mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 島田清次郎

島田清次郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月8日 02:23更新

旧島田清次郎コミュがいつのまにか消滅してしまっていたので作りました。

島田清次郎

 明治32年石川県生まれの作家。
 自らを天才と信じ、「精神界の帝王」「人類の征服者」とまで豪語。20歳で書いたデビュー作『地上』が大正期の大ベストセラーになる。勢いに乗って『地上』の続編を次々と発表し、いずれもベストセラーに。だが一般の人気とは裏腹に、文壇ではその傲岸不遜な言動を嫌うものが多かった。
 大正12年、陸軍少将令嬢を誘拐して監禁凌辱したというかどで告訴される。結局合意のもとだったということで告訴は取り下げられるが、この事件によって理想主義を旗印にしてきた島田清次郎の人気は急落。注文もなく、原稿も受け取ってもらえなくなる。
 大正13年、血と泥にまみれた姿で池袋の路上を人力車で通行中、挙動不審のかどで警官に逮捕される。精神鑑定の結果、早発性痴呆(現在の統合失調症)の診断を受け巣鴨の精神病院に収容。昭和5年、肺炎のため31歳で死去。

参考URL
「精神界の帝王 島田清次郎 on the Net」
http://psychodoc.eek.jp/shimasei/

著作リスト
1.『地上 第1部 地に潜むもの』(大正8年)
2.『地上 第2部 地に叛くもの』(大正9年)
3.『早春』感想集(大正9年)
4.『大望』短篇集(大正9年)
5.『地上 第3部 静かなる暴風』(大正10年)
6.『帝王者』(大正10年)
7.『地上 第4部 燃ゆる大地』(大正11年)
8.『勝利を前にして』小説・随筆集(大正11年)
9.『革命前後』戯曲集(大正11年)
10.『我れ世に勝てり 改元第1巻』(大正12年)
11.『我れ世に敗れたり』改元第2巻(大正13年)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 29人

もっと見る

開設日
2007年1月30日

3736日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!