話で九十九の兄殺しのエピソードが語られる。またここで存在が明らかになる不破圓明流の起源は修羅の刻で明かされた。

【第三部】
あらすじ
全日本異種格闘技選手権で勝利した九十九は、アリオス・キルレインと戦うためにアメリカへと渡り、結果的に世界ヘヴィ級王座統一トーナメントに挑戦することになる。修羅の刻とつながるエピソード、そして舞子の成長が語られる。

【第四部】
あらすじ
九十九は、アメリカに渡る前の祖父のコンデ・コマ(前田光世)の柔術を受け継いでいる者と決着をつけろとの言葉に従い、ブラジルに渡る。そこでレオン・グラシエーロと出会い、ヴァーリ・トゥードの大会で戦う。

【陸奥(不破)圓明流の秘技】
「投げる」「極める」「折る」を同時にやると本編中で何度も記述があるように単純に殴る蹴るのではなく、殴ることや折ることが連動して行われるのが最大の特徴であり、交差法(攻防一体の技)も多い。飛燕十字蔓や牙斬といった技は徹心や片山右京に真似されたが、奥義及び四門・四神は陸奥の血を継ぐ者しか使うことができない。


(「修羅の門」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2006年11月2日12時(日本時間)での最新版を取得。改訂履歴。Text is available under GNU Free Documentation License.)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 179人

もっと見る

開設日
2007年2月25日

3864日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!