mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 尋常性乾癬って?

尋常性乾癬って?

尋常性乾癬って?

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月28日 17:29更新

●※この病気は人には『うつりません!』●

 尋常性乾癬(中国名「牛皮癬」)とは、皮膚の代謝が非常に早くなってしまう病気です。
(ある意味、皮膚の免疫力が強く、けがもしてないのに勝手に皮膚が盛り上がってくるみたいな病気です)
患者数が日本で10万人強といわれ、増加傾向にあります。(日本では戦後急激に増えた病気で、現代病とも言えます)
角質が異常に増殖してしまい表面から鱗屑(時に銀色に輝くウロコ状のかさぶた)が多量に生じます。皮疹の表面を擦るといくらでも鱗屑がでてきます。それ事態は痒い物ではなく人に移る事もありません!
(菌はない!)
でも、けがの治りかけの、かさぶたのアノかゆみ、あれ同様かゆいのです。知らず知らずに掻いてしまい、さらに擦っていくと表面から点状の出血があります。

性別では若干男性に多いようです。日本においては男性で40代、女性では10代、50代に発病が多いことがわかっています。

 症状が出やすい部分は、主に擦れ易い部分(刺激を加えた所に出る)です。かゆくて掻くと更にひどくなる、悪循環です。発症時は頭にできる場合が最も多く、爪の変形が認められることが多いので他の疾患(水虫等)と鑑別されることがよくあります。

 また、家族内に乾癬ががみられたりすることから、遺伝的素因の関与がある程度考えられ、この疾患では、皮膚の症状以外にも乾癬性関節炎と呼ばれる関節症状を呈する場合も稀に存在します。また膿疱性乾癬という難治性の乾癬になる人もいます。(ご注意を!清潔に!)

 治療にはいくつも対処法がありますが、どれが特効というものはありません。病院では安易に「ステロイド軟膏」を渡す事が多いですが、腎臓等に影響がある場合があり、やめるとリバウンド(更にひどくなる)や、色素沈着(皮膚が黒くなる)ので、ご注意を!
 内服薬の処方もありますが、主に「免疫抑制剤」。皮膚の新陳代謝が起こるのをいかに抑えるかであって、治す為の薬ではありません。副作用の多い薬なのでご注意を! (肝臓・腎臓に影響、鬱、脱毛、等)


「一般的な治療法」

<内服薬療法>
●シクロスポリン(ネオーラル、サンディミュン)
移植における免疫反応を抑える薬として開発されたものですが、乾癬にはごく少量で高い効果があります。治療4週間前後で症状は著明に改善します。腎臓等に副作用が出ることもあるので定期的な検査が必要です。
●ビタミンA製剤
シクロスポリンとともに高い改善効果のある内服薬ですが、皮膚がカサカサになったり、唇が割れたり骨や関節に異常が起こったり、男女とも内服中に子供ができると赤ちゃんに奇形が生じる危険が高い等の副作用があるので、処方に同意書が必要です。

<外用薬療法>
●ステロイド
皮疹が比較的狭い範囲に出ている場合に多く使われます。1日2回程度、薄くすりこみます。短期間で効果が得られますが、長期間塗り続けると皮膚が薄く、弱くなるなどの副作用があり、注意が必要です。
●活性型ビタミンD3(ボンアルファ ,ボンアルファハイ,ドボネックス,オキサロール)
活性型ビタミンD3は、血液中のカルシウムの濃度を調節する(おもに、高齢者の骨粗鬆症の治療に用いられてる)だけではなく、細胞を増やしたり、成長させたりするための重要な役割を行っている事がわかってきました。体の中にある活性型ビタミンD3は細胞質内のビタミンDの受容体と一緒になり、細胞の中心にある核へ移りDNA(遺伝子)にいろんな命令を下します。この働きが乾癬の病気の原因である皮膚の細胞(表皮ケラチノサイト)の増殖亢進、分化障害という現象を正常化すると考えられています。
 乾癬治療では長期使用をしいられるため、副作用などできるだけ患者の負担にならないよう「外用剤」が開発されました。
 活性型ビタミンD3は,乾癬以外の炎症性角化症や先天性角化異常症にも有効とされております。(掌蹠膿疱症,毛孔性紅色粃糠疹,魚鱗癬,掌蹠角化症のほか,表皮母斑の一部と脂漏性角化症(老人イボ) 等)
※ 濃度の高いものは「副作用」が報告されており、顔面への使用は避けること。

<光線療法>
●光化学療法(PUVA)
ソラレンという薬を内服または外用した後、長波長紫外線を照射します。多くは週1〜2回の治療で、3〜5週間ぐらいで効果が出てきます。治療当日は、日光に当たらないようにするなどの注意が必要です。
●光線療法(UVB,narrow band-UVB)
中波長の紫外線を照射します。効果はPUVAより劣るといわれています。安全性については、長期のデータがまだありません。


「病院外治療」(続けるなら…)

●「漢方治療」
  完治の報告もあり、副作用もない。
しかし、処方(配合)がその人にあったものに行き当たるまでが大変。
残念ながら、これがいいという物がない…。

●「日光浴」
  軽い症状を抑えるには一番手軽(治すものではない)。
(天然紫外線に当りすぎの皮膚癌・白内障にはご注意を!)

●「食事治療」 <これが1番>
*悪いと言わている物>
・脂質(動物性蛋白・脂肪)の摂取を制限(肉を食べない・生卵を控える)
・ナス・トマト・たばこ・ジャガイモ・ピーマン、パプリカ・こしょう
・白砂糖・酢・キュウリ・揚げ物・炒め物・カフェイン
 <餅(もち)類は、痒みを起こしやすいので控えめに>
*良いと言わている物>
・海草・野菜(できれば無農薬・葉物・レタス、セロリ、タマネギ)
・納豆・青物の魚・大量の水・オリーブ油・果物

●「サプリ(薬)治療」
  ビタミンB2、ビタミンD3、ビタミンA、EPA(イコサペンタエン酸)、ビオチン、ミヤBM、パンカルG、亜鉛、結晶セルロース等…。
これも、これがいいという物がない。
その人にあったものに行き当たるまでが大変でお金もかかる!

●「温泉治療」
  あまり刺激の強い所は逆効果。要は、清潔に、補湿、リラックス、身体の悪い物質を出す、汗をかく、という意味で効果があると思われます。

※完治は稀で、一生付き合っていく覚悟が必要です!(残念ながら…)
明るく受け止め、自分に与えられた試練と思い、前向きに生活していく事が大事です。 
※ストレスを溜めると悪化するのでご注意を!

----------------------------------------------

 以外と自分の病気について知らない事とかも多いかと思います。分かってないと恐い(危ない)事もあります。特にこの病気は原因不明ですので、病院でも手探りです。
 自分が勉強した事、体験した事、教えられた事、寄せられた情報によって「尋常性乾癬について」まとめてみました。 良かったら参考にして下さい。
 そして、同じ悩みを持つ方などの相談・質問・意見・情報などがあれば、お願いします。

(あえて「承認なし」で、閉鎖的にならずに多くの人に理解してもらい、また第3者の意見・感想なども聞きたいと思います!そして、「尋常性乾癬専用」のコミュとして!)

●※この病気は人には『うつりません!』●

↓↓初めまして!(自己紹介)はコチラへ!↓↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14442398&comm_id=1762506

↓↓雑談部屋はコチラ↓↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=28062848&comm_id=1762506

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 390人

もっと見る

開設日
2007年1月19日

3608日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!