mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 紺碧の海・セブ島の子供支援

紺碧の海・セブ島の子供支援

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月22日 23:59更新

皆さんは、セブ島といえばダイビングやアイランドホッピングやゴルフなどでよく行かれる方も多いと思います。
すばらしい海、年中遊べる南国の楽園であり、飛行機で4時間という近さ、また、5〜7万円で行ける手軽なリゾートである。

皆さんがセブ島と聞いて持たれるイメージと、フィリピンに対するイメージの双方が、ここセブには同居し、光と影をおりなしています。

そんなすばらしい楽園でありながら、そこに住む貧困な子供たちはたくさんいます。

学校に行きたくても行けない子供達は多く勉強したい子供たちも多い。

− 何故‘教育’が必要なのでしょうか? −
皆さんの持つ‘セブ島’のイメージって、どんなものでしょうか?

勿論、セブ島やセブ市は、フィリピンの中でも最も安全な地域であり、フィリピンの首都マニラとは、その趣が随分違う・・・これは確かです。

しかし、影の部分に目をやって見れば、そこには確かに貧困があり、その貧困がフィリピンに対する悪い印象の根源になっているのも事実です。

それでは、何故、ここには貧しい人々が多いのでしょうか?
その理由は色々とありますが、極論をすれば‘彼らが貧しすぎるから’と言う答えが一番正しいかも知れません。


え?、原因が「貧しすぎる事」で、その結果が「貧しい事」って?、

何だか質(たち)の悪い冗談のようにも聞こえますが、実は、その冗談のような事が起きている土壌がここセブ(フィリピン)にはあると言う事なのです。

勿論、私たちに出来る事というのは限られています。
だからこそ、私たちが、そうした庶民と呼ばれる貧困層に生まれて来ても、才能のある子供、やる気のある子供、そして、家族が教育の重要性を認識している事を最低条件に、まずは、子供達の教育を通して、個々の人間の自立を支えてあげたい・・・。

教育と言うものは、物質的な援助とは異なり、一旦‘その子’の身に付けば、一生その子の精神的な支柱ともなりえます。また、今後の日本の少子高齢化による諸問題の解決にも、何らかの打開策が見出せるかも知れない。そして、その可能性の中に、何かしら、手段がきっとあるに違いない・・。

このコミュニティでは、そんな子供たちのことをどう考え、自分たちの生き方や環境を考え、恵まれていることを理解し、いろんな意見を出し合いましょう。

こちらもどうぞ見て下さい。
http://www.cebu-plumeria.jp/index.html

セブ島・海・子供・ボランティア・就学支援・ダイビング・

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 45人

もっと見る

開設日
2007年1月20日

3930日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!