mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > audiovoid a.k.a. LayerZ

audiovoid a.k.a. LayerZ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年3月21日 18:38更新

カリフォルニア北部の小さな町、ヒールズバーグでLindsey R. Green (a.k.a. AudioVoid)は育った。11歳にしてエレキギターを始め、「Lamia」というデスメタルのバンドに加わった。ただし、彼は1994年にたくさんのエレクトロニックミュージックを聴くことで、彼自身を音楽の一つのジャンルに制限することはなかった。そのエレクトロニックミュージックとは、ほとんどが「The Orb」や「The Orb' and 'Art of Noise」のようなサイトランスなサウンドであった。リンジーの高校時代にはもうすでに、新しいエレクトロニックミュージックをただ受け身に聴くだけでは、満足できなくなっていた。数少ないローカルDJの、1200s技術に彼は魅了された。彼は少なくとも自分自身が始まったばかりであり、スターターであったが、常に、二つのレコードを一緒にし廻すことが、「自分自身のビートを作り出す」だと信じていた。リンジーは、スピニングというのは、単に2つのレコードを混ぜ合わせるだけであって、全てのクールな効果等はあらかじめ録音されている、ということを発見し残念に思った。しかし、その思いに屈することなく、更にステップを歩み、YAMAHA SU-10サンプラーを買った。ハウス、テクノ、ドラムンベース、エクスペリメンタル、彼のミックスにはリミットは無くなっていた。KAWAI K-5000アナログ型シンセサイザーにオファーされた後、リンジーは様々な音楽に対しキーボードを弾き始めた。彼はそのすぐ後に初めてのコンピュータを獲得した。2002年、リンジーは80分間のものをコンパイルし、彼の初めてのCD「Twilight Machine」を作成した。2003年、Sasha`s「Wavy Gravy」リミックスコンテストにて、ウルトラレコードによりノミネートされた。リンジーは更に多彩なスタイルのエレクトロニックミュージックを作成し、彼の独自のギターやボーカルを追加していった。

http://www.myspace.com/audiovoid

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 20人

もっと見る

開設日
2007年2月21日

3776日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!