mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 東海林由孝

東海林由孝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月4日 00:52更新

素晴らしいシングル・トーンでES−175を歌わせる東海林 由孝さんの近況、目撃談、思いで等なんでも書き込めるスペースです。

ご本人関連サイト:ミギー・レーベル(サンプル音源複数あり)
http://www.miggie.co.jp/label/

レッスンはHot Music School(秋葉原)にて受講できます。
http://www.hotmusic.co.jp/

東海林 由孝氏関連CD(現状2枚)
♪CD1
Title:Circle of the Sea
Credit:東海林由孝
Personel: Gt: 東海林由孝, Pf: Joey Calderazzo, Bs: Lonnie Plaxico, Dr: Steve Hass, Pf: Jeb Patton, Sax: Marcus Strickland, Dr: Ray McNaught, Gt: Peter Montgomery

♪CD2
Title: Plain Moment
Credit: 工藤邦明 Music Works Edit
Personel: 工藤邦明(b), 山口真文(ts), 東海林由孝(g), 岩瀬立飛(ds), 加藤英介(p)
※いずれもミギー・レーベルで購入できます。

(雑記)
 知的でクールな単音フレーズをつむぎ出す演奏は他の追随を許さない。
 ジャズギターの王道を行きながらも独特の浮遊感を感じさせる演奏は現在2枚のCDで聴くことができる。
 どちらも甲乙つけがたいが、強いて言えば、リーダーの工藤 邦明氏(Bass)を陰になり日向になりサポートする演奏の方が味わいが感じられるか...

 ES175のオールドを、ピーターソンのアンプに直結したセッティングから出る音には艶と膨らみがあり、他の175プレーヤーと一線を画すサウンドは一聴の価値有り。しかもご本人のルックスもダンディー!

♪補足
 かつて、コンサートの追っかけをやってて、やっと1回師事することができました!1回だけですが(^ ^;

 非常に勉強になりました
 ES175を触らしてもらいましたが、本人の談によると以下のクセがあるとのこと。
・ネック側のピックアップのボリュームを絞るとノイズがのる
・アンプの出音はよいが、生音はあまりでない。
 特に、触ってびっくりしたのは、チューニングが甘いんです!
 当然、私が弾くと音痴なギターになってしまうのですが、本人が弾くとピッチがピッタリあってるんだなぁこれが
 お弟子さんたちもその点は不思議に思ってらっしゃるとのこと。
 あと塗装ヒビや剥げも若干あったと記憶しています。
 ご本人によると、別のに交換したいなぁ〜という様なことをおしゃっておりました。
 あとは、Circle of the sea はNYでの録音なのですがご本人にしてみるとギターの出音に納得できないと確かおっしゃっていました。
 私には素晴らしく聞こえるんですが...

 Plain Moment は相鉄沿線のテアトルフォンテでの録音とのこと。
 ここは私の娘が習い事を発表したとこなので、なんか親しみがわいてしまいます。
 私が 東海林 由孝氏 を始めて見たのは、横浜ジャズプロムナードのドックヤードガーデンでの演奏でした。
丁度 Plain Moment をリリースした年で、レコーディングメンバーでの演奏でした。 タッピさんのドラムは超絶上手いし、山口 真文さん(Bassのミロスラブ ヴィトゥースとも競演してるんです)のソプラノの演奏は神々しいしで、とにかくもの凄いライブだったのですが、その中でも東海林さんの演奏は輝いていました。
 フレーズ、音色、ルックスともパーフェクトで、一発でノックアウトされてしまいました。
 スピードをあえて追求した演奏スタイルではないのですが、早いリックをクールに飄々と弾く姿は、今でも忘れられません
 CDを即買いして家で聞いたところ、ライブの印象があまりにもよかったので、がっかりしたのを覚えています。
 でも、聞き込んでいくうちに、だんだんと味わいが見えてきて今までに100回以上は聞き込んでいます。
 最初、使っているアンプがポリトーンだと勘違いして、私も買い求めてしまいましたが、実は別のライブで見せてもらったところピーターソンでした。これは単なる私のトホホですが...
 HARUさんとも交流があって、翌年のジャズプロムナードや戸塚のGクレフでジョイントされていました。
 ご本人によるとHARUさんは本当にイイ人らしいです。(松坂慶子さん さすがお目が高い!)
 HARUさんはエフェクトを使うし、コードソロが持ち味なので対象的な東海林さんとのジョイントは興味深かったです。
 特にサッカーワールドカップの時期に行われたGクレフでのライブは、Gt×2本+Bs+Drという編成で、二人のギタリズムを堪能することができました。私にとっては本当に敬愛するお二方の演奏を間近に見ることができて、夢の様な夜でした。
 あの夜のライブは、2セット目を都合で聞けなくて、いまでもそれを悔やんでいます。
 折角、HARUさんがシタールギター(の様な)を持ってきていたのに、それを使うところが見れなかったのが痛恨です。
 ちなみに東海林さんは秋山 一将さんに師事されたとのこと。
 秋山さんのCDは少ししか聞いたことありませんが、浮遊感のある
 時代を先取りした演奏との印象を持ちました。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 24人

もっと見る

開設日
2007年1月1日

3976日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!