mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ウィリアム・M・サッカレー

ウィリアム・M・サッカレー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月19日 01:37更新

「愛してその人を得ることは最上である。愛してその人を失うのはその次によい。」


※ウィキペディアより引用

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(William Makepeace Thackeray, 1811年7月18日 - 1863年12月24日)は、イギリスの小説家。

インドのカルカッタ生れ。

「パンチ」などに寄稿し、優れた批評眼を養う。

上流階級を痛烈に批判した『虚栄の市』で文名を高め、ディケンズと並びヴィクトリア朝を代表する小説家。

ほかに『ペンデニス』など。


生涯

リッチモンド・サッカレーの長男として、1811年7月11日にインドのカルカッタに生まれた。

父はイギリス東インド会社に勤務。

母アンにはカーマイケル・スミスという恋人がいたが、周囲の反対でインドへ送られ、そこでリッチモンドと出会い結婚した。

しかし偶然そこでスミスに再会、リッチモンドが5年後に死ぬと、アンはカーマイケルと再婚した。

1816年、6歳のときに、義父とともにインドを離れてイギリスへ帰国。

母方の祖母に育てられ、母の帰国後はチャーターハウス校へ入学する。

1829年、ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学し、詩を投稿したりする一方、賭博に熱中。

大学中退後はヨーロッパ大陸各所を回り、自由奔放な生活を送る(ゲーテに出会ったのもこのときである)。

このころ父の遺産を利用しての投資や、週刊誌の発行、画家としての一本立ちなどを目指したが、いずれも失敗に終わった。

さらに父が投資をしていたインドの銀行代理店が倒産、遺産をほとんど失ってしまう。

1835年、ベラー・ショーとの結婚を機に新聞社の通信員となる。

わずか2年で退職し、「パンチ」などに評論や小説などの小品をなんでも書き、生活をつなぐ。

このころの作品に『アイルランド・スケッチブック』(1840年)、『俗物の書』(1846年)などがあり、『虚栄の市』で作家としての地位を確立、ディケンズと並び称されるようになる。

のち『ペンデニス』(1848 - 50年)、歴史小説『ヘンリー・エズモンド』(1852年)、『ニューカム家の人々』(1853 - 55年)などを発表した。

1863年12月24日、『デニス・デゥヴァル』の執筆中に52歳で死去。

ケンサルグリーン墓地に葬られた。



作家評

同時期に並び称されたディケンズが、処女作から常に中・下層の庶民、ことに貧民の側に立って、市井の人情味にあふれる作品を書いたのに対して、中の上といった階級の出身で教育にも恵まれていたサッカレーは自ずと、自分の属する階級の人間性、ことにその腐敗や俗物根性(スノビズム)を痛烈に暴露することに優れていた。

もっとも、腐敗や拝金主義、成功欲を批判しても、その先にあるべき有益な人生の価値観が提示できたか、という意味では、20世紀のモームと同様の批判にさらされることもある。

なお、ディケンズとサッカレーは友人同士であり、一時期仲たがいもしていたが、その後和解している。



主な作品

イエロー・プラッシュ・ペイパーズ(The Yellowplush Papers、1837年)
アイルランドのスケッチブック(Irish Sketch Book、1840年)
バリー・リンドン(Barry Lyndon、1844年)
俗物の書(The Book of Snobs、1846年)
虚栄の市(Vanity Fair、1847 - 48年)
ペンデニス(Pendennis、1848 - 50年)
ヘンリー・エズモンド(The History of Henry Esmond、1852年)
ニューカム家の人々(The Newcomes、1853 - 55年)
バージニアの人々(The Virginians、1857 - 59年)
デニス・デゥヴァル(Denis Duval、1864年)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 25人

もっと見る

開設日
2007年2月14日

3727日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!