mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Jonathan Fire*Eater

Jonathan Fire*Eater

Jonathan Fire*Eater

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いつの間にかdreamworksの音楽部門が潰れていた。Elliott Smith, eels, Rufus Wainwrightなど素晴らしいアーティスト達が所属し、素晴らしいアルバムを発表していたわけで残念。


 そのdreamworksにJonathan Fire Eaterというバンドがいたのを知っているだろうか。96年に傑作デビューアルバム『Wolf songs for lambs』一枚だけで解散したのだが、その音のかっこ良さと言ったら、ジョニーサンダースがジムモリソンの後釜にドアーズに加入して他の三人のメンバー全員ジャンキーにしてしまったような、すなわちどうしようもないほどぼろぼろのロマンシズムとセクシャリティーを持ったとんでもないものだった。キーボーディストが偶然三万円で買ってきたおんぼろオルガンが素晴らしい音を出したとき、へたくそなドラマーが人の真似をしても一向に上手くいかないので猿のおもちゃのように好き勝手に叩き出したとき、ヴォーカリストだったスチュアートラプトンは「真っ暗な部屋で突然電気のスイッチに触れた気分だった」とバンドの誕生を感じたことをインタヴューで答えている。こんなセリフがはけるヴォーカリストが最近いただろうか、そしてそのヴォーカルは「僕は全ての音階に憎しみを持っている」という彼の言葉どうり、ノーガードで音に挑みかかりぼろぼろにぶちのめされながらもファイティングポーズだけはとっているとでも形容したくなる程凄まじい。他のメンバーもギターのセンスは天井知らず、ベースは地味に全てをまとめてるという、最後は激しく仲違いして解散というのも納得のいく絶妙すぎるバランス。本当に世界最高峰のロックバンドだと思う。もし彼らを聞いたことがないなら、中古盤で500円くらいで売られているので買いましょう。彼らはインディーでも編集盤を一枚出してるけどこっちも買いましょう。


どうぞ皆さん、気軽にご参加ください。

最新情報

トピック

開設日
2005年05月04日
(運営期間4167日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
69人
関連ワード

おすすめワード