mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > RTX-010 ヒュッケバインMk-?

RTX-010 ヒュッケバインMk-?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月1日 08:24更新

PTX−010−01 ヒュッケバインMk-?

全高:20.8m
重量:52.0t
武装:頭部バルカン砲、ビームソード、フォトン・ライフル、チャクラム・シューター、Gインパクト・キャノン


■機体設定解説

ヒュッケバインMk-?は、初のEOT搭載型パーソナルトルーパー「RTX−008Rヒュッケバイン」の改良型・量産試作機である。暴走事故を起こした008Rのブラックホール・エンジンは採用されておらず、関節部や内部フレーム等もゲシュペンストMk-?のものが流用されているが、動力源は新型のプラズマ・ジェネレーターとなっている。試作機として3機が開発され、それらには特別にEOTを応用したグラビコン・システムと、ブラックホール・キャノンを模して製作されたGインパクト・キャノンが装備されている。
量産化を前提とした低コスト化が図られているが、ヒュッケバインの基本性能は受け継がれており、後の主力パーソナルトルーパー「RPT−010量産型ヒュッケバインMk-?」の母体となる。
また、試作1号機にはT−LINKシステム(念動力感知増幅装置)が搭載され、「DC戦争」時に地球連邦軍北米支部ATXチームに所属するブルックリン・ラックフィールド少尉に渡され、テストも兼ねた実戦への投入がなされた。被弾ダメージを減衰するG・ウォールシステムも搭載しており、攻防ともに完成度の高い機体となっている。

●パーソナルファイター
ヒュッケバインMk-?にはパーソナルファイターと呼ばれるコクピット兼小型戦闘機が内蔵されている。但し、戦闘機としての性能は低く、脱出ポッドとしての意味合いが強い。


●バックパック
バーニア・スラスターやホバリング移動時等に使用するスタビライザー等が装備されている。開発当初から小型テスラ・ドライブ(重力質量・慣性質量分離能を有した高効率反動推進装置)の搭載が検討されており、それを踏まえた設計となっている。また実際にテスラ・ドライブを搭載した機体も存在する。

●Gインパクト・キャノン
グラビコン・システムを用いた重力衝撃砲。ヒュッケバインのブラックホール・キャノンに比べて威力は劣るが、連射性能が向上している。

●ビームソード
高出力のエネルギー剣。腰部サイド・アーマーに収容されている。

●チャクラム・シューター
左肘より射出する有線式のチャクラム。近接戦用の武器であるが、ワイヤーを敵機に絡ませて捕縛する等の使い道もある。




が好きな人のコミュ。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 40人

もっと見る

開設日
2007年1月29日

3740日間運営

カテゴリ
ゲーム
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!