mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > しみつけっしゃ ひとり

しみつけっしゃ ひとり

しみつけっしゃ ひとり

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2007年9月6日 23:03更新

ん?
「作成後1ヶ月経っても登録数が1人の場合、また複数参加者がいる場合でもトピックの無いコミュニティは自動的に削除させていただきます。」

・・・って、どうするよ。

◆まぁしぃのコミュニティが一つもないので作ってみた。
◆しみつを守れる人は誰でもOKだな。ウェルカムだよ。
★特典は、プロフィールの「所属」に「しみつけっしゃ ひとり」と記入できるんだ、かっこいいだろ。

■いいか、人知れず何かの調査を行い報告するんだ。
調査したいことを書いてもいいんだぞ。
そしたら、ひとりで調べるんだ。


★以下はヒマなときに読もう★
これはとっておきのしみつだが、僕は小学生の頃「秘密諜報部員」だった。

むかし「冒険王」という漫画本があった。

ある日「秘密諜報部員募集」の文字が僕の目を釘付けにした。

瞬間的に「諜報部員」にならなければ、と思った。
心底なりたいと思ったな。

どうしたらなれるのか?
簡単だ、毎月ページの右上になある「なんとか券」を3ヶ月分送るだけである。

僕は集めた。
3枚揃えて、はがきにはっつけて送った。
翌日からそわそわして、まだかまだかと郵便受けを入念にチェックした。

人に見られないようにね。
心は既に諜報部員だったんだ。

で、とうとう封書が届いた。
心底感動したな。

まず「諜報部員認定書」なるカードが入っていた。
一番嬉しかったのは「諜報部員バッチ」だった。
僕はそのバッチを誇らしげに服に付けて学校へ行った。

そして、自分が秘密諜報部員であることを、皆に説明して回ったんだ。


…まぁ、それはどうでもいいが。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2007年2月25日

3572日間運営

カテゴリ
その他