mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ライジングインパクトが好きっ!

ライジングインパクトが好きっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月24日 18:53更新

≪書籍情報≫

著者:鈴木央
出版社:集英社
版型:新書版
カテゴリー:少年コミックス
連載雑誌:週刊少年ジャンプ

http://zenkandokuha.com/?pid=2860398

≪参考情報≫
参考情報はWikipediaより抜粋したものです。(詳細は下記のとおり。)
ご購入の際はお客様ご自身の最終判断でご利用ください。

ライジングインパクトは、鈴木央の漫画作品である。

【概要】
週刊少年ジャンプ1998年52号〜1999年15号・1999年27号〜2002年12号で連載。1999年3月、週刊少年ジャンプでの連載第15回目に打ち切りとなるも読者の熱い要望により復活したジャンプ史上数少ない漫画。ただし、2002年12号で再び打ち切りとなった。その後の部分は、赤マルジャンプ2002年春号に掲載された。


【物語】
小学生の主人公ガウェインがゴルフにのめり込み、最初のライバル・ランスロットと共に世界の強豪たちと競い合い、上達していく話。主人公のガウェインがかなり陽気で気楽な性格のためか、漫画全体が明るい雰囲気で読みやすい。中盤からは「ギフト」(天才的な才能)という言葉がキーワードになる。天才のような意味らしいが、各クラブの種類毎にギフトの種類があり、それがキャラの特徴を更に引き出している。

尚、登場人物の名前や団体には『アーサー王伝説』に纏わる人物や事柄が付けられている。

人物:ガウェイン、ランスロット、トリスタン、パーシバル、マーリン、アーサー、ウーゼル
事柄・物:円卓12(リングトゥエルブ)、キャメロット、グラール、アヴァロン
余談だが、クエスターは作者の読みきり作品の主人公の名前である。


【登場人物】
キャメロット日本校
初等部
ガウェイン・七海(-ななうみ)
福島生まれで方言丸出しの底抜けに陽気なハーフ。飛ばし屋。ボールとクラブの真芯に光が見え、450ヤード前後という信じられない飛距離を出せるギフト「ライジングインパクト(太陽の光跡)」の持ち主。その出生は1ラウンドを最高21アンダーという驚異のスコアで回る天才ゴルファー、ウーゼル・フェニックスとクラブ職人である七海大造の娘、七海笑子との間にできた子。キャメロット杯個人戦11Hでパーシバルの打球を頭に受けた際のショックで能力が一時的に覚醒し、スコアを大きくリカバーした。覚醒時には瞳がウーゼルのようになる。似顔絵が非常に上手で、単行本のおまけ漫画内では母・笑子が画家であったためと説明されている。
数年後には世界ランキング1位のアスリートゴルファーとなる。女子プロゴルファーの西野霧亜と結婚し、一男を設けている。
平均ドライバー飛距離 420Y 平均パット数 1.9 ベストスコア −20(−2)

リーベル・リングヴォルド
キャメロット学院日本校に在籍。日・米・英校の中でもトップクラスの実力の持ち主でAクラス。不得意クラブ、ショットがこれといってないオールラウンダー。また、ボールコントロールが絶妙でさまざまな試合で優秀な成績を残す。環大西洋Jr.杯ではクエスター・フェニックス(米校)に10打差で優勝。キャメロット杯でも5位。
後に同じ日本校のプラタリッサ・ボネールと結婚する。プラタリッサの姉であるスフィーダとは、妻姉に当たる。
平均ドライバー飛距離 320Y 平均パット数 1.6 ベストスコア −8

小泉 祐美子(こいずみ ゆみこ)
キャメロット学院日本校に在籍(Bクラス)。ガウェイン、ランスロットと最初に戦った強敵でアイアンの名手。さらに公式試合の女子Jr.チャンプである。出てきた当初は強烈なバックスピンなどでかなり手ごわい相手だったが、その後大幅なレベルアップはせずキャメロット校の中では平均的なキャラになった。日本校ではかなりお調子者キャラの一人である。ランスロットにぞっこんであったが、ランスロットの何気ない一言から熱が冷める。その後は女子のプロゴルファーになった。
平均ドライバー飛距離 195Y 平均パット数 2.1 ベストスコア −1

ライザー・ホプキンス
キャメロット学院日本校に在籍。万年Cクラスの落ちこぼれで、得意クラブはドライバー。ガウェインがキャメロット校に編入したときに最初にからんだ人物で、ドラコン勝負を持ちかけたものの、あえなく敗戦。しかし、これがきっかけでゴルフの楽しさを思い出し、ガウェインと打ち解ける。キャメロット杯の最後の椅子をかけてガウェイン、金園と勝負するが、プレッシャーからイージーパットをはずし、キャメロット杯には行けなかった。その後、Bクラスに上がり、試合に出るもメンタル面の弱さから六条にはめられ、自信を喪失し、グラール・キングダムに寝返った。
数年後練習を重ねプロゴルファーになる。
平均ドライバー飛距離 270Y 平均パット数 2.3 ベストスコア +1

李 王煉(り おうれん)
キャメロット校日本校に在籍。得意クラブ、ショットなど不明だが、自然の力を読んだり、借りたりするプレイヤー。ドライバーのヘッドにチタンではなく、パーシモン(柿の木)を用いる。(これによりフェースにボールがつく時間が長くなるためコントロールしやすくなる)
主に堅実なパープレーを目指すプレイヤーだが、キャメロット杯個人の部ではランスロットを抑え、トリスタンに次ぐ-13の2位。実はグラール・キングダムのスパイであり、キャメロット校の実力を測っていた。キャメロット杯終了後にキャメロット校を辞め、グラール・キングダムへ戻る。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の講師(直属の気功師)になる。
平均ドライバー飛距離 245Y 平均パット数 2.0 ベストスコア −13

プラタリッサ・ボネール
キャメロット校日本校に在籍。姉・スフィーダと一緒にキャメロット校英国校を受けたが、プラタリッサだけが不合格だったため、日本校に行くことになった。また、この事がきっかけで姉との仲が悪くなる。渡日する時に「帰宅するためにはキャメロット杯で姉と同じかそれ以上のスコアを出すこと」という条件を両親から与えられたため、日本校では全員を敵視し、無理をして冷徹かつ達観したような態度をとる。キャメロット杯では姉と同じスコアを出すことができなかったが、アイスらの協力もあって和解。その後は本来の明るく穏やかな性格とプレースタイルを取り戻した。古梨カントリーJr.杯では祐美子より良いスコアを出し優勝。
数年後同じ日本校のリーベル・リングヴォルドと結婚する。
平均ドライバー飛距離 210Y 平均パット数 2.3 ベストスコア -4


中等部
ランスロット・ノーマン
パターの天才。ガウェインの親友でもあり、生涯のライバルでもある優男。パッティングのラインが光り輝いて見えるギフト・「シャイニングロード(月の導き)」の持ち主。グリーン上はもとより、最長70ヤードのパットでも1打で沈める。
ガウェインにゴルフの教義を教えるが、後に逆にガウェインの覚醒によって翻弄される。数年後には大きな課題であったパワー不足も補い、世界ランキング2位の実力者となる。西野胡桃と結婚し、一女を設ける。
平均ドライバー飛距離 260Y 平均パット数 1.0 ベストスコア −13

東堂院 戒(とうどういん かい)
キャメロット日本校のAクラスのプレイヤー。55インチの長尺ドライバーを扱い、400ヤード飛ばすことが出来る。キャメロット杯後さらに飛距離を伸ばすが、ドラコン大会で80インチのドライバーを使用し、腱を切ってしまい二度とゴルフを出来ない身体になる。その後はクラブ職人になり、幼馴染の黒峰と結婚。一男をもうける。
平均ドライバー飛距離 315Y 平均バット数 1.7 ベストスコア −7 (-9〔13H時点参考記録〕)

黒峰 美花(くろみね みか)
パターの才能に長けている。同校の東堂院と幼馴染である。ランスロットとは違う、蛇のようなパッティングラインを見ることが出来る。キャメロット杯に出られるはずだったが、編入したランスロットとパットの勝負をし、敗退。キャメロット杯の出場権をランスロットに譲る。数年後、東堂院と結婚する。モデルは当時原作者鈴木央氏のアシスタントをしていた黒峰さん、現鈴木夫人であるのは有名な話。
平均ドライバー飛距離 220Y 平均バット数 1.2 ベストスコア -4

ハーシィ・エポア
30Y内のアプローチならチップイン率70%というプレイヤー。アプローチ技術はすごいが、身体が小さいせいか飛距離があまりないため、スコアは±0が最高。態度がでかく、格下の相手にはでかい態度をとる。同校の金園をいびっていた。
平均ドライバー飛距離 160Y 平均バット数 2.4 ベストスコア ±0

荒井 大地(あらい だいち)
身体がでかく、ミート率、コントロールはかなりいいが、いまいち特徴のないプレイヤー。ハーシィ同様金園をいびっていた。
平均ドライバー飛距離 265Y 平均バット数 2.0 ベストスコア -2

金園 秀美(かなぞの ひでみ)
父がキャメロット校のスポンサーであり、コネで入学。プロゴルファーになれなかった父の夢を息子に叶えて欲しいからと入学させられたので、才能も無く、努力する根性もなかった。そのため、改造クラブを使用するなどの卑怯な手を使ってプレイする。しかし、キャメロット杯出場権を賭けた、ガウェイン・ライザーとの試合でインチキがバレてからは、少し改心する。数年後はゴルフを辞め、どういうわけかお笑い芸人に。
平均ドライバー飛距離 180Y 平均バット数 3.0 ベストスコア +30


教員
アリア・セイフォート
元女子プロゴルファー。19歳で結婚し、一女をもうけるが、のちに離婚。現在はキャメロット日本校の教員である。また、プロ時代はカジェリ・ノーマンとも試合をしたことがあるらしい。
平均ドライバー飛距離 255Y 平均バット数 1.5 ベストスコア -8

ドルファ・ベントレー
やたらと自信家だが、日本校の生徒を「英国校にも米国校にも入れなかった落ちこぼれ」とさえ言い、信頼していない。プライドが高い。
平均ドライバー飛距離 295Y 平均バット数 1.8 ベストスコア -5

片瀬 瞳(かたせ ひとみ)
元プロゴルファーで、全英オープンに出場経験もある。いずれも5位以内という好成績をとるが、ぎっくり腰を原因にプロを引退。若手育成のため、ゴルフの指導になり、キャメロット日本校で指導する。女性のような名前だが、男性。
平均ドライバー飛距離 260Y 平均バット数 1.5 ベストスコア -9


キャメロット米国校
クエスター・フェニックス
米国校のトッププレイヤーにして、キャメロット杯米国代表の一人。ガウェインと同じ「ライジングインパクト」のギフトを持つが、ガウェインとは若干の違いがある模様。飛距離では負けなしだったが、キャメロット杯の団体戦でガウェインに飛距離で負け、自信を喪失するもその後ガウェインに叱咤され、復活をとげる。キャメロット杯後、父・アーサー・フェニックスが立ち上げたグラール・キングダムの指揮をとる。数年後プロゴルファーになり、同校のブリジットとの間に一子をもうけている。アーサーとウーゼルは兄弟であり、クエスターとガウェインは従兄弟の関係。
平均ドライバー飛距離 410Y 平均バット数 1.8 ベストスコア -9

ビルフォード・クーパー
Jr.界の重鎮。米国校のトッププレイヤーで、リーダー的存在。キャメロット杯米国代表の一人。アイアンでのアプローチが得意。英国校のトリスタンには一歩及ばないものの、キャメロット全校でもトップクラスの実力を持っている。同校のクエスターのためにグラール・キングダムに編入する。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の理事長になる。
平均ドライバー飛距離 300Y 平均パット数 1.5 ベストスコア -11

ブリジット・バーロウ
キャメロット杯米国代表の一人。ゴルフを始める前はスラムのヤンキーだったためか、短気で口が悪い。キャメロット杯のため渡英した祐美子とはツアー中常に衝突していた。元はヤンキーだったためゴルフ経験はなかったが、大会受賞歴を偽装すると共にグラール・キングダムで猛練習、キャメロット校に入学した。つまりグラールのスパイであり、入学したのはキャメロットの実力を測るため。数年後、クエスターと結婚して一子をもうけている。
平均ドライバー飛距離 270Y 平均パット数1.9 ベストスコア -6

レイディル・ジャンセン
キャメロット杯米国代表の一人。団体戦では、ブリジットと組み、王連・久美子組&光鈴・ライアン組と、個人戦では、グラールのスパイ2人(王煉と光鈴)と一緒の組になった。
平均ドライバー飛距離 310Y 平均パット数 1.7 ベストスコア -6

ケイト・ビッカートン
キャメロット杯米国代表の一人。個人戦では、ランスロットとトリスタンと一緒の組みになるが、あまりの実力に怯えてしまうが、おかげで、ランスロットに恋心が芽生えた。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の講師になる。
平均ドライバー飛距離 235 平均パット数 1.8 ベストスコア -5

チャールズ・リビングストン
キャメロット杯米国代表の一人。ガウェインの良き理解者。個人戦では、ガウェインとパーシバルと組んだが、途中、パーシバルが放ったショットが跳ね返り、ガウェインに傷を負わせてしまった唯一の目撃者。後に、ガウェインのキャディーになった。
平均ドライバー飛距離 250Y 平均パット数 1.9 ベストスコア -4

ジェームズ・ヒューストン
キャメロット杯米国代表の一人。あまりの色欲で、スフィーダとプラタリッサをジロジロと見ている。名前の由来になっているのが、第二次世界大戦で戦死した中尉からきていると思われる。
平均ドライバー飛距離 255Y 平均パット数 2 ベストスコア -3


キャメロット英国校
トリスタン・リオネス
キャメロット学院イギリス校に在学。同世代のゴルファーの中でも最強。独特のフォームでアイアンを使うが、アイアンで彼の右に出る者はいない。風を読んだり感じるのではなく見ることが出来るギフト・「フォーリングスター(風の流星群)」の持ち主。カップまで120ヤードの距離なら確実に1打で決める。キャメロット杯個人戦18Hでは160Yからチップインを決めた。
裕福ではない家庭に育ち、父親は息子をゴルファーに育てるための資金を捻出するためいくつもの仕事をこなしていたが、過労でこの世を去る。それが逆にトリスタンの執念とも言える力の糧となり、世界の頂点に立つためのゴルフを目指す原動力となっていた。そのため周囲からの反感を買っていたが、既に超人的なプレイをするトリスタンの相手にはならず、孤高といっていいゴルフをする。そこに同じようなギフトを持つガウェインやランスロットと出会い、初めて真剣勝負をすることの楽しみを覚える。
その後世界相手にあっという間にトッププレイヤーに上り詰めるが、イゾルデのために廃業し、ゴルフ界から去る。
※イゾルデとトリスタンは何のつながりも無い(娘ではない)
平均ドライバー飛距離 260Y 平均パット数 1.3 ベストスコア −15

パーシバル・ロレンス
キャメロット杯英国代表の一人。ガウェインの良き理解者。トリスタンとコンビを組んでるが、師弟関係を持つ。団体戦では、トリスタンと組んでる事がわかる。個人戦では、ガウェインとチャールズと組み、60インチのドライバーに加え、1回転半のスイングでガウェインを圧倒する。トリスタンのスイングを自分で真似し、実践してみるが、彼にはとうてい敵わない。途中、パーシバルが放ったショットが、跳ね返り、自分に当たってしまいそうだったその時、ガウェインが庇い額に傷を負わせてしまった。
キャメロット杯の後、グラールのアシュクロフトにスカウトされるが、拒否した際に膝裏に打撲を負ってしまう。後にプロゴルファーになる。
平均ドライバー飛距離 400Y 平均パット数 1.9 ベストスコア -5

アイス・カーマイン
キャメロット杯英国代表の一人。スフィーダに恋心を抱く。団体戦では、スフィーダとペアを組んでいた事がよく分かる。個人戦では、ビルフォードと東堂院の実力派と組む。
キャメロット杯の後、グラールのアシュクロフトの集中力を鍛えるトレーニング(リフティング)を玉遊びと勘違いし、ゴルフボール3つを顔面に当たってしまった。
平均ドライバー飛距離 275Y 平均パット数 1.6 ベストスコア -7

スフィーダ・ボネール
キャメロット杯英国代表の一人。プラタリッサの実姉だがキャメロット杯では険悪な関係であることが窺える。後に和解し、思い出のチョーカーをプラタリッサに託す。アイスには恋心を抱かれてしまうが本人もまんざらではない様子。
平均ドライバー飛距離 240Y 平均パット数 1.6 ベストスコア -8

マシュー・ダルシー
キャメロット杯英国代表の一人。個人戦では、ブリジットと祐美子の争いに巻き込まれながらも、10位入賞されなかった。祐美子曰く「ライザーと王煉を足して2で割ったような顔」。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の講師になる。
平均ドライバー飛距離 270Y 平均パット数 1.9 ベストスコア -6

ライアン・グルーム
キャメロット杯英国代表の一人。トリスタンが入学した際に敵対したが、後に和解。団体戦では、光鈴とペアを組む。個人戦では、クエスターとリーベルの実力派と組む。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の講師になる。
平均ドライバー飛距離 285Y 平均パット数 1.7 ベストスコア -7

李 光鈴(り こうりん)
キャメロット杯英国代表の一人。王煉とは実の姉で、団体戦、個人戦の時に弟の王煉とレイディルと組んでいた。実はグラール・キングダムのスパイであり、キャメロット校の実力を測っていた。キャメロット杯終了後にキャメロット校を辞め、グラール・キングダムへ戻る。後に、キャメロット学院とグラール・キングダムが合併した「アヴァロン学院」の講師になる。
平均ドライバー飛距離 290Y 平均パット数 1.5 ベストスコア -10


その他
西野 霧亜(にしの きりあ)
ガウェインにゴルフを教えた女子プロゴルファー。22歳。福島に旅行に来たときに、ガウェインと出会い、ゴルフを教え、その後ガウェインにゴルフを教えるため預かる。得意クラブはドライバー。女子プロ賞金ランキングは10位。
数年後ガウェインと結婚し、一男を設けている。
西野 胡桃(にしの くるみ)
霧亜の妹でガウェインと同い年。ゲーマーでかなりゲームをしているらしい。ランスロットにぞっこんで、常にランスロットのことを考えている。
数年後ランスロットと結婚し、一女を設ける。職業は少女漫画家のようだが、妄想癖は健在のよう。
カジェリ・ノーマン
ランスロットの姉。弟と同じくパターの天才で「シャイニングロード(月の導き)」の持ち主である。
西野霧亜のライバル(?)。アリアがまだクラブを握っていた時代に、彼女が打ったボールが目に当たって失明寸前のケガをする。後にランスロットの言葉で手術する勇気をもらい手術に成功する。


(「ライジングインパクト」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2007年1月22日12時(日本時間)での最新版を取得。改訂履歴。Text is available under GNU Free Documentation License.)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 120人

もっと見る

開設日
2007年2月13日

3627日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!