mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ドラゴンボールが好きっ!

ドラゴンボールが好きっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月27日 22:24更新

≪書籍情報≫

著者:鳥山明
出版社:集英社
版型:新書版
カテゴリー:少年コミックス
連載雑誌:週刊少年ジャンプ


≪同一著者書籍≫
・Dr.スランプ [1~9全巻]:文庫版

http://zenkandokuha.com/?pid=2398144


≪参考情報≫
参考情報はWikipediaより抜粋したものです。(詳細は下記のとおり。)
ご購入の際はお客様ご自身の最終判断でご利用ください。

『ドラゴンボール』 (Dragon Ball) は、鳥山明による漫画作品と、これを原作とするアニメ作品のシリーズ、及びこれらの作中に登場する架空の道具の名称。

【概説】
原作は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの間、全519話が連載された。各話数はそれぞれ「其之○○」という通し番号になっており、数字は漢数字で表される。

当初はギャグ要素を交えた冒険物語だったが、担当編集者の鳥嶋和彦氏の言葉などにより、次第に格闘物へと変化。ジャンプコミックスより単行本全42巻が発売され、日本でのコミックス単行本総発行部数は1億2600万部超。大きなサイズでカラーページも再現した完全版も発売されている。単行本・完全版・関連書籍を含めた日本国内発行部数は1億6000万部、全世界では3億部を数える。

完全版・DVD・ゲームが発売された2003年頃からリバイバルブームが起きている。そのため、本作品が連載・放映されていた時期には生まれていない世代でも、ドラゴンボールを知っていたり、グッズを持っているケースも多い。

連載開始までの経緯
ドラゴンボールは連載が始まるまでに様々な紆余曲折があった。当時連載中であったDr.スランプのネタが尽きかけていた鳥山は、連載を終わらせたがっていた。「すぐに次の連載を始めること」という編集部の条件の下、Dr.スランプの連載を終えた鳥山は、以前に描いた二つの読み切り作品「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」(フレッシュジャンプ83年8月号・10月号)と「トンプー大冒険」(週刊少年ジャンプ83年52号)が好評だったことを受け、次の連載はこの二つの作品の世界観を更に膨らませたものにしようと考えた。そうして生まれたのが、ドラゴンボールである。実際、「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」と「トンプー大冒険」には初期のドラゴンボールの雰囲気が色濃く感じられ、ドラゴンボールの原型とも言える作品である(二つとも鳥山明○作劇場 VOL.2に収録)。

連載終了までの経緯
連載開始前からアニメ化が内定、5週連続カラーで始まったドラゴンボールだが、先の展開を決めず、行き当たりばったり感覚のギャグ路線は、人気が芳しいものではなかった。担当編集者の鳥嶋氏に「主人公が地味だ。だから人気がないんだ」と指摘された鳥山は、以後「強さを追い求める主人公」というテーマを作品に持たせることになる。その発想から天下一武道会が始まり、主人公孫悟空のキャラクターも確立され、人気も急激に上昇する。

鳥山自身は、当初マジュニアとの決着をつけたところで、物語の終了を考えていた(連載終了後のインタビューでは、「ピッコロ大魔王編が描いていて一番楽しかった」とも言っている)。事実第23回武道会編は、悟空の成長、成長したチチの参戦と結婚、天津飯との決着等それまでの総決算的内容が多かった。しかし当時すでにアンケートでは不動の1位であったドラゴンボールの終了を編集部がそう簡単に認めるわけもなく、鳥山の意向を無視する形で連載は続けられてゆくことになる。

そして、フリーザ編に突入する頃には、既にドラゴンボールの人気および経済効果は一大産業とまで言われるまでに国際的にも拡大しており、本作の動向が集英社やアニメを制作していた東映動画、放映キー局のフジテレビはもとより、ライセンス商品を製造・販売している企業の経営にまで影響を及ぼしかねない規模のものとなってしまっていた。このため、本作はもはや作者の一存はもとより、編集部の意向でも本作の連載を終了させることが極めて困難な状況に陥ってしまった。すなわち、不人気作品はいとも簡単に打ち切り、人気作品については作者の終了の意向を無視することが常態化するなど、編集手腕の強力さをもって知られるジャンプ編集部をしても、作品の動向をコントロールする事ができない巨大作品になってしまったのである。

最終的にこの作品の終了に関しては、関連する各企業の業績はもとより株価にさえ悪影響を与える可能性が多分に考えられたため、関係各社のトップ級による会議での調整が必要になるなど、日本の漫画史上かつてない作業を必要とする事にもなった(アニメ版の『ドラえもん』が終了しない理由の1つとしても、この関連企業やテレビ局への影響の大きさが挙げられている)。

こうした背景もあって、結局ドラゴンボールは約10年間に渡る長期連載となった。最終回は唐突な感じでやってきたが、最終ページで鳥山本人が完結の経緯を説明するなど、最後まで波乱含みの展開であった。

変更された最終回
2002年12月から刊行された完全版では、最終34巻で魔人ブウ編の終盤数ヶ所と、最終話に4ページ分鳥山本人が加筆している。そのため、先に発売されている通常版と完全版とでは、最終話のニュアンスが微妙に変わっており、鳥山が本来込めた意図が完全版ではより明確になっている(先に触れた通常版最終話にあった作者による完結の経緯の説明は、完全版では削除されている)。

アニメ及び世界での人気
テレビアニメは、フジテレビ系列にて1986年2月26日から1989年4月19日まで『ドラゴンボール』として放映され、以下、同年4月26日から1996年1月31日まで『ドラゴンボールZ』、その翌週から1997年11月19日まで『ドラゴンボールGT』とアニメ版のシリーズが続いた。アニメ映画化もされ、東映まんがまつり、東映アニメフェアの中の一作品として上映されていた。その他、ファミリーコンピュータでゲーム化されて以降、何本もテレビゲーム化されている他、キャラクターグッズも数多い。また2005年末より、『ドラゴンボールZ』を収録した全ページオールカラーのフィルムコミックが刊行されている。

日本国外ではアメリカ、イタリア、フランスの欧米各国や東/東南アジアを含む世界40ヶ国以上でアニメ放映、コミックスが発売され世界に数多くのファンをもつ大ヒット作品となった。アメリカでは、"dragonball" がインターネット上の検索件数第一位となったこともある

実写版
2002年頃にハリウッドでドラゴンボールが実写化およびシリーズ化するという企画が持ち上がり、話題を呼んだ。スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスなど錚々たる監督の名前が持ち上がるが(実際は噂だけで、本人達にオファーはいっていない)結局2年後に無期限延期が発表され制作されることはなかった。

アジア圏内では、韓国などですでに無許可で何本か実際に制作されているが、内容は目も当てられないもので、日本国内での反応は皆無に等しい。発炎筒を乗せた台を紐で釣り、その上に人が乗って筋斗雲とするほか、塗料で染めた水を放出してかめはめ波として描く等、ある意味凄まじい作品が多数作られている。ほぼ違法作品なので日本で視聴できる機会はない。

その他
原作には本編以外の番外編は一つしか存在しない。しかし、それら原作で語られなかった部分を補うかのようにアニメ版ではアニメオリジナルのスピンオフストーリーが多く作られた。これを見た多くの者はドラゴンボールはかなり詳細な部分の設定があると勘違いしているようであるが、実際に原作だけを読んでいれば詳細部分は殆ど明らかにされておらず、地球以外で登場した惑星もナメック星だけであり、悟空の両親やサイヤ人の歴史なども殆ど謎のまま完結している。
また、キャラクター設定ですら、当時はファンブックなども殆どない時代であったために原作が完結後に刊行された『大全集』シリーズが出るまでは連載中殆ど明らかにされていない。原作だけを読んでいてわかるのは名前と大まかな性格くらいであり、後の漫画に見られるような『好きなもの』や『誕生日』といった設定はまったくといっていいほど確認できないキャラも多い。
ただし、鳥山自身はドラゴンボール世界のかなり詳細な設定を頭の中に描いていたことを明らかにしている。しかし『説明臭くなるから描きたくなかった』とのことで、18号とクリリンの恋愛劇なども頭の中には出来上がっているが『恥ずかしい』という理由で作品にはしなかったとのこと。

【ストーリー】
七つ集めれば、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる、ドラゴンボール。それに関わる、様々な冒険物語。

少年期は「秘宝を求めて旅する」という冒険の要素が強かった。『西遊記』をモチーフとしていたため、初期の構想では、孫悟空=孫悟空、ブルマ=三蔵法師、ウーロン=猪八戒、ヤムチャ=沙悟浄、牛魔王=牛魔王、チチ=羅刹女を悟空に合わせて娘にアレンジするなどして、ストーリーを進めようと考えられていた。

しかし、青年期以降になると、地球を破壊しようとする悪役が続々と現れ、格闘の要素が前面に押し出されて、物語の中核であるべきドラゴンボールの出番は減少していき、その役目は死んだキャラをよみがえらせることが主となった。

ストーリー中盤に現れた戦闘力の数値化や、強くなっていく悟空たちをさらに上回る強敵の出現などによる「強さ」の凄まじいまでのインフレが起こったこと、長期連載の中で矛盾が多発したことには賛否両論がある。特にセル編以降は展開がややワンパターンになってしまったことも否めないが、セル編以降も人気キャラを多数輩出し、多くの少年たちを魅了しつづけた。

【アニメ】
すべて、製作は東映動画(現・東映アニメーション)、放映テレビ局はフジテレビ系列、放映時刻は毎週水曜日19:00〜19:30(日本時間)であった。

『ドラゴンボール(無印とも呼ばれる)』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』の3作が製作されて、TVシリーズ全508話+スペシャル3話+劇場版17作という長期シリーズになった。

いずれも次回予告は、悟空を演じた野沢雅子による「オッス、オラ悟空!」のセリフで始まるのが基本(このセリフは、元々野沢がアドリブで考えたものであった)。初期には、たまに崩しとして他のキャラクターの声優が類似したセリフを言うこともあったが、後半になると悟空が登場しない回でさえ、このセリフが登場するまでに浸透した。現在でも、巷で悟空の物真似がなされる場合は、殆ど言って良いほどこのセリフが使われている。

ナレーターは一貫して八奈見乗児が務めた。

ドラゴンボール
通称「無印ドラゴンボール」。1986年2月26日〜1989年4月19日。全153話。原作のうち、連載開始から2代目ピッコロ大魔王編までの部分のアニメ化に当たる。シリーズ初期は秘宝「ドラゴンボール」を集める冒険活劇だったが、徐々に格闘バトル路線へとシフトしていく。

ドラゴンボールZ
1989年4月26日〜1996年1月31日。全291話 + スペシャル2話。原作のサイヤ人編から原作ラストまでがここに当てはまる。シリーズの中ではもっとも爆発的な人気を博し、人気の面で絶頂を迎えたといえる作品である。

ドラゴンボールGT
1996年2月7日〜1997年11月19日まで、アニメ版ドラゴンボールZの続編としてフジテレビ系で放送された。原作漫画および『ドラゴンボールZ』共通の最終話から5年後の世界が舞台の完全オリジナル作品。前半は初期『ドラゴンボール』のように、冒険主体のストーリー構成となっていたが、後半に進むにつれ、次第にバトルの色合いが濃くなってきた。

劇場版
ドラゴンボール 神龍の伝説(1986年12月20日)
ドラゴンボール 魔神城のねむり姫(1987年7月18日)
ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険(1988年7月9日)
ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!(1989年7月15日)
ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(1990年3月10日)
ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(1990年7月7日)
ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年3月19日)
ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年7月20日)
ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年3月7日)
ドラゴンボールZ 極限バトル・三大超サイヤ人(1992年7月11日)
ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年3月6日)
ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴(1993年7月10日)
ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年3月12日)
ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年7月2日)
ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(1995年3月4日)
ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年7月15日)
ドラゴンボール 最強への道(1996年3月2日)
上記の作品は、東映まんがまつり、東映アニメフェアの中の一作品として上映。

その他
ドラゴンボール悟空の消防隊
ドラゴンボール悟空の交通安全
約10分の防災ビデオ作品。
ドラゴンボールZ あつまれ!悟空ワールド
てれびっこ用ソフトウェアとしてVHS形式でリリースされた。
ドラゴンボールZ サイヤ人絶滅計画 上下巻
ファミコンで発売された同名作品の攻略ビデオ。

DVD-BOX
全三部作にもなるアニメと、劇場版すべてが、DRAGON BOXの名でDVD化された。 ZはVol.1とVol.2に分けられ、それぞれの価格が100,000円と高額で、あわせると200,000円もするのにたいして6万セットも売れた。 特に賛否両論の声が多かったGTはシリーズ最高の部数を売り上げた。

玩具
■キン消し時代の無色タイプのガチャポンフィギュア、ゲーム、カード関連は数え切れぬというほどでているが(アマダ(天田印刷工業の愛称。現エンスカイ、バンダイ、バンプレスト、エポック社等)高クオリティのフィギュアは珍しい。 97年あたりになり、無色でないフルカラーのガシャポンHGシリーズが発売されたが、そこでしばらく関連商品は停止された。海外ではちょうど放送を始め玩具が充実し一時期スポーンブームと共に並行輸入品のフィギュアが、フィギュアショップに並び日本でも売れていた時期があった。どれも日本ではとてもこのサイズのフィギュアで発売されないであろうキャラも発売された(亀仙人等)

しかし2001年ごろになり作品の再評価が強まり、国内でも徐々に新たな商品が発売され、現在はコミックス完全版発売でコスパ等で大人サイズのTシャツ等衣服も各種発売されるほどで、 亀仙流等の胴衣関連はとくに人気商品。特に変わった物では、原作でいちばん最初に神龍に頼んだ願いウーロンの「ギャルのパンティーをおくれ」と願うシーンまで販売されている。DVD発売ではとうとう海洋堂制作によるフィギュアも、BOX封入商品、単発版DVD連続購入応募期間限定特典等として販売された。対象年齢が10年の連載終了の期間で広がったと思われる。 現在も充実を続けており売り上げや人気なども、ディズニー・サンリオ・任天堂に迫るものがある。 (一作品のみで!と考えれば凄いことである)人気はほとんど全盛期のままである。子供達からの認知も高い。 しかしコンシューマーゲームの売り上げは多発で少し落ちてきているようである。かわりにセガのムシキングを意識した カードダスの進化系アーケードゲームデータカードダスは男児に高い人気を誇っている。ネットオークションでも取引されている程の人気商品だが、ルールバランスなどはドラゴンボールZと同じくインフレしすぎといわれている。


(「ドラゴンボール」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2006年11月7日18時(日本時間)での最新版を取得。改訂履歴。Text is available under GNU Free Documentation License.)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 215人

もっと見る

開設日
2007年2月13日

3663日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!