mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 牛頭天王

牛頭天王

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年12月7日 16:49更新

牛頭天王(ゴズテンノウ)
わが国ではおもに祗園社系統の社にまつられている疫神。インドの密教と結合して中国に伝わり、陰陽道の宿星の信仰をとりいれて、さらにわが国に伝わった。わが国では疫病、農作物の害虫、そのほかの邪気を払い流し去る疫神の信仰と習合し、古くは播磨国広峯神社・備後国疫隈(エノクマ)国社にまつられたが、畿内では洛東祗園社が夙により有名で素戔鳴尊と同体で信ぜられるようになった。中世には天刑星・歳徳神などの別名で八王子の眷属神とともに、あらゆる人間の吉凶を司る神として陰陽家に宣伝せられた。 
(吉川弘文館『神道史大辞典』2004年 牛頭天王の項より抜粋)

 
 明治期の廃仏毀釈、神道国教化などの影響により現在では忘れ去られつつある牛頭天王。
 しかし、中世から近世にかけて、仏教や陰陽道などと繋がり日本各地で信仰の対象となったことや、外来神でありながら京の祗園社(現・八坂神社)や播磨・広峯社(現・広峯神社)、尾張の津島天王社(現・津島神社)などの一大信仰拠点があったことを鑑みると、宗教史的視座から考えると、牛頭天王が果たした役割は重要だったと言えるのではないでしょうか。
 ここは、そんな牛頭天王について語るコミュニティです。
 学術的視座からのコメントはもとより、牛頭天王の魅力について、牛頭天王と同体視されているスサノヲについて、そして「……牛頭天王って誰? 何?」といった素朴な疑問まで、活発な議論をお待ちしております。

【自己紹介はこちらから】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15295935&comm_id=1857953

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 74人

もっと見る

開設日
2007年2月14日

3961日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!