mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 三浦哲郎−笹舟日記−

三浦哲郎−笹舟日記−

三浦哲郎−笹舟日記−

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦哲郎氏の作品「ゆで卵を食べる日のこと」という作品は忘れがたい作品となっています。一緒に語りませんか。

三浦哲郎(みうら・てつお) プロフィール

1931(昭和6)年青森県八戸市三日町生まれ。早稲田大学仏文科卒。昭和25年次兄の失踪をきっかけに大学を中退し、郷里の八戸で中学教師になる。一家の「病んだ血」について思い悩み、この頃から小説の断片を書き始めている。やがて、文学への志望を固め、1953年早大に再入学。1955年「十五歳の周囲」で新潮同人雑誌賞を受賞し、井伏鱒二の知遇を得る。卒業後、文学に専念したが1960年に PR編集社に就職。1960年「忍ぶ川」で芥川賞を受賞し、作家としての地位を確立した。1961年「拳銃と十五の短篇」で野間文芸賞を、1963年「少年讃歌」で日本文学大賞を、平成7年「みのむし」(「モザイクII―ふなうた」所収)で川端康成文学賞を受賞。他の代表作に「初夜」「結婚」「海の道」「団欒」「爛馬の鈴」「おろおろ草紙」「白夜を旅する人々」「夜の哀しみ」「百日紅の咲かない夏」や、短編集「愁月記」「三浦哲郎短編小説全集」「拳銃と十五の短編」などがある。

最新情報

開設日
2005年05月24日
(運営期間4149日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
146人
関連ワード

おすすめワード