mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > サンディー・コーファックス

サンディー・コーファックス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月18日 22:41更新

『コーファックスの球を打つのはコーヒーをフォークですくって飲むようなものだ』(元パイレーツ、ウィリー・スタジュール)

メジャーリーグ最高の左腕の一人であるサンディー・コーファックスのコミュニティーです。

☆プロフィール
1935年12月30日生まれ
ニューヨーク州出身
188cm、95?、左投げ右打ち
ドジャース(1955〜66)=12年

☆略歴
1955年、ブルックリン・ドジャースと契約。背番号は32。
コントロールの悪さから最初の6年間は36勝40敗、防御率4.09と並み以下の速球投手であったが、キャッチャーのノーム・シェリーから「変化球もミックスして投げてみたら・・・」というアドバイスを受け球界を代表する投手に成長する。
1961年には18勝を挙げ、一躍チームの中心投手となる。
1962年にドジャースは本拠地を典型的な投手有利の球場とされるドジャー・スタジアムに移し、そこで一気に開花。シーズン最初から3分の1を故障で棒に振るものの、復帰して間もない6月30日のニューヨーク・メッツ戦では自身初のノーヒッターを達成する。シーズン防御率2.54でタイトルを獲得。
1963年には投手の三冠王である最多勝(25)、最優秀防御率(1.88)、最多奪三振(306)を達成、同年にサイ・ヤング賞、MVPも獲得。
1964年にも最優秀防御率のタイトルを獲得し、19勝5敗の成績を残すが、既に肩の故障に苦しみ始めていた。現在では常識となっている投手のアイシングを始めたのはコーファックスとチームメイトのドン・ドライスデール投手である。12試合の先発を回避しなければならなかったが、それでもフィラデルフィア・フィリーズを相手にノーヒッターを成し遂げる。
1965年9月9日のシカゴ・カブス戦では完全試合を達成し、4年連続でノーヒッターを記録した史上初の投手となる。また26勝8敗、防御率2.04、382奪三振を達成、2度目のサイ・ヤング賞を受賞する。
1966年にも27勝9敗、防御率1.73、317奪三振を記録し2年連続3度目のサイ・ヤング賞を獲得するが、その直後に左腕の関節炎を理由に「お金よりも大事なものがある」と言い残し31歳で引退を発表する。
1972年には史上最年少(36歳)で野球殿堂入りを果たした。同年6月には彼の背番号「32」がドジャースの永久欠番に指定されている。

☆主な記録・獲得タイトル
<通算成績>
年数:12年(1955〜1966年)
登板:397
完投:137
完封:40
勝利:165
敗戦:87
セーブ:9
投球回:2324 1/3
奪三振:2396
与四球:817
自責点:713
防御率:2.76

<タイトル>
MVP:1回(63年)
サイ・ヤング賞:3回(63,65,66年)
最多勝利:3回(63,65,66年)
最多奪三振:4回(61,63,65,66年)
最優秀防御率:5回(62〜66年)

<その他、記録等>
○ノーヒッター4回
 1962年6月30日、対ニューヨーク・メッツ
 1963年5月11日、対サンフランシスコ・ジャイアンツ
 1964年6月4日、対フィラデルフィア・フィリーズ
 1965年9月9日、対シカゴ・カブス(完全試合)
○ナ・リーグシーズン最多奪三振382(65年)
○投手三冠王3回(63,65,66年)
○オールスター出場6回(61〜66年)

以降、追加あり

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 23人

もっと見る

開設日
2007年1月6日

3763日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!