mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > まぢで死ぬかと思いましたよ。

まぢで死ぬかと思いましたよ。

まぢで死ぬかと思いましたよ。

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月16日 18:59更新

このコミュ立てたきっかけはただの僕の思いつきですw

と言うのも、あのとき死んでたら自分今生きてないんよな?とかいうことが結構あります。

そしてその時、命があることにすごく感謝した記憶があります。

たぶん誰でも「まぢで死ぬかと思った。」ということがあるでしょう。

怪我で、病気で、精神的なもので、事故で、とかとか。

僕の「まぢで死ぬかと思った。」例は、

?小学校4年生の頃。実家の近くの長〜い下り坂を猛スピードでチャリで下りていました。友達と一緒に競争みたいな感じでいつもよりとばしていました。坂の下には交差点があり、いつもは普通に停まれるんです。

が・・・、停まらない。おれだけどうしてもスピードが落ちない。やばい。

案の定交差点に猛スピードで飛び出してしましました。と、僕の視界に入ったのは右からこちらも猛スピードで迫りくる軽トラ。
        
       「間違いなく死んだ。」

そう思いました。


?これは、「まぢで死ぬかと思った。」
と言うより、
     「まぢで殺したかと思った。」
経験なんですけど、幼稚園児の頃、近くの公園で兄とすべり台で遊んでいました。

どんな遊びかと言うと、自分たちがすべるのではなく、大きな石(岩)とか砂利とかをすべらせるんです(何がどういう風におもしろかったかはわかりませんがw)。

一通りすべらせ終わって兄は疲れたのでしょう。すべり台の、あのすべり終わるところに「疲れた〜」とか言って寝そべっていました。

でも、僕はまだこの大きな石をすべらせたい!と強く思っていました。そして、その気持ちがさせるままに僕はその大きな石をすべらせたのです。

ん?それやばくない?

と、今思った人もいると思いますが、
そうです。やばかったんです。

石から手を離した瞬間、兄が空を見上げながら

「お〜い、あぶねーから何も落とすなよ〜」

と言いました。

もう少し早く言ってくれてば・・。

「危ない!!!」
ということさえできないただのはなたれ小僧でした。

そして、その大きな石は兄の頭に命中。
頭からたくさん血が流れてきました。

痛みで絶叫する兄は自ら助けを求めにいきました。
園児の僕は何が起きているのかわからない。

ただ血を流す兄について行くだけ。

兄は自らの力で救急車を呼んでもらい、運ばれていきました。

今もその傷跡は兄の頭に思い出として残っています。

今同じことをしたら多分殺人未遂で捕まんじゃないでしょうか。

?酒で初めてゲロを吐いたとき。
それは部活の、送別会でした。もう4、5年前ですがまだ当時は死ぬほど酒を飲んだという経験がなく、自分の限界もわからないし、もちろん吐いたこともありませんでした。

送別会。それは地獄でした。

先輩に次々に呼ばれ、最初の方は「はい!行きます!」ってな感じだったのが、次第に「すいません、ちょっと待ってください・・」てな感じに。

しかし、彼らが待ってくれるはずがありません。


・・・やべぇ。まぢ死ぬ。ていうか・・出る。

居酒屋の畳の上で僕は初のゲロを・・・。(食事中の方誠にごめんなさい。)

最悪。しかし、「まぢで死ぬかと思った。」ていうか「まぢで死にたいと思った。」のは、

その汚物が、怖い先輩の足にかかったことを確認したときでした。

その後、僕がどうなったかはみなさんの想像におまかせしますw


長々と失礼しました!
まぁ?、?番目はちょっとコミュの趣旨から微妙に外れるんですけどwでも、こういうのも少しはオッケーですw
こう言った感じでみなさんの体験を聞きたいです。
真面目な話でも結構です!どちらかと真面目な話の方がリアルでいいかも(・o・)

とにかく、

「生きていてよかった」

と思えた体験を教えてください(^^♪

トピ自由に立ててください!

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2007年1月8日

3623日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!