mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ジョジョの奇妙な冒険が好きっ!

ジョジョの奇妙な冒険が好きっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細UP 2017年7月25日 21:20更新

≪書籍情報≫

著者:荒木飛呂彦
出版社:集英社
版型:新書版
カテゴリー:少年コミックス
連載雑誌:週刊少年ジャンプ

http://zenkandokuha.com/?pid=2398358

≪参考情報≫
参考情報はWikipediaより抜粋したものです。(詳細は下記のとおり。)
ご購入の際はお客様ご自身の最終判断でご利用ください。
<注意:本商品はPart1〜Part5までのものです。>

『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん、JOJO'S BIZARRE ADVENTURE, 伊:LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO)は、荒木飛呂彦の漫画作品である。

【概要】
集英社の少年向け漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に1987年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌「ウルトラジャンプ」に2005年からと、長期にわたって連載されている。全体の作品テーマは『人間賛歌』とされ、現在までにPart1 - Part7の全7部で構成されている。各部にはPart6(第6部)執筆時以降に副題が与えられており、以下の通りに構成されている。

Part1 ファントムブラッド Phantom Blood 第一部 ジョナサン・ジョースター ―その青春―
Part2 戦闘潮流 Battle Tendency 第二部 ジョセフ・ジョースター ―その誇り高き血統
Part3 スターダストクルセイダース Stardust Crusaders 第三部 空条承太郎 ―未来への遺産―
Part4 ダイヤモンドは砕けない Diamond is unbreakable 第四部 東方仗助
Part5 黄金の風 Golden Wind 第五部 ジョルノ・ジョバァーナ【黄金なる遺産】
Part6 ストーンオーシャン Stone Ocean 第六部 空条徐倫 ―『石作りの海』(ストーンオーシャン)
Part7 スティール・ボール・ラン STEEL BALL RUN なし

2004年に発表された作品『スティール・ボール・ラン』は当初、『ジョジョの奇妙な冒険』とは関係がないまったくの新作として扱われていたが、実質的にはPart7(第7部)であることは明らかであった。2005年に掲載誌を「ウルトラジャンプ」に移してからは、正式にPart7として扱われている。

日本以外の世界各国でも人気を博しており、中でもイタリアでは "Le bizzarre avventure di gio gio"、台湾では『JOJO冒険野郎』のタイトルで古くから親しまれている。また2005年9月からは、アメリカ合衆国でも発売されている。

なお、本作は当初全3部の予定であったが、人気の高さからPart4(第4部)以降も続けられた。その後、作者は何を書いてもジョジョになってしまうと発言しており、生涯本作を書き続けるつもりであるらしい。また、テレビ番組のインタビューで、2003年の時点でPart9(第9部)までの構想があると語っているが、実際に制作されるかどうかは不明である。

現在使用されているサブタイトルはPart6の執筆時に後から付けられたものである。それまでは上記のように、日本語で第何部と表記し、主人公名と副題が付けられていた。作者はPart3の執筆時からサブタイトルをつけるつもりであったが、既存のジャンプコミックスとの整合性が取れなくなるという理由で編集部から却下された。

関連作品として、短編集『死刑執行中脱獄進行中』に収録の、『岸辺露伴は動かない 〜エピソード16‥懺悔室〜』『デッドマンズQ』がある。いずれもPart4の外伝的作品である。

また、数々のメディアミックス展開も行われ、Part3はオリジナルビデオアニメーション化、Part3とPart5(第5部)はコンピューターゲーム化、また外伝としてオリジナルストーリーの小説化もされた。現在、2007年春公開予定でPart1のアニメーション映画化、プレイステーション2用ゲーム化が進んでいる。

なお、登場人物及びスタンドの名前は、洋楽のグループ名や曲名をアレンジしたものが多い。ジョジョという名の由来は、ビートルズの楽曲『ゲット・バック』から来たものである。part1の主人公であるジョナサン・ジョースターのフルネームは、当時の打ち合わせがファミリーレストランのジョナサンで行われていために付けられたという逸話がある。

ジョジョの特徴としてよく挙げられるのが擬音とポーズである。インタビューで擬音はヘヴィメタルやホラー映画等から思いついたものと答えており、読者を引き込む為の音響として擬音を重要視している。コミックスの表紙などで見られるポーズに関しては、イタリア旅行においてミケランジェロの作品に深い衝撃を受けたことから着想を得、彫刻のように肉体を捻る等のポーズを自分なりに漫画の中に取り入れたかったと語っている。

ただし、ファッション雑誌やイラストレーター(参照:アントニオ・ロペス)等の影響も受けていると言われており、かなり類似したもの(42巻の表紙)も多くあることから一概に荒木オリジナルのポーズばかりとは言えない。一部のファンが一連の立ちポーズを「JOJO立ち(ジョジョだち)」と呼ぶこともある。

2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた。

【あらすじ】
邪悪な吸血鬼やその後継者たちと、正義の心を持った超能力者たちが繰り広げる不可思議な戦いを描く。戦いの系譜は2世紀にわたり、主人公はいずれも「ジョジョ」(JoJo, GioGio)という愛称をもつ。ただし、劇中でジョジョの愛称がよく用いられていたのはPart3(第3部)初期までである。

Part1(第1部)およびPart2(第2部)は、波紋(はもん)と呼ばれる特殊能力を身につけた人間たちが吸血鬼や「柱の男」という人間よりもはるかに長命で強力な生物に立ち向かうという作品で、「ロマンホラー!−深紅の秘伝説−」というキャッチコピーが付けられていた。

Part3以降は、スタンド(幽波紋)と呼ばれる超能力を具現化した幽体を使う主に人間同士の攻防となる。戦闘を接近したアングルから濃密に描き、超現代的・退廃的なファッション、気取った独特のポージング、比喩を多用した台詞回しなどあらゆる面で強烈なインパクトを持っている。 また、主人公らの奇想天外なひらめきにより状況を打破するというストーリーが毎回の骨子だが、悪の親玉は例外なく時間に関する能力を持っていることから、時間を操作する能力が最強であり、元から備わった能力で決定付けられているという疑念の指摘もある。

外伝にPart4のサブキャラを主人公に据えた「デッドマンズQ」がある。当初Part4の舞台は死後の世界を予定していた。しかし、読者の理解が難しいという理由で変更された。「デッドマンズQ」の舞台は死後の世界(正確には死者からみる生の世界)であり、第四部でできなかった設定を活かしている。

Part1 ファントムブラッド
19世紀末のイギリス…英国貴族の青年ジョナサン・ジョースターと、下級階層の生まれだが、ズバ抜けたカリスマの持ち主ディオ・ブランドーの抗争劇。「石仮面」や「波紋」を背景に、2人の成長や対立が描かれている。
Part2 戦闘潮流
1940年頃のアメリカ…ジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターも祖父と同じく「波紋」を身に付けていた。そんな中で、人類とは別の進化の過程を経た知的生物「柱の男」達が復活。ジョセフは人間の脅威となりうる「柱の男」を倒すため、各地を奔走する。
Part3 スターダストクルセイダース
1989年の日本…ジョセフの孫・空条承太郎は幽波紋(スタンド)という能力を持っていた。100年の時を経て復活したDIOの呪縛により危篤に陥った母を救うため、承太郎はジョセフらと共にDIOの潜むエジプトを目指す。
Part4 ダイヤモンドは砕けない
1999年の日本…ジョセフの隠し子・東方仗助の住む杜王町ではスタンド使いが増え続けていた。その原因を調べる為、仗助と仲間たちは、町に潜むスタンド使いと激闘を繰り広げていく。
Part5 黄金の風
2001年のイタリア…DIOの息子ジョルノ・ジョバァーナは、街を救うギャング・スターになるため、「パッショーネ」という組織の抗争に身を投じていく。
Part6 ストーンオーシャン
2011年のアメリカ…空条承太郎の娘・空条徐倫は、罠にはめられて刑務所に収監されてしまう。そこで徐倫は、この一連の悪夢の真意を知り、戦いに身を投じていく。
Part7 スティール・ボール・ラン
1890年のアメリカ・サンディエゴビーチ…世紀の大レースが開催された。謎の鉄球を操る男ジャイロ・ツェペリと、下半身不随の元騎手ジョニィ・ジョースターも、このレースを制するため、ゴールのニューヨークを目指す。

【書誌情報】
すべて集英社刊。

雑誌連載
Part6までの通算:週刊少年ジャンプ 1987年1・2号 - 2003年19号(Part1 - 5:全63巻、Part6:全17巻)

Part1 ファントムブラッド
週刊少年ジャンプ 1987年1・2号 - 46号(44話:1 - 5巻)
Part2 戦闘潮流
週刊少年ジャンプ 1987年47号 - 1989年15号(69話:5 - 12巻)
Part3 スターダストクルセイダース
週刊少年ジャンプ 1989年16号 - 1992年19号(152話:12 - 28巻)
Part4 ダイヤモンドは砕けない
週刊少年ジャンプ 1992年20号 - 1995年51号(174話:29 - 47巻)
Part5 黄金の風
週刊少年ジャンプ 1995年52号 - 1999年17号(154話:47 - 63巻)
Part6 ストーンオーシャン
週刊少年ジャンプ 2000年01号 - 2003年19号(158話:64 - 80巻)
Part7の通算:週刊少年ジャンプ 2004年08号 - 47号、ウルトラジャンプ 2005年4月号 - 連載中(既刊9巻(以下続巻、2006年9月現在))

Part7 スティール・ボール・ラン
週刊少年ジャンプ 2004年08号 - 2004年17号(11話:1 - 2巻)
週刊少年ジャンプ増刊 青マルジャンプ(1話:2巻)
週刊少年ジャンプ 2004年29号- 2004年39号(10話:3 - 4巻)
週刊少年ジャンプ 2004年46号 - 2004年47号(2話:4巻)
ウルトラジャンプ 2005年4月号 - (5巻 - )

単行本
新書版 (ジャンプコミックス)
『ジョジョの奇妙な冒険』 全63巻(1 - 63巻)
『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』 全17巻(64 - 80巻)
『スティール・ボール・ラン』 既刊9巻
文庫版 (集英社文庫コミック版) 既刊39巻+番外編1巻
『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』 全3巻(1 - 3巻)
『ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流』 全4巻(4 - 7巻)
『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース』 全10巻(8 - 17巻)
『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』 全12巻(18 - 29巻)
『ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風』 全10巻(30 - 39巻)
番外編『オインゴとボインゴ兄弟 大冒険』 全1巻
廉価版 (集英社ジャンプリミックス)
『ジョジョの奇妙な冒険 PartIII スターダストクルセイダース』 全11巻(1 - 11巻)※一部抜粋収録
『ジョジョの奇妙な冒険 PartIV ダイヤモンドは砕けない』 全17巻(12 - 28巻)※一部抜粋収録
『ジョジョの奇妙な冒険 PartI ファントムブラッド』 全2巻(29 - 30巻)※全話収録
『ジョジョの奇妙な冒険 PartII 戦闘潮流』 全3巻(31 - 33巻)※全話収録
『ジョジョの奇妙な冒険 PartIII スターダストクルセイダース』 全10巻(34 - 43巻)※全話収録
『ジョジョの奇妙な冒険 PartIV ダイヤモンドは砕けない』 全10巻(44 - 53巻)※全話収録

画集
『JoJo6251[荒木飛呂彦の世界]』
Part4連載中に発売された画集で、幾人かの人名やスタンド名はここで設定されている。また、Part3の舞台設定が1989年から1987年に変更されているが、Part6連載時には1989年に戻されている。
『JOJO A-GO!GO!』
Part6連載前に発売された画集で、幾人かの人名やスタンド名はここで設定されている。また、新しいサブタイトルの仮名称も発表されている。

【メディアミックス作品】
OVA
『ジョジョの奇妙な冒険』 (1993年 - 1994年)
Part3の後半部のアニメ化作品。エジプトでの緊迫した戦いを描く。
『ジョジョの奇妙な冒険 ADVENTURE』 (2000年 - 2002年)
Part3の前半部のアニメ化作品。後半部OVAとほぼ同じスタッフにより製作されている。

アニメーション映画
『ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド』 (仮称、2007年公開予定)
Part1のアニメ化作品。OVAとほぼ同じスタッフにより製作されている。

アパレル
2002年FIFAワールドカップに向けたadidasの企画、『adidas MANGA FEVER』(雑誌)に参加。adidasとのコラボレーションTシャツ発表(2002年7月)
デザインはジョルノ。
BEAMSとのコラボレーションTシャツ発表(2003年8月)
ジョルノと徐倫が描かれている。
UNIQLO CREATIVE AWARD 2006に荒木氏が審査員として参加し、自らもデザインを手がけたコラボTシャツを発表(2006年4月)
Part4に登場した吉良のスタンド「キラー・クイーン」からスピンオフしたキャラ「キラー・タイガー・クイーン」、「キラー・ダンシング・クイーン」の二種の絵柄。

【ジョジョのファンおよび影響を受けた有名人】
その独特の作風によって、有名人の中にもコアなファンが多数いる。

同業者(マンガ家)
大亜門  『太臓もて王サーガ』全体にジョジョへのオマージュが溢れている
許斐剛  『テニスの王子様』に「ブローノ・ブチャラティ」がモデルと思われる向日岳人が登場
冨樫義博  「J新年会で先生方とお話しました。荒木先生にお会いして大感激!!影響受けまくりです」と週刊少年ジャンプ2000年10号の巻末にてコメントしている
武井宏之  「憧れの荒木先生宅に招かれました。ありがたいお話とおいしい料理ごちそう様です。夢のようです。」と週刊少年ジャンプ2004年24号の巻末にてコメントしている
和月伸宏  『武装錬金』の主役・武藤カズキは岸辺露伴のファンとの設定。また、同作品に登場するキャプテンブラボーの言動にモハメド・アヴドゥルやJ・P・ポルナレフのそれが元となっているものがある。
CLAMP  ファンを公言
木多康昭  『幕張』などの作品の随所にパロディあり
大暮維人  『天上天下』『エア・ギア』にパロディあり
寺沢大介  ファンを公言
真船一雄  『スーパードクターK』に花京院典明がモデルと思われる真田武志が登場
久米田康治 『かってに改蔵』『さよなら絶望先生』にパロディあり
土塚理弘  『清村くんと杉小路くんと』等にパロディあり
田丸浩史  『アルプス伝説』『ラブやん』等にパロディあり

その他の有名人
小沢一敬(スピードワゴン)  コンビ名は登場人物のロバート・E・O・スピードワゴンから
田村裕(麒麟)
中田敦彦(オリエンタルラジオ)
ウッチャンナンチャン
ケンドーコバヤシ
岡田准一(V6)
ユースケ・サンタマリア
宅八郎  単行本『イカす!おたく天国』に荒木飛呂彦が宅のスタンド「机上最大の空論」を描き下ろす
氣志團 シングル『スウィンギン・ニッポン』のサビに、第一部(ファントムブラッド)の名台詞「震えるぞハート!燃えつきるほどヒート!」が挿入されている
ピエール瀧(電気グルーヴ)
Shinnosuke(SOUL'd OUT)  かねてから荒木飛呂彦と交流があり、シングル『Catwalk』のジャケットイラストを荒木氏が描き下ろしている。逆にshinnosuke氏も第七部でスクリーントーンの作業を手伝った事がある。
京(dir en grey)
今井寿(BUCK-TICK)
HAKUEI(PENICILLIN) ジョジョと同じ左肩後方に星型のタトゥーを入れた
BUMP OF CHICKEN
乙一
上遠野浩平
西尾維新
麻生太郎


(「ジョジョの奇妙な冒険」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2006年11月7日18時(日本時間)での最新版を取得。改訂履歴。Text is available under GNU Free Documentation License.)


コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 1666人

もっと見る

開設日
2007年2月13日

3816日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!