mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 五・一五事件

五・一五事件

五・一五事件

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年8月28日 18:10更新

なんだか思いつきで作ってしまったこのコミュニティーは五・一五事件についてのものです。というかすでに二・二六事件のほうは作ってるかたがいたので・・・(笑)はたして五・一五事件はクーデターだったのか?それとも国のことを思っての行動だったのか?みなさんはどう思われるでしょうか?ということでここでは五・一五事件について話してもらいたいと思います。トピは自由に立ててくださいね♪管理人は当時の政党政治は今と同じで腐敗したものでした。それを思えばこのとき決起した青年将校は国を思って決起したんじゃないかと思います。
事件の背景
時代は1929年の世界恐慌に端を発した大不況、企業倒産が相次ぎ、社会不安が増している最中であった。1931年には石原莞爾率いる関東軍の一部が暴走して満州事変を引き起こしたが、政府はこれに引きずられる形であった。犬養政権は金輸出禁止などの不況対策を行うことを公約に1932年2月の総選挙で大勝をおさめた。一方、犬養は満州事変を黙認し、陸軍との関係も悪くなかった。しかし、1930年ロンドン海軍軍縮条約を締結した前総理若槻礼次郎に対し不満を持っていた海軍将校は以前から若槻襲撃の機会を狙っていた。ところが、民政党は大敗、若槻内閣は退陣を余儀なくされた。これで事なきを得たかに思われたがそうではなかった。計画の中心人物であった藤井斉が「後を頼む」と遺言を残して中国で戦死してしまった。この遺言を知った仲間が事件を起こすことになるのである。つまり、本来ならば犬養は殺されるはずではなかったが間違って殺されることになったのだ。また、犬養は護憲派の重鎮で軍縮を支持しており、これも海軍の青年将校の気に入らなかったと思われる。不況以前、大正デモクラシーといった民主主義機運の盛り上がりによって、知識階級やマルクス主義など革新派はあからさまに軍縮支持・軍隊批判をしており、それが一般市民にも波及して、軍服で電車に乗ると罵声を浴びるなど、当時の軍人は肩身の狭い思いをしていたことも事実のひとつである。本事件は、二・二六事件と並んで軍人によるクーデター・テロ事件として扱われるが、軍人の犯人は軍服を着用しているものの、二・二六事件と違って武器は民間から調達され、また将校達も事情を知らない部下を動員しているわけではないので、その性格は大きく異なる。同じ軍人が起こした事件でも、実際に体制転換・権力奪取を狙って軍事力を違法に使用したクーデターとしての色彩が強いのが二・二六事件であり、これに対して殺人テロの色彩が強いのが本事件である。
本事件は、昭和天皇の勅令により、失敗に終わったとするのが、定説である。しかし、これによりこの後、斎藤実、岡田啓介という軍人内閣が成立し加藤高明内閣以来続いた政党内閣の慣例(憲政の常道)を破る端緒となった。しかし実態は両内閣共に立憲民政党寄りの内閣であり、なお代議士の入閣も多かった。民政党内閣に不満を持った将校らが立憲政友会の総裁を暗殺した後、民政党寄りの内閣が誕生するというのは皮肉であった。また、犬養の死が満州国承認問題に影響を与えたという指摘もある。なお、事件当時チャップリンが来日していて、チャップリンも標的となったが、直前になって標的から外された
参加した人物
首相官邸襲撃グループ
三上卓 - 海軍中尉で妙高乗組
山岸宏 - 海軍中尉
村山格之 - 海軍少尉
黒岩勇 - 予備役海軍少尉)
野村三郎 - 陸軍士官学校本科生
後藤映範 - 陸軍士官学校本科生
篠原市之助 - 陸軍士官学校本科生
石関栄 - 陸軍士官学校本科生
八木春男 - 陸軍士官学校本科生
牧野内大臣襲撃グループ
古賀清志 - 海軍中尉
坂元兼一 - 陸軍士官学校本科生
菅勤 - 陸軍士官学校本科生
西川武敏 - 陸軍士官学校本科生
池松武志 - 元陸軍士官学校本科生
立憲政友会本部襲撃グループ
中村義雄 - 海軍中尉
中島忠秋 - 陸軍士官学校本科生
金清豊 - 陸軍士官学校本科生
吉原政巳 - 陸軍士官学校本科生
民間人グループ
橘孝三郎 - 「愛郷塾」主宰
大川周明 -
本間憲一郎
頭山秀三 - 玄洋社社員。頭山満の三男
五・一五事件昭和維新行進曲陸軍の歌
一番 若き陸生 殉国の 時勢にいさむ 大和魂 昭和維新の そのために 起った決意の 五一五
二番 ドーンと一発 革新の のろしにあがる 鬨の声 覚ませ悪夢を 開け眼を 寄せる黒潮 なんと見る
三番 国のためなら 身命も 捧げて何の 悔があろ 永き平和を 神かけて 警鐘叩く 五・一五
四番 どうせ散るなら 潔く 花と咲いて 君のため 陸の勇士が 国難に 花を飾った 五・一五
檄文
日本国民よ!
 刻下の祖国日本を直視せよ、政治、外交、経済、教育、思想、軍事、何処に皇国日本の姿ありや。
 政権党利に盲ひたる政党と之に結托して民衆の膏血を搾る財閥と更に之を擁護して圧政日に長ずる官憲と軟弱外交と堕落せる教育と腐敗せる軍部と悪化せる思想と塗炭に苦しむ農民、労働者階級と而して群拠する口舌の徒と…
 日本は今や斯くの如き錯騒[綜]せる堕落の淵に死なんとしてゐる。革新の時機!今にして立たずんば日本は滅亡せんのみ。
 国民よ!武器を執つて立て(、)今や邦家救済の道は唯一つ「直接行動」以外に何者もない、国民諸君よ!
 天皇の御名に於て君側の奸を屠れ!
 国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ!
 横暴極まる官憲を膺懲せよ!
 奸賊、特権階級を抹殺せよ!
 農民よ、労働者よ、全国民よ祖国日本を守れ!
 而して、
 陛下の聖明の下、建国の精神に皈り国民自治の大精神に徹して人材を登用し朗らかな維新日本を建設せよ。
 民衆よ!
 この建設を念願しつゝ先づ破壊だ!
 凡ての現存する醜悪なる制度をぶち壊せ!
 偉大なる建設の前には徹底的な破壊を要す。
 吾等は日本の現状を哭して赤手に魁けて諸君と共に昭和維新の炬火を点ぜんとするもの。
 素より現存する左傾、右傾の何れの団体にも属せぬ、日本の興亡は吾等「国民前衛隊」決行の成否に非ずして吾等の精神を持して続起[蹶]する国民諸君の実行力如何に懸る起て!起つて真の日本を建設せよ!

昭和七年五月
海軍青年将校
http://mixi.jp/view_community.pl?id=335626
二・二六事件のコミュですのでぜひのぞいてそして参加してみてください。リンクの許可をいただきありがとうございます。


毎年5月15日を五・一五事件記念日としたいと思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

イベント

参加メンバー 89人

もっと見る

開設日
2007年1月3日

3630日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!