mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > N*M

N*M

N*M

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラム

 われわれが開始するNew Associationist Movement(NAM)は、一九世紀以来の社会主義的運動総体の歴史的経験の検証にもとづいている。そのプログラムは、極めて簡単で、次の五条に要約される。これらに関して合意があれば、それ以後の活動はすべて、各個人の創意工夫に負う。
(一) NAMは、倫理的−経済的な運動である。カントの言葉をもじっていえば、倫理なき経済はブラインドであり、経済なき倫理は空虚であるがゆえに。
(二) NAMは、資本と国家への対抗運動を組織する。それはトランスナショナルな「消費者としての労働者」の運動である。それは資本制経済の内側と外側でなされる。もちろん、資本制経済の外部に立つことはできない。ゆえに、外側とは、非資本制的な生産と消費のアソシエーションを組織するということ、内側とは、資本への対抗の場を、流通(消費)過程におくということを意味する。
(三) NAMは 「非暴力的」 である。それはいわゆる暴力革命を否定するだけでなく、議会による国家権力の獲得とその行使を志向しないという意味である。なぜなら、NAMが目指すのは、国家権力によっては廃棄することができないような、資本制貨幣経済の廃棄であり、国家そのものの廃棄であるから。
(四) NAMは、その組織形態自体において、この運動が実現すべきものを体現する。すなわち、それは、選挙のみならず、くじ引きを導入することによって、代表制の官僚的固定化を阻み、参加的民主主義を保証する。
(五) NAMは、現実の矛盾を止揚する現実的な運動であり、それは現実的な諸前提から生まれる。いいかえれば、それは、情報資本主義的段階への移行がもたらす社会的諸矛盾を、他方でそれがもたらした社会的諸能力によって超えることである。したがって、この運動には、歴史的な経験の吟味と同時に、未知のものへの創造的な挑戟が不可欠である。

『原理』(太田出版2000年11月9日)p17-19より


http://www.clas.ufl.edu/users/jmurphy/Karatani01file/NAM.Principles.html

The Program

The New Associationist Movement (NAM) begins based upon a scrutiny of the historical experience of all socialist movements beginning in the 19th century. The program can be quite simply summarized in the following five articles. Inasmuch as one agrees with them, s/he can develop his/her acts dependent upon individual situations and creativities.

(1) NAM is an economic-ethical movement. In reference to Kant's term, we might say, "economic policy without ethics is blind, while ethical intervention without economic concerns is empty."

(2) NAM organizes a counter-act against capital and state. This is a transnational worker as consumer movement. This is practiced, figuratively speaking, within and without the capitalist economy. But, of course, it is impossible in the strict sense to stand outside the capitalist economy. The struggle without aims at organizing an association of non-capitalist production and consumption; the struggle within is centered on boycotting in the process of circulation (consumption).

(3) NAM is non-violent. It not only denies violent revolution, but also negates any use of state power by parliamentary means. This is because what NAM intends is an abolition of the capitalist currency economy-that which state power can never abolish-and also the abolition of state power itself.

(4) NAM's organization and movement themselves embody what it intends to realize. Namely, by way of introducing the lottery into the election process (I will explain this later), it prevents a bureaucratic fixation while at the same time guaranteeing a participatory democracy.

(5) NAM is a realistic movement that abolishes real contradictions; it is born out of realistically existing premises. In other words, it is a movement to overcome the social contradictions caused by the development of capitalism (that has reached the stage of information capitalism) by way of employing the social potencies produced by the same development.

参考サイト:
定本柄谷行人集(付『世界共和国へ』『NAM原理』)総合索引 、白黒バージョン↓
http://yojisekimoto.blogspot.com/2006/05/nam_29.html
http://nam21.sakura.ne.jp/nam/

開設日
2004年07月23日
(運営期間4451日)
カテゴリ
その他
メンバー数
51人
関連ワード