mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 菅原道真公

菅原道真公

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月12日 01:23更新

塙保己一、高杉晋作、山岡鉄舟など、昔から多くの人々に慕われ信仰されてきた、天神さま・菅原道真公のコミュニティです。
菅公の人となりやその作品について、各地の天満宮・天神さまの情報などを語り合いましょう。
どうぞ、ごゆるりと。

※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*

 道真公は清公(きよきみ)公、是善(これよし)公と続く文章博士(もんじょうはかせ)の家系に生まれました。母は、少納言伴(大伴)氏の出身です。
 わずか5歳で和歌を詠み、10歳を過ぎてを創作し、神童と称されました。18歳で文章生、23歳で文章得業生、26歳でついに方略式に合格し、30歳の頃、島田宣来子を妻に迎え、33歳で式部少輔、文章博士となり、学者としては最高の栄進を続けました。
 一時、讃岐守という地方官へまわされましたが、そこで、むしろ慈父のごとき善政を行い住民に慕われたのです。京へ戻ると宇多天皇の厚い信任を受け、蔵人頭などの政治の中心で活躍しました。50歳の時には、唐の国情不安と文化の衰退を理由に遣唐使停止を建議し、中国に渡ることはありませんでした。そして、55歳で右大臣、そして、ついに、延喜元年1月7日、藤原時平とともに従二位に叙せられましたが、その直後、急転して大宰府左遷となりました。

 大宰府では、左遷というより配流に近い窮迫の日々を送りながらも、天を怨まず国家の安泰と天皇さまの御平安をお祈りし、ひたすら謹慎され、配所から一歩も出ることはなかったようです。
 劣悪の環境のなかで健康を損ない、道真公を京で待っているはずの夫人の死去の知らせが届くと、ますます病は重くなり、延喜3年(903)2月25日、白梅の花びらが散るように亡くなったのです。

 御遺骸は、門弟の味酒安行によって、大宰府の東北の地に埋葬され、太宰府天満宮が創建されました。その後、朝廷でも罪なきことが判明し、人から神の御位に昇り、天満天神、学問の神・文化の神として現代に至るまで永く人々の信仰を集めています。

以上、太宰府天満宮HPより抜粋
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/shiru/kankou.htm


※トピックはご自由にお立てください。
  ただし、既存のトピで済むものはそちらに書き込みを。
 
※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*

以下、参考リンクです。

●Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E9%81%93%E7%9C%9F

●生身天満宮
 http://www.ikimi.jp/

●大宰府天満宮
 http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

●北野天満宮
 http://www.kitanotenmangu.or.jp/top.html
 
●大阪天満宮
 http://www.tenjinsan.com/index.html

●湯島天神
 http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

●亀戸天神社
 http://www.kameidotenjin.or.jp/index.html

●谷保天満宮
 http://www.yabotenmangu.or.jp/

●防府天満宮
 http://www.hofutenmangu.or.jp/

●山崎菅原神社
 http://yamasaki-tenjin.com/index.html

●山陰亭 (ファンサイト)
 http://michiza.net/index.shtml

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 260人

もっと見る

開設日
2007年2月15日

3900日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!