mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > FREE BIG MOUNTAIN

FREE BIG MOUNTAIN

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月24日 04:49更新

*****署名にご協力いただいた皆様へ*****
      ありがとうございました。

「ビッグマウンテン現地のブラックメサ先住民支援グループより」
2月6日までの緊急支援のお願い!です。

(ビッグマウンテンについて詳しくは)
WALK IN BEAUTY PROJECT
http://www.walkinbeauty.net/



「聖地への冒涜や破壊は、世界のバランスをくずし、地球規模で大災害をひきおこす。母なる地球は生きているのだ!」

いまはもうその多くがスピリットの世界へ旅立っていってしまった、ホピを始めビッグマウンテン地域に住むディネ(ナバホ)の長老たちが伝えようとしていたこととは、自分たちの伝統、生活が破壊されることへの嘆願支援だけではありませんでした。

20年余り前から現在に至るまで、各地でたくさんの自主上映が続けられ、反核、平和、環境運動に”大地と生命”は共に繋がっており切り離すことは出来ないという普遍的なメッセージを与えた、「ホピの予言」という映画があります。

このドキュメンタリー映画の中でも語られるのが、もう30年余り強性移住問題で揺れるナバホとホピのクニの一大聖地ビッグマウンテンです。

ご覧になった人には、日本では見ることのできないほどの巨大なショベル重機で石炭層の拡がる一帯を大規模に露天掘りする映像に衝撃を受けられた記憶があるかもしれません。

このビッグマウンテンから、バヒ・キャダニーという現地に生まれ育ったディネ(一般にはナバホと呼ばれますが自らを人という意味でこう呼びます)のメッセンジャーを通じて2月6日までの緊急支援のお願いが届きました!

このビッグマウンテン地域を中心部とするブラックメサ一帯では、その地に眠る莫大な石炭を採掘するため、広大な地域が露天掘りで破壊され、掘り出した石炭を隣りのネバダ州にあるモハベ発電所にパイプラインで運ぶためだけに、同じく膨大な量の地下水が日々汲み出されてきました。

ここに代々暮らす人々は、トウモロコシを育て主食とし、羊を飼い、その刈り取った毛を伝統的な織物にして必要なだけの現金に変えるという質素で伝統的な暮らしを続けてきましたが、地下資源採掘のエリアを拡大するために、ここに暮らす大勢の家族は強制的に移住させられ、残る数少ない家族たちも、地下水の急激な汲上げや生態系破壊の影響から極端に雨が少なくなり、砂漠化が進行し、湧き水の枯渇や作物、羊の食べる草の成育が困難になっています。

加えて強制移住政策を進める部族警察などのいやがらせを日々受け続け、その伝統的な生活を送ることが年々困難を極めているのです。

そのために永年アメリカを始め、ヨーロッパ各地や日本からビッグマウンテンを支援する多くの個人やグループが現地に入り、羊追いや生活、儀式の手伝いや不当な行為に対する裁判の手助け、そしてこの問題を広く外の世界に伝えることなどをサポートしてきました。

また、近年では環境や生態系の大規模破壊に対して本国シェラクラブを始め、多くの環境保護グループと、特に地下水大量消費に対して地元ホピとナバホのグループが活動を続けてきました。

その永年の活動支援の末、昨年モハベ発電所の老朽化に伴う大気汚染等が環境的にも問題視され、ここを閉鎖または数年間休止するというニュースや、それに伴いこのブラックメサでの石炭採掘が閉鎖もしくは一時中止されるという明るいニュースも聞こえてきていたのです。

強制移住に関しては表向きの理由として、永年に亘るホピとナバホの領土問題を解決するための解決策だとBIA(内務省インディアン局)は言いますが、この地帯一帯に眠るウランを始めとする豊富な地下資源、そのためこのエリア一帯をアメリカ合衆国のエネルギー政策を支える「国家的犠牲領域」と制定していることをもってしても、この豊富な地下資源こそが21世紀今日も続く強制移住の真の理由だと、伝統派のホピやディネ(ナバホ)の人々は、そう信じています。

そのため、新たな強性移住期限(デッドライン)を設ける法律の改正が行なわれようとする動きもあるなか、しかしその真の理由である地下資源の採掘が縮小、閉鎖に向かうことは、将来的には、この理不尽な「先住民の強制移住問題」も無くなっていく吉兆でもあると思えていたのです・・。


それが今また、大規模な採掘計画が進行中と緊急で伝わってきました。

その背景には原油価格高騰や石油依存率の縮小計画に伴うアメリカのエネルギー政策の見直し等も大きく関係しているのでしょう。

しかし昨年12月末に、ナバホのクニが母なる大地と生きとし生ける全ての生命に対し、深刻な被害しか持たらさないウラン採掘を含むあらゆるウラニウム産業には今後一切関わらないとする、ナバホ・ネーションの共同宣言が出され、そのことが21世紀の世界に対して大いなる希望を与えたように、同じく、危機的な地球温暖化を進め、地球の生態系を破壊し、そしてその地に生きる人々の大いなる信仰の拠り所である聖地を破壊するという(世界中の特に先住民や少数の人たちの住む場所で繰り広げられていることの象徴ともいえる)愚行を、もう終りにするためにも、世界中から一人でも多くの声を届けて欲しいと願います。

世界中で頻発する巨大な災害、超異常気象・・・

ホピの伝統派が言う「大浄化」の時がまさに始まっていると言える、この時代において、破壊されゆく聖なる場所が、護られ、そしてまた甦っていく・・、このことこそが、これからの未来において大いなる一つの希望であると思われるのです。

ブラックメサ、ビッグマウンテン地域に暮らす人々は、創造主グレート・スピリットから”大地の世話人”としてこの地に置かれた、と言います。

彼らの声に耳を傾け、この聖なる場所の危機に対して私達の声を祈りとして届けてください!

つながるすべてのみなさんに、

どうか!聖地ビッグマウンテンからの声が届きますように。

ALL MY RELATIONS !
(slow turtle netより本文そのまま掲載)
http://www.slowturtle.net/bigmountain.html


ビッグマウンテンについて詳しくは

■WALK IN BEAUTY PROJECT
http://www.walkinbeauty.net/

最後まで読んで下さりありがとうございます!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 59人

もっと見る

開設日
2007年1月29日

3714日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!