mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 4つの肺を持つ男【エッシェン】

4つの肺を持つ男【エッシェン】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月29日 23:43更新

ミカエル・エッシェン
Mickaël Essien

ニックネーム バイソン
国籍 ガーナ
生年月日 1982/12/8
出身地 アクラ
ポジション MF(CH)
身長 180cm
体重 77kg


SCバスティア(フランス) 2000/01-2002/03
オリンピック・リヨン(フランス) 2003/04-2004/05
チェルシー(イングランド) 2005/06-

ピッチの隅々までカバーする脅威のスタミナとスピード、ボールを絶対に後ろにそらさない粘り強いディフェンス、広範囲に及ぶ視野を活かした展開力、ミドルレンジからの強烈なシュート、更にMFからDFまでこなせている全てを備える世界でもトップクラスのCH。


 サッカープレーヤーであった父親の影響からサッカーに興味を持ったエッシェンは、元フランス代表MFカントナに憧れを抱きながら地元リバティー・アクラにて本格的にキャリアをスタートさせ1999年にニュージーランドで行われたU-17ワールドユースでの活躍がスカウトの目に留まり、マンチェスター・ユナイテッドのトライアルに参加する機会を得る。しかしユナイテッドへの移籍の夢は叶わず、2000年7月にフランスのバスチアとプロ契約を交わした。
 2003年にはクラブ史上最高額となる780万ユーロでリヨンに移籍、UEFAチャンピオンズリーグの舞台でヨーロッパ中を驚かせた。2003/04シーズンはフランスリーグで優勝、UEFAチャンピオンズリーグでベスト8に進出し、2004/05シーズンも同様の成績を記録。リヨンの勝利に大きく貢献し、2004/05シーズンのフランスリーグ最優秀選手にも輝いた。
 そして2005年8月、3800万ユーロという近年稀に見る高額な移籍金でチェルシーに移籍。既にチームに欠かせない重要な役割を担っており、世界最高のCHと称えられる日もそう遠くない将来のことと思われる。
またアフリカ出身の若手のセンターハーフでありながらも「次世代のパトリック・ヴィエラ」筆頭候補でもあると言われている。

チェルシーではボランチとしての起用がほとんどで、攻守のバランサー的役割を担っている。また監督のモウリーニョはオプションとして彼を試合の終盤、サイドバックに起用することによってエッシェンの運動量をフルに攻撃オプションとして使っている。
すでにバルサ戦やアーセナル戦などで結果は出ていて、
テリー、カルバーリョの穴を埋める第三のセンターバックとしての起用にも抜擢されている。
おそらくチェルシーではテリー、ランパードに続く重要な役割をになっている。
また短気な性格なのか?元気がありあまってなのか?いき過ぎりるファールなど度重なる相手選手とのモメ事は紹介するまでもない。

よくイギリスのテレビでは彼を語るときには、みな表現がオーバーになり「サイボーグ」「新世界から来た怪物」「エイリアン」と、すでに人間とは扱われていない遊星からの物体エッシェンとでも言いたい選手である。


◆決意
エッシェンはガーナの人口1000人ほどの小さな町に生まれた。生後まもなくして両親は離婚。
たびたび元サッカー選手であった父にサッカーを兄と一緒に教わったという。
しかし兄はエッシェンが若いうちに亡くなった。
その兄はエッシェン以上に才能豊かでチームのキャプテンでだったという。ある日試合に勝利したあと姿が見えなくなり3日後無惨な姿で家に戻ってきた。
このことの悲しみが離婚のきっかけでこのときエッシェンは「必ず両親を幸せにする」と決意した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 194人

もっと見る

開設日
2007年1月23日

3773日間運営

カテゴリ
スポーツ