mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 旧県立川崎南高校の有効活用

旧県立川崎南高校の有効活用

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月11日 20:03更新

川崎市に、旧県立川崎南高校の校舎を残し有効活用を呼びかけるためのコミュニティです。

私たちはこれまで県民の財産である元県立川崎南高校の校舎の有効活用を神奈川県や川崎市に働きかけてきました。

しかし、川崎市は旧県立川崎南高校を含んだ地域に大型商業施設の誘致を視野に入れた『小田栄西地区地区計画』を策定し、平成19年2月9日(金)告示されました。

その内容たるや、従来の工業地域を準商業地域に塗り替えたばかりでなく、なんと!風俗を禁止するのは分かるのですが、福祉施設、教育施設、住宅、養護施設などの公共施設のほとんどを禁止してしまい、ゲームセンターや一部の風俗は例外的に建てられるという前代未聞の規制をかけ、その規制が驚くなかれ、川崎市議会で可決されたのです。

一方で神奈川県は、土壌汚染を理由に解体費を可決し、強引に壊そうとしましたが、その後土壌汚染はまったく問題がないことが判明、2008年5月1日の松沢神奈川県知事の定例記者会見では、「川崎市が壊してもらわないと困る」と言うので壊すのだと言明。
それに対して川崎市は、「壊せとは言っていない!」と両者解体理由をキャッチボールするありさま。
しかも2007年12月26日には、神奈川県があれだけ優秀である、安全であるとアピールした、アスベスト除却業者の「野城」が脱税で起訴され、着工が延長になり、2008年2月7日に強行着工しようとして住民と揉み合いになり、その様子が4つの全国放送番組で報道され、今でも着工されずに校舎は無傷で残っています。

住民と行政は3つの裁判を係争中。
ひとつが、違法な財産処分、違法な支出で県を訴えている住民訴訟。
ひとつが、アスベストの処理がずさんなので、再調査や再説明会を求める解体工事禁止の仮処分裁判
ひとつが、逆に県が住民を工事妨害禁止の仮処分裁判を訴えています。

テレビでは、2008年
3月2日(日)TBS「噂の!東京マガジン」
4月10日(木)テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
5月17日(土)日本テレビ「報道特捜プロジェクト」
6月5日(木)テレビ朝日「スーパーモーニング」
で放映されました!

公式ホームページ→http://www.owat.net/rinkaibu-mirai/

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 33人

もっと見る

開設日
2007年2月14日

3662日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!