mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 関羽 雲長

関羽 雲長

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月3日 23:20更新

三国志の武将『関羽 雲長』についてのコミュニティです。
 
関羽、字は雲長(前の字は長生)。中国三国時代の蜀漢の武将であり。司隷・河東郡解良(現在の山西省運城市常平郷常平村)の人。蜀漢の五虎大将の筆頭で、諡は壮穆侯。武勇に優れ「兵一万に匹敵する」と評された。
その武勇と義理堅い事から、後世の人間が神格化し関帝(関聖帝君)とした。信義に厚い事などから、商売の神として世界中の中華街で祭られている。

【容姿】
身長9尺、顔は棗のように赤く、唇は紅を差したよう。切れ長の目に蚕のような眉
髭の長さが2尺。「美髯公」とよばれた。

【愛刀】
武器は青竜偃月刀(せいりゅうえんげつとう)薙刀の一種である。

【性格】
義理堅く信義に厚い。
武を誇る一方で、学問を好み、『春秋左氏伝』を諳んじるなど文武両道の面を持っていた。

【家族】
妻;胡氏
長男:関平
次男:関興
三男:関索(架空の人物とされる)
孫:関統
孫:関彝(関統とは、異母兄弟の間柄)

【その生涯】
?殺人を犯し官吏に追われて幽州に逃げ、姓名を変えて関羽と名乗ったといわれる。

?その後、劉備・張飛と出会い桃園の誓いにより劉備と張飛と義兄弟になりともに行動して黄巾討伐に参加する。

?黄巾討伐では敵将・程遠志を真っ二つにした。

?反董卓連合軍では公孫サン麾下として参加。馬弓手をつとめた。董卓との戦いでは、自ら名乗り上げシ水関にて敵将・華雄を討ちとった。虎牢関では張飛に加勢をし、呂布と戦うがひきわけた。

?後に公孫サンと袁紹の戦いでは、公孫サンに加勢をした。北海の孔融が黄巾残党に攻められたとき、劉備軍は加勢し、関羽は敵将・管亥を討ち取った。

?曹操との呂布攻略で張遼と知り合い、関羽は呂布処刑のさい、曹操に張遼を斬るのを止めさせた。のち、帝と曹操の巻狩りに劉備たちも同行した。曹操は帝の矢を取りその後も返そうとしない。そのとき関羽は曹操に斬りかかろうとしたが劉備が止めた。曹操の態度に許せなかったのだった。

?劉備は袁術をたおした。そのあと、劉備の留守中関羽と張飛は曹操の部下車冑が劉備をだまし討ちにしようとしていることを知り、逆に関羽は車冑を討った。曹操は大軍で劉備を攻めたため、徐州の近くの下ヒの城を守っていた関羽は、曹操軍に囲まれてしまった。張遼が関羽に曹操への降伏を勧めに来ので、関羽は3つの約束(1つ・漢に降伏するのであって曹操に対してではないこと
2つ・劉備夫人は丁重に扱い、指一本触れないこと3つ・主の劉備玄徳が見つかったらここから出て行くことを許可すること)を出し、曹操に降った。関羽は曹操の元にいる間は金銀や美女には目もくれなかった。この時曹操は関羽に呂布の乗っていた名馬「赤兎馬」与えた。関羽は「これで兄者(劉備)が見つかったとき駆けつけられる」と喜んだ。曹操は後悔したのであった。
曹操と袁紹の戦いでは関羽は曹操の恩に報いるため、200年の白馬・延津の戦いでは袁紹軍の顔良と文醜を斬った。関羽は劉備が袁紹軍に居ることを知り、曹操の元を離れようとした。しかし曹操は関羽を手放したくないため、避客牌を下げて会おうとしない。仕方無く手紙を残し、出発した。曹操はこれを知り、自分の度量の狭さに恥じて、関羽を見送りに出た。さて、関羽は曹操の見送りの後、通行手形を持っていなかったので、5つの関6将をきった。曹操の部下・夏侯惇が関で自分の部下が斬られたので、怒り独断で関羽に勝負した。その最中、張遼が曹操の伝言を伝えた。「自分の配慮が足りなかった、関の将を斬った罪は許す」というものだった。夏侯惇も仕方無く引き上げた。これが有名な関羽の千里行である。

?後、周倉と出会う。数日後、古城で張飛と再会する。張飛は関羽が曹操の元にいたことを知っていて、「裏切りものめ!」と切りつけてきた。後から来た曹操軍の追手を斬ることで張飛の誤解を解かせた。劉備と会うため、関定という老人の世話になり、そこの息子、関平を養子としてもらう。劉備が徐庶を味方にした時、関羽は樊城攻略で活躍した。

?諸葛亮が加わったとき、孔明ばかりかまう劉備を良く思っていなかった。しかし、博望坡の戦いでの作戦の見事さに脱帽した。長坂の戦いでは江夏に援軍を求めに行って間一髪で曹操軍を追い返す。208年の赤壁の戦いでは、孔明に必ず曹操を斬ると言って出陣したが、曹操が千里行の関破り・将斬りを許した恩(関羽が6将を斬った)を感じていて、その恩を返すために見逃してしまう。

?荊州南郡攻略戦では手勢の兵五百を率い、長沙で黄忠と戦った。黄忠と激しい一騎打ちをし黄忠が落馬しても「馬を替えられい」と見逃した。内部の崩壊もあり、長沙を攻略する。後、荊州では、ホウ統が死んだため孔明たちは劉備の応援にゆき、関羽は留守の荊州を任せられ守りについた。また、劉備が漢中王に即位すると関羽は前将軍に任命され、特別に設けられた五虎大将の筆頭とされた。

?呉は、荊州の返還を関羽にもとめた。呉の魯肅は宴席上で返還を求めたが、関羽は応じず、魯肅をおどかして船に乗って去る。次に呉は、孔明の兄・諸葛瑾を使者にして、孫権の子と関羽の娘の縁談をもちかけた。関羽は「虎の娘を犬の子にはやれない」と言いはなった。呉は魏を動かした。219年に孔明は関羽に曹操軍の樊城を攻めさせた。曹操軍はホウ徳と于禁を援軍に出だした。関羽は于禁らを水攻めで破った。呉も、呂蒙が出陣していたが、荊州の守りが堅いので、病気と偽っていた。孫権は若い陸遜を起用した。陸遜は商人と偽って狼煙台を占拠し、無血で荊州城が落ちた。関羽の部下・傅士仁と糜芳が呉に降った。関羽の陣では荊州が取られたといううわさが流れていた。しかし関羽は「流言だ」と否定した。関羽は魏の徐晃と対峙した。徐晃は公私混同はしなかった。関羽と挨拶を済ますと、「関羽を討ち取ったものには黄金千両をやるぞ」と言うや、得意の斧でうちかかる。関羽はたまらず帰陣し馬良・伊籍を成都に遣わせた。関羽は麦城に立て篭り、劉封・孟達に援軍を求めたが孟達は「救援に行っても死ぬようなものだ」として、援軍を出さなかった。

?関羽は、なんとか成都に向けて逃げようとしたが、呉に捕われた。孫権は関羽に降伏するように言ったが、関羽は聞き入れない。孫権の部下も「曹操でも味方にできなかったのです、殺すしかないでしょう」といった。
孫権は考えたあげく、関平とともに首をはねた。219年冬12月、歳は58であった。

?関羽は死んでからもその霊魂が出現した。あるお寺に現われたり、呂蒙は取りつかれたりした。祝賀会で呂蒙は「碧眼の小児、紫髯の鼠輩」と罵るや、目、鼻、耳などから血を流して死亡した。呉は関羽の首を曹操に送った。曹操が「雲長殿、お変りなかったか」と首を見ると目が開き、ひげが逆立ったので、曹操は昏倒してしまう。蜀では、劉備の寝所にあらわれ
「兄者、私の恨みをはらしてくれ」と訴えた。

?その武勇と義理堅い事から、後世の人間が神格化し関帝(関聖帝君)とした。信義に厚い事などから、商売の神として世界中の中華街で祭られている。


キーワード
三国志
魏・呉・蜀
三国志の人物
霊帝・袁紹(本初)・王允(子師)・郭棔抱椶呂気鵑困い北Α法Υ攷襦癖弧鵝法Υ攷鵝米噌癲法Υ蚓鼻Σ祖
公孫瓚(伯珪)(瓚は讚のごんべんを王ヘンに変えた字)・貂蝉・董卓(仲穎)・馬騰(寿成)・楊奉・李傕(稚然)(傕は確の石偏を人偏に変えた字)・呂布(奉先)・盧植(子幹)・袁術(公路)

【黄巾賊】
張角・張宝・張梁

【魏】
曹操(孟徳)・曹丕(子桓)・夏侯淵(妙才)・夏侯惇(元譲) ・夏侯覇(仲權)・甄氏・曹仁(子孝)・楽進(文謙)・許褚(仲康)(褚はネ'者)・荀(文若) ・徐晃(公明)・張遼(文遠)・典韋

【呉】
孫堅(文台)・孫権(仲謀)・孫策(伯符)・甘寧(興覇) ・黄蓋(公覆)・周泰(幼平)・周瑜(公瑾)・朱然(義封)・小喬・諸葛瑾(子瑜)・大喬・太史慈(子義)・ 陸遜(伯言)・凌操・呂蒙(子明)・魯粛(子敬)

【蜀】
【蜀皇帝】
劉備(玄徳)・劉禅(公嗣)
【蜀皇族】
劉封
【蜀の人物】
伊籍(機伯)・王平(子均)・王甫(国山)・関羽(雲長(もとは長生))・関興(安国)・関索・関統・関平・関彝・簡雍(憲和)・魏延(文長)・姜維(伯約)・厳顔・呉懿(子遠)・黄月英・黄忠(漢升)・胡済(偉度)・胡班・呉班(元雄)・呉蘭・
五梁(徳山)・士仁(君義)・沙摩柯・周倉・諸葛均・諸葛尚・諸葛亮(孔明)・孫乾(公祐)・趙雲(子龍)・張松(子喬(演義では永年))・張飛(益徳 (演義では翼徳))・張苞・趙累・陳式・陳到(叔至)・馬謖(幼常)・馬岱・馬忠(徳信)・馬超(孟起)・馬良(季常)・糜竺(子仲)・麋芳(子方)・法正(孝直)・龐統(士元)(龐は广に龍)・孟達(子敬、後に子度(演義では子慶))・雷銅・廖化(元倹)

その他
『桃園の誓い』
『青竜偃月刀』

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 246人

もっと見る

開設日
2007年1月6日

3793日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!