mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 人は見かけです

人は見かけです

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月25日 21:05更新

「人は見かけによらない」 とか 「人は見かけじゃない」とか言います。
先に結論を言っちゃいましょう。古今東西ほぼ全てにおいて 「人は見かけ」 だという事が分かっているようですよ。現代科学でも精神学でも解明されつつある事実なのだそうです。

人は他人を認識する時、第一印象でそのほとんどを感じとります。
その人の「見ため」や「見かけ」のみでまずは判断する事が知られています。だらしない格好の人、汚い不潔な格好、スウェット上下、ヤンキー服…その格好1つでその人の性格やセンス、言葉遣いや生活態度、連れの彼氏や彼女にツルむ友人などまで、おおよそ見えてくるものです。

自分も仕事で毎日「数百人の他人」に接する仕事をしています。
ファミレスやコンビニやスーパーのレジなどを経験した事がある人ならお分かりかと思います。印象が悪く、不快な外見や雰囲気の人ってほぼ間違いなく嫌なヤツです。態度も悪く、言葉遣いも悪い。初対面の他人を見下しますし目上にも当たり前のようにタメ口という感じ。対人マナーが悪い人って服装や外見も悪い事が多いです。本人は人に不快感を与える服装、外見をしている事も分かっていませんから。もしくは分かっていても「かっこいい」などと勘違いしてるようです。外見とは確実に内面が現れるものなのに。

服装だけではなく顔の表情もそうですね。
眉間にシワがよって常に不愉快そうで怒ってるような顔の人っていませんか?いわゆる怒りジワ。人間の顔ってシワと筋肉で表情が形成されます。四六時中、怒ってばかりいると形状記憶のようにシワが定着してしまいます。常に不満だらけ。すぐにキレる。怒鳴ったり、逆上したり、すぐ怒る人。自分の非は認めず、常に人のせいにしして理不尽に怒る人。そんな、どーしょもない人生を送っている人って全て顔に出ちゃってますよね。顔を見ただけで不幸そうな人もいます。口角が垂れて死相すら出てそうな人・・・毎日マイナス思考で笑う事もなく不満そうに生きてるとそうなってしまう。こんな人たちは怒りや不満や不幸をどんどん呼び寄せてしまうそうです。

逆に活き活きとした明るい顔の人もいます。
笑顔や明るくて優しい表情が定着しているんですね。怒りジワの反対に「笑いジワ」というものがあります。幸せジワですね。いつも笑っている人、人生を楽しんでる人は明るい表情になります。その表情が、笑いや幸せを呼び込む相になっているのです。一緒にいると元気がもらえたりするので自然と周りには人が集まります。笑顔が絶えず、良い仲間にも恵まれてます。幸せな人生を送っているのが顔を見るだけで伝わってきます。ズバリ、顔も 「見ため」、「見かけ」なのが分かります。顔はその人が今まで生きてきた「年輪」を刻むものなのですね。

服装や表情だけ見ても「見かけ」が大事だという事が分かりました。
では何故冒頭に書いたような「人は見かけじゃない」ってな事があちこちで言われるのでしょうか?答えは簡単、「錯覚」です。例えば第一印象がもの凄く悪かった人がいたとします。とにかく最悪な人。普通は関わりたくないから近寄りませんよね。その時点で「嫌い」という感情があるので。

でも仕事などでその人と付き合っていかなければならない時もあります。そんなとき最悪だった第一印象と比べたら「まだましかな?」と思う時があります。「もっと嫌なヤツだと思ったのにそれほどでもないか」という複雑な感情。普通の人や良い人に比べたら確かに嫌なヤツなんだけど思ってた程ひどくない…そんな時「見かけによらない」って言葉が出てきたりするんでしょう。普通の人よりはヒドいけど外見ほどは最悪ではないぞ、という安堵にも似た「錯覚」ですね。

逆に第一印象が非常に良かった人なのにミスばかり。
どんくさいしトロい。そんな時も「もっと出来るヤツかと思ったのに」 とか 「もっといいヤツかと思った」という期待を裏切られた感が「見かけじゃないんだ」と思わせるのでしょう。これも「錯覚」ですね。過度の期待をかけてしまった方も悪いかもしれません。

あとはおバカさんの言い訳か、負け惜しみですかね。
茶髪でスウェット上下で巻き舌でたむろしてダベってる頭のよろしくなさそうな若者たち。「見た目ほどバカじゃねーぞ」、「悪そうにしてるけど本当は優しいぞ!」などをアピールしたい時にこれを言うようです。あと「うちの彼氏怖そうだけど実は優しいよ」とか、「俺の連れバカそうだけど可愛いぜ」とか「自己中っぽいけど尽くすタイプだよ」とか。「こう見えても・・・」ってやつですね。他人から見て好ましくない不快と思える格好を分かってしていて「見かけで判断するんじゃねえ」という人たち。ダメな自分を棚に上げて先に自己弁護してしまうタイプですね

持論としては私服もある意味ユニフォームだと思ってます。
野球選手やサッカー選手、パイロットや宇宙飛行士、登山家に釣り人。パッと見ただけでも、すぐ何をしてる人か分かるじゃないですか?その格好=職業、みたいに。自分を演出してる部分もあると思うんです。極端に言うと私服もそれと同じだと思ってます。自分を演出する為に着る。そんな着方をしている人もいるでしょう。ヤンキー服を着る人はやはり周囲に「悪そう、強そう」 だと思われたくて着るのでしょう。ガテン系のダボダボなズボンなんかも悪ぶって着てる人多くないですか?学生時代のボンタンやドカンのノリなのでしょう。仕事が終わったら着替えて欲しいです。スウェット上下もそうですね。ハタから見ればみっともなくて不快な格好なのですが、本人はそれをイケてると思って勘違いして着ているふしがあります。

いわゆるアキバ系という人も、それっぽい服を好んで着るのでしょうし、ROCK好きならROCKっぽい格好、あとパンクスとかメタル兄ちゃんも趣味趣向をアピールしてますよね。最近ではNANA系やロリータ系の方のアピールも目立ちますね。服装に無頓着な人は無意識に「無頓着」を外見でアピールしている事があります。自覚、無自覚に関わらず全て周囲にどう見られるかを多少なりとも分かって選択して着ていると思います。自分を表現するユニフォームだと思えます。

ただ自分が意図した表現が他人の認識と違う場合が多々あります。
本人はカッコいいつもりなのに他人にはみっともないと思われたり。本人は強さやかっこよさをアピールしてるつもりなのにダサい詐欺師かチンピラにしか見えなかったり。着てる本人のダサい感覚がバカな服装やファッションを選ばせるのですね。こういう事もひっくるめて「センスの悪さ」や「勘違い度」まで外見で分かってしまう…外見って凄いですね!

アホな格好をしてる人はやはりアホなのでしょう。
悪そうな格好をしてるヤツはやはり悪いヤツなのでしょう。
自分がそう見せている訳ですから。「それは違う!人を外見で判断するな!」 という人は一度印象の良い服を着てみて下さい。周囲の接し方が変わるかもしれませんよ。

結局、人間は全て中身なのですね。人は中身が全て。
外見は二の次。でもその中身が自然と外見に出てしまうのです。表情や服装に内面が現れてしまうのです。なので、やっぱり外見の悪い人は性格など中身も悪いと思われますし、実際その通りの場合が経験上多い気がします。偏見とかではなく経験からの統計として。

「内面を磨くためにまず外見から変えてみる」
というのも1つの手でしょう。ろくに外見もちゃんと出来ない人間の中身など、たかが知れてますしね。どんなにチャラいダメ男でもピシッとスーツを着せるだけでそこそこちゃんとした人に見えたりしますよね。「馬子にも衣装」 というやつですね。

最後に参考までに知人の警察官の話を書いて終わります。
あくまで一警察官の見解です。最近は職務質問とか補導などで警察官が一般人に声をかける時、まず 「見ためや見かけの悪い人、悪そうな人」 から声をかけるのだそうです。それで多くの軽犯罪者が捕まり、検挙率も格段にアップしたそうです。これはテレビでも報道されていたので事実でしょう。

「悪そうな格好をしているヤツ=本当に悪いヤツ」
という事実が最近は特に当てはまるとの事です。「人を見かけで判断してはいけない」 という気持ちも分りますが、それで軽犯罪者の検挙率が上がったという事実は否定しようがありません。「見かけで判断する事」 で軽犯罪者の補導や摘発などにつながり犯罪の予防や防止、自己防衛にまでつながっているのですから。「人は見かけによらない」 も死語になりつつあるのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★最後に世界の格言や名言を紹介して終わります。

・「外見で人を判断しないのは愚か者である」 
 (オスカー・ワイルド 作家)

・「服装はまさに人間そのものであって、政治信条を表し、生き方を表し、いわば人間の象形文字である」 (バルザック 作家)

・「顔はその人間の精神の持ち方によって美しくもなり、醜くもなる。だから、いったん美しくなったからといって安心はできない。気持ちが汚れれば、顔のほうもすぐ醜くなってしまう」 (斎藤仁斎 江戸時代の儒学者) 

・「人は常に外見で判断されるという「メラビアンの法則」は人の印象を決定ずける心理法則として、目からの情報(服装などの外見)55%、声の調子・話し方38%、言葉・話の中身7%・・・つまり人の印象の93%は話の中身以外の因子からである」 (大森ひとみ イメージコンサルタント)

・「物事がよく見える人間からしたら、見えていない人たちの行動がとても愚かに映っている事だろう。逆に見えていない人間は他人の意見に耳を傾けようとしないから見ようともしない。だからいつまでたっても自分の愚かさに気がつかない。そしてそれを他人に指摘されると反発し排除しようとする」 (漫画家 ことぶきつかさ)

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 2116人

もっと見る

開設日
2007年1月25日

3715日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!