mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 花山薫vs早乙女馨

花山薫vs早乙女馨

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年12月26日 00:19更新

「花山薫?だれそれ?早乙女馨じゃねーの?」
「早乙女馨?だれそれ?花山薫じゃねーの?」

元ネタが一緒な二人の喧嘩師。

・元ネタ
愚連隊史上最強と謳われた喧嘩師、花形敬



・花山薫(グラップラー刃牙、バキ、範馬刃牙、疵面〜スカーフェイス〜等)
vs刃牙時   15歳
vsスペック時 19歳
身長190.5cm
体重166kg
必殺技「握撃」「右ストレート(握力×体重×スピード)」

喧嘩師。五百円硬貨を指でひん曲げ、重ねたトランプの一部だけを千切るほどの超握力を誇る。非武装・非鍛錬の美学を持っておりステゴロ(素手=ステ、喧嘩=ゴロ)の天才。花山組初代組長であった父親が抗争で早世したため、15歳にして暴力団花山組の二代目組長に就任した。刃牙とは死闘を経て以後、固い絆で結ばれている。

主な特徴は外伝のサブタイトルにもある、顔に大きく走った斬り傷痕、白のスーツ(疵とスーツはまさに花形のイメージ)、そして花山家代々“漢(おとこ)の鑑”として言い伝えられている、名も無き博徒を描いた入墨作品「侠客立ち(おとこだち)」。その絵柄は斬り傷痕だらけになっている。(「傷のない侠客立ちは侠客立ちではない」という信念から、自ら抗争相手の組に単身で乗り込み傷をつけさせたもの。)また非常に無口で、彼が主人公を務める外伝・スカーフェイスでも原作同様あまり喋らない。

上記の事から冷ややかな印象に見られがちだが、素の彼は優しく、面倒見の良い性格。母親が癌で寝たきりになっており、見舞いに行くシーンが登場する。互いの愛情は深いとみられる。その母も刃牙戦後に35歳と言う若さでこの世を去った。

範馬刃牙、範馬勇次郎父子に勝るとも劣らない人気キャラクターの一人で、彼を主人公としたスピンオフ作品『バキ外伝 -疵面 スカーフェイス-』(原作:板垣恵介、作画:山内雪奈生)がチャンピオンREDで連載されている。


・早乙女馨(軍鶏)
新宿最強の喧嘩師。
背中に菩薩の刺青あり。
バーでマキちゃんとデート中に成嶋亮に喧嘩を売られる。成嶋の攻撃をモロにくらいながらも倒れぬタフさを持ち、成嶋に対し「芯がない」と漏らす。テクニックを一切使わずひたすら大振りなパンチを繰り出す単純一辺倒な戦い方である。始めは成嶋にことごとく避けられるが、徐々に攻撃が当たり始める。成嶋と「似たもの」を感じ取った早乙女だが、最期は同時に出した右ストレートにより成嶋に敗ける。

詳細は不明だが、生を受けた直後、新宿のゴミ捨て場に捨てられていたと思われる。

通算
パンチ 9発
キック 4発
頭突き 1発
チョップ?1発
を受けた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2007年1月22日

3924日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!