mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 原民喜

原民喜

原民喜

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作家名: 原 民喜

作家名読み: はら たみき
ローマ字表記: Hara, Tamiki

生年: 1905-11-15
没年: 1951-03-13

人物について: 被爆体験を作品に刻んだ、小説家、詩人。広島市生まれ。広島高等師範学校附属中学校時代から詩作を始め、慶應義塾大学文学部予科に進んで、山本健吉らと同人誌を発行。小説にも手を染める一方、左翼運動に関わる。慶應義塾大学文学部英文科に進学し、1932(昭和7)年卒業。翌年、佐々木基一の姉、永井貞恵と結婚。1935(昭和10)年、掌編小説集「焔」を自費出版。翌年8月、「三田文学」に「貂」を掲載。以降、同誌を中心に旺盛に作品を発表していく。1939(昭和14)年、妻の体調悪化。1942(昭和17)年1月、千葉県立船橋中学校に、英語教師として週三回勤務。1944(昭和19)年3月、同中学退職。9月、妻死去。翌年1月、千葉から広島市幟町の生家に疎開。8月6日、爆心地に近いこの家で、被爆する。広島の惨状を綴った「夏の花」をこの年のうちに書き上げる。当初、1946(昭和21)年1月の「近代文学」創刊号に発表を予定していた「夏の花」は、GHQの検閲を考慮して発表が見送られる。同年4月、上京。被爆体験と妻との別れをテーマとした作品を、優れぬ体調と貧窮の中で書き続ける。1947(昭和22)年、「三田文学」6月号に「夏の花」掲載。1951(昭和26)年3月13日、中央線、吉祥寺・西荻窪間で鉄道自殺。

(以上、青空文庫より転載)
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person293.html

Web広島文学資料室
「原民喜の世界−夏の花、そして死と愛と孤独−」はこちら
http://www.library.city.hiroshima.jp/haratamiki/

そんな彼の作品が好きな人のためのコミュニティです。

開設日
2005年05月14日
(運営期間4154日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
139人
関連ワード