mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 茨木のり子と詩

茨木のり子と詩

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月18日 01:56更新

茨木のり子さんが気になる人
この詩に出会ってしまった人
コミュに参加してください♪

「自分の感受性くらい」 ー 茨木のり子 ー

ぱさぱさに乾いてゆく心を 
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを 
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを 
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを 
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を 
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい 
自分で守れ
ばかものよ


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「汲む−Y.Yに−」 茨木のり子

大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃

立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました


そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました



初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね

堕ちてゆくのを隠そうとしても
隠せなくなった人を何人も見ました




私はどきんとし
そして深く悟りました
大人になってもどぎまぎしたっていいんだな


ぎこちない挨拶  醜く赤くなる
失語症  なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性


それらを鍛える必要は少しもなかったのだな


年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい


あらゆる仕事 すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと・・・



わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました
たちかえり 今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです


 前管理人の方が、大切にされていたコミュです。
 
はっ、とする詩に出会えたとき、幸せな気持ちになれる......そんな方たちと、ゆっくり語りあえる場にしていきたいとおもっています。

 
茨木のり子 詩 感受性

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 198人

もっと見る

開設日
2007年1月27日

3650日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!