mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 青の歴史

青の歴史

青の歴史

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月3日 18:10更新

※TOP画像はstudio burabura
http://www.fuki.sakura.ne.jp/~burabura/index2.html
・アートギャラリー(1999 6/20 )より

シルクロードの時代、青は貴重な色だった…
長い時間が経っても色褪せない、そんな青の顔料がその当時、希少だったのだ。

仏教美術の中でも(Nスペ再・新シルクロード)、青は清浄な仏の世界を表したという…

その長い時間が経っても色褪せない青…
それが瑠璃鉱石を砕いた色だった。

ラピス・ラズリ(瑠璃)
http://www.aquarius-stage.com/content/stone/lapislazuli.html
青色顔料…
http://www.cad-red.com/jpn/mt/pig_blue.html

ルネサンス期も青(=ウルトラマリン)は高価な色だった。

…青色は、1オンスあたり4フロリンほどの高価なウルトラマリンでなくてはならない…
http://www.kirihara.co.jp/scope/OCT98/tanbo2.html

美術の世界で青はキーワードだ…

14世紀の青の画家ジュ―ドから、ピカソの青の時代はもちろん、モネやシスレーの空や海の青、セザンヌの空間の青。ゴッホも青と黄色の画家と言われている。そして、イブ・クラインまで、様々な青の表現を見ることができる。また、化学合成によりさまざまな青が生み出され、絵画に大きな影響を与えていく様子も興味深い。18世紀初頭に誕生したプルシャン(ベルリン)ブルーが、18世紀後半に日本に入ってきてベロアイとして広まり、浮世絵にブルー革命をおこす。それまでのツユクサや藍からとったものにかわり、たとえば北斎の「富嶽三十六景」には、この鮮烈なブルーが効果的に使われている。「ヒロシゲ・ブルー」と比較してみるのもおもしろいかもしれない…
◎『青の美術史』(ポーラ文化研究所 小林康夫著)
http://www.kousakusha.co.jp/KEC/mp013.html

インターナショナル・クライン・ブルー
特に「青」を宇宙の神秘的なエネルギーに通じる、最も非物質的で抽象的な色だとして特に重用し、自ら理想的な染料を開発した。1957年に「インターナショナル・クライン・ブルー」(International Klein Blue, IKB)と呼ばれる深い青色の特許を取得し、ミラノで『イヴ・クライン−モノクロームの提案、ブルーの時代』のタイトルで行われた個展で、この染料をキャンパス一面に塗布した作品群を複数発表した。また海綿で作ったレリーフや彫刻にIKBを染みこませた作品も発表している。◎イヴ・クライン(Yves Klein)Wikipedia
単色の作品を制作するモロクロニズムを代表するフランスの画家。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3


関連コミュ
■ブルーフェチ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=64238
美術関連コミュ
■アートママ(折元立身)現代美術家
http://mixi.jp/view_community.pl?id=174733
■ワイルドスミス絵本美術館
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1165332

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 306人

もっと見る

開設日
2005年5月18日

4224日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!