mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > DRAMBUIE

DRAMBUIE

DRAMBUIE

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

王家秘伝の酒、DRAMBUIE(ドランブイ)。
ゲール語でdram(飲む)とbuidheach(満足な)を合成した
「心を満たす飲み物」という意味。

15年以上熟成したハイランドモルトおよび
40種類のスコッチを中心にハーブ・蜂蜜・香草類を
配合した味わい深い薬草酒。


ラベルに「Prince Charles Edward`s Liqueur」とある。
これにはイギリス王位継承戦争がからんでいます。


1745年、ジョージ2世の時代に、スチュアート家の
チャールズ・エドワード王子は王位継承兼を主張して
亡命先のフランスからスチュアート家の父祖の地
スコットランドに上陸し、ジョージ2世のいる
ロンドンを目指して南下した。


スコットランドには、たくさんのスチュアート家ファン
がいて、チャールズ王子に加勢したが
1746年にインバネス州カロデン・ムアの沼沢地で大敗し
王子は無一文でフランスに戻らざるを得なくなった。


この時、王子の首には三万ポンドという大金が
賞金としてかけられたがそんな王子をかくまったのが
スカイ島グレンモアの豪族マッキノン家だった。
主人のジョン・マッキノン/John Mackinnonが
王子のために船を手配し、再びフランスへ亡命させた。
王子は、感謝のしるしとして王家に伝わる秘酒の製法を
記した文書をマッキノン家に送った。


マッキノン家はこれを家宝とし150年ほど極秘扱にしてきたが1906年マルコム・マッキノンがエジンバラ市に出て
酒造会社の共同経営者になった時代に商品化に踏み切る。


1916年にはドランブイは英国乗員の酒蔵に
納入されるまでになったという。


映画「カサブランカ」などでおなじみの俳優
ハンフリー・ボガートは、このドランブイが
大のお気に入りだったそうです。

ある時彼の行きつけのバーに友人が訪れてバーテンダーに
「最近ボギー(ボガートの愛称)きてるの?」と聞いたら
バーテンダーは酒棚のドランブイのボトルをちらりと見て
「ここのところお見えになっておりません」と答えたという逸話が残っています。

<ドランブイを使用したカクテル>
■エメラルド・ミスト (EMERALD MIST)
■ゴールド・ラッシュ (GOLD RUSH)
■コルコバード (CORCOVADO)
■スコッチ・キルト (SCOTCH KILT)
■セント・アンドリューズ (SAINT ANDREWS)
■ドランブイ・サブマリン (DRAMBUIE SUBMARINE)
■ドランブイ・トニック (DRAMBUIE TONIC)
■ホット・ドラム (HOT DRAM)
■ラスティー・ネール (RUSTY NAIL)
etc…

公式サイト→http://www.drambuie.com/

開設日
2005年05月09日
(運営期間4162日)
カテゴリ
グルメ、お酒
メンバー数
210人
関連ワード