mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Nの真実

Nの真実

Nの真実

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年1月12日 03:37更新

歴史

窒素は、かつて物が燃える元と考えられていた
燃素の研究の過程で発見されたもので、
最初に単体分離を行った者の特定は困難である。

1772年、ダニエル・ラザフォードが窒素を単体分離し、その中に生物を入れると窒息して死んでしまうことからnoxious air(有毒空気)と命名した

(日本語の「窒素」はこのことに因むものである)。

ほぼ同じ時期にカール・ヴィルヘルム・シェーレと
ヘンリー・キャベンディッシュも単体分離したと
言われており、シェーレは酸素を「火の空気」、
窒素を「駄目な空気」と命名した。


窒素が元素であることを発見したのは
フランスのアントワーヌ・ラヴォアジエで、
フランス語で「生きられないもの」という意味の
"azote"と命名した。窒素の英語名Nitrogenは、
ギリシア語のNitron(硝石の意)とgennen(あるいはgenes、「作る」の意)に由来している。

近年の需要に対応して、2005年に日本工業規格(JIS K 1107)に規定の純度が高められた。


(フリー百科事典 Wikipediaより抜粋)


なんと有毒、駄目と言われながらも懸命に生きるN
それを応援しようじゃありませんか。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2007年1月9日

3618日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!