mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 聞く書く話すキャラ作り

聞く書く話すキャラ作り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年4月19日 20:20更新

パソコンの前に座って“書く”ことも含めて
“書く”をやらないままでいると

 『21世紀に乗れずに 取り残されてしまう !!』

日経新聞12月30日記事によると

20世紀に比べて
21世紀は、書く事、読むことが
4倍〜5倍増えているそうです。

本郷PC塾主催 
『話す・聞く・書く コミュニケーション上達法』
のまさみ先生の授業ではじめて

 “書く”ってそもそもどういうことなのか?
 “書く”を教えられた新鮮さがあります。

 少なくとも、私は
 小・中・高・大の国語の時間に
 こんなエキサイティングな学びはなかった。
 暗記国語と読む国語しか勉強したことがなかった。


 書くことの楽しさは、
 『自分のキャラ作り』から始まっていた・・・・

 これは、まさに
現代の私たちが必要なスキルです。
パーソナルブランディングの時代だからです。
言ってみれば、自分のキャラを活かして生きる時代
だからです。

 私も、そうだったのですが、
読むことはできる。
話はできる。

でも、

“書く”ことは苦手と言う人は結構多い。
“書く”って創造的で、孤独な作業ですからね。

 時代は、変わってしまった。
“書いて”発信しないと、自分の本当の仲間が見つからない。見つけてもらえない。

 自分と波長があった仲間と話すと楽しいが
そんな仲間を“書く”をしていると
お互い出会うことができる。

『聞く書く話す コミュニケーション上達法』では
話す 聞く 書く
話す 聞く 書く
話す 聞く 書く

らせん階段のように、少しづつ掘り下げて行く。

掘り下げるたびに、自分のキャラに気付いていく。
自分の強みに気付いていく。
自分の才能に目覚めていく。

そして、表現することの喜びに
からだが熱くなってくる。

こんな授業
子供の頃から受けたかった。

まさみ先生は、もと新聞記者で
経済もののベストセラー作家でもあります。
さらに20年近く
実習中心のワークショップ的な
コミュニケーションセミナーを開いてきた。
だから
学ぶ人、それぞれにあったアウトプットができるように授業ができている。

授業は、こんな風なイメージです。

受講生は、あたかも俳優さんです。
まさみ先生は、脚本家と演出家ですね。

 舞台設定が説明され
 俳優の心境など、ティーアップされ

 「ハイ、スタート」

 「カット」と言う感じですね。

話す・聞く・書くを
毎回自分でやってみて、自分をつかんでいく。

 書くとは、自分のキャラを決めないと書けない。

うーーん。確かにそうだ。

 書く世界観が変わります。

           舘野 記


本郷PC塾主催
「コミュニケーション上達法」に参加したゼミ仲間のコミュニティです。
自分のキャラを明確にしていくために
聞く書く話すコミュでどんどんシェアをしていきましょう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2007年1月7日

3767日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!