mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > K DUB SHINE・ケーダブシャイン

K DUB SHINE・ケーダブシャイン

K DUB SHINE・ケーダブシャイン

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ PROFILE ]
東京都渋谷区富ヶ谷出身。
10代にストリートの裏側をさまよい、身を持って現実を体験、前向きに生きることに目覚める。その頃、NYに端を発するヒップホップ・カルチャーに出会う。「RUN-DMC」を始めオールド・スクールの時代からラップ、ヒップホップにのめり込み、MCになることを決意、ライムを書き始める。約8年に渡るアメリカ生活で、本場でのHIP HOPを体験、数々の経験を積み、確実に活動の幅を拡げていく。

93年帰国後、旧友「ZEEBRA」「DJ OASIS」と共に、自らがトータル・コンセプトをまとめたグループ「キングギドラ」を結成。彼ら独自のメッセージ性、そしてライブ・パフォーマンス、ストリートに出回ったデモ・テープ等その完成度の高さが、業界関係者含む多方面で話題になり、活動は益々活発化。95年キングギドラ名義のアルバム「空からの力」でレコードデビュー。それまでの日本語ラップの概念を根底から覆えし、史上に残る名盤として高い評価を得る。その後も、ヒップホップのベテラン勢のフロントアクト、出演等、積極的に活動、確実にキャリアを積み、幅を拡げその名声を不動のものにする。その後、日本のヒップホップシーンに多大な影響を与えながら「キングギドラ」奇跡の封印。

97年新たな奇跡を起こすべく長い沈黙を破る。インディーズには手に負えない勢いでカッティング・エッジと契約。ファーストアルバム「現在時刻」を発表。このアルバムは様々なメディアで、高い評価を獲得。さらに、98年には新曲「禁じられた遊び」、リミックスEP「説明不要」をリリース。そして6月25日には久々のソロ名義のシングル「天国と地獄」をリリース。そしてプロデューサー陣に「DJ OASIS」「INOVEDER」等を迎え、待望のセカンドソロアルバム「生きる」を発表。この数年間彼が培ってきた言葉がアルバムタイトルでもある重厚な作品となった。その流れをくみ、最近の日本において問題が浮き彫りにされている、幼児虐待をテーマにした「セイブ・ザ・チルドレン」を01年9月にリリース。各メディアでも話題になり、特にプロモーションビデオでは強烈なインパクトを与えた。

03年3月、自ら率いるアトミックボム・プロダクションズ、ソニーとレーベルディールを結び11月「オレはオレ」をリリース。そして04年「正真正銘」「今なら」を立て続けにリリースし、確実に存在をアピールする。そしてついに自らの人生を綴った渾身のアルバム「理由」を発表。04年度、最高のクラシックとして評価される。

[はじめまして]
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1063466

[新着情報]
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=6853895&comment_count=0&comm_id=186716

[アンケート]
http://mixi.jp/reply_enquete.pl?id=11114949&comm_id=186716

[OFFICIAL WEBSITE]
http://www.atomicbomb.co.jp

開設日
2005年05月24日
(運営期間4148日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
4336人
関連ワード