mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 山下高明 [アニメーター]

山下高明 [アニメーター]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月13日 03:17更新

1967年3月9日生まれ。福岡県出身。九州産業大学付属九州高校デザイン科卒業。
学生時代に金田伊功、なかむらたかしに憧れアニメーターを志す。
当時アニメーターを募集していなかった東映に紙袋に入れた大量の絵を持ち込み、
そのセンスを見込まれアニメーターとして採用された。
今、若手で注目を集めている西田達三や、細田守の師匠的存在である。
東映の若手の中でも群を抜いて上手かったらしい。うるし原智志の半年後輩である。
山下が描くレイアウトは極めて精密で特に日常風景を得意とする。
『フリーマン5』では美術監督との凄まじい背景原図バトルがあった。
細田守が演出した『ひみつのアッコちゃん 1998年』の14話に原画として参加し、
TVシリーズとは思えない密度のレイアウトを描いた事で、
設定の飯島由樹子から「TVシリーズでこんなのはできない」と苦情がきた。
映画『デジモン』では毎晩の様に映画の舞台となった光が丘に行き、写真撮影を敢行した。
他にも多くの細田作品に作画監督としてクレジットされている。
映画『デジモン』?、?の影なし(ハイライト抜)作画は山下の提案。
「デッサン補足のための影はいらない」と最後まで押し切った。
山下が作画監督を務めた作品は優秀なスタッフに恵まれる事が多く、
細田守によると「山下高明はこれぞという作品しか参加しない人で、 デジモンの時も彼の事を認めている人達が
『山下さんが作画監督ならやりましょう』 と集まってきてくれた」という彼の仕事ぶりが分かるエピソードもある。
『おじゃ魔女どれみドッカ〜ン』40話「どれみと魔女をやめた魔女」の回に
細田守に誘われるが、ジブリでの『細田版ハウル』制作中止の件があり
「もうやらない」「もう懲り懲りだ!」と断った。
しかし後に和解し、以降の細田作品には参加している。

歩くのが好きで練馬区の大泉から渋谷まで歩いたことがある。
作画に行き詰って深夜に細田守、中山久司と6時間ぶっ続けでバドミントンをしたエピソードがある。
趣味は田舎にドライブ。昔は滝を見るのが好きだった。
普段はジャージで過ごしている。

(↑全部作画@wikiより)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 138人

もっと見る

開設日
2007年2月13日

3753日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!