mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 遠藤一彦・大洋孤高の大エース

遠藤一彦・大洋孤高の大エース

遠藤一彦・大洋孤高の大エース

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜大洋ホエールズのエースと言えば、この男を差し置いて誰も該当しない。

遠藤一彦。

大洋ファンの神遠藤を愛したあなたのためのコミュニティです。


略歴
1955年4月19日福島県生まれ。投手。右投右打。背番号24。学法石川高校-東海大、大洋が川崎から横浜に移転した1978年にドラフト3位で入団。

1年目に2軍で好投を続け、1軍昇格するが、別当薫監督の方針で2年目の新人王獲得資格を残すため、登板を制限し1勝で終える。

2年目には先発・抑えでフル回転、12勝12敗8セーブ、防御率3.81の好成績を残すが、中日藤波が新人王獲得。

3年目の80年はほぼリリーフで5勝5敗16セーブを残し、4年目からは先発再転向、82年は12勝をマーク。

そして、83年、終盤に12連勝し、18勝9敗3セーブ、防御率2.87、186奪三振で最多勝と最多奪三振に輝き、沢村賞にも選出。さらに翌年も17勝17敗、防御率3.68、208奪三振でチームは最下位ながら2年連続の最多勝・最多奪三振を記録。

85年は13勝を上げた時点ではハーラートップだったが、終盤に怪我をして史上初の3年連続最多勝を惜しくも逃がす。

86年にも185奪三振で3度目の最多奪三振のタイトルを獲得。87年には14勝7敗で6年連続2桁勝利を達成。しかし10月に巨人戦で走塁中に衝撃の右アキレス腱断裂、3度目の最多勝獲得はまたも幻と終わり、リハビリ生活に入る。

翌年5月に早期復帰するものの5勝に終わり、89年も2勝と低迷。

しかし、90年に須藤監督に抑えに指名されると、6勝6敗21セーブ、防御率2.17という好成績、オールスター出場とカムバック賞受賞の鮮やかな復活劇。

91年は当初抑えだったが、不調と肩痛からその座を佐々木に譲る。

92年、先発に復帰しローテーションに加わるも3勝に終わり、現役を引退。大洋ホエールズの消滅と共に、ユニホームを脱いだ。


通算成績(15年)
134勝128敗、58セーブ、防御率3.49。1654奪三振。
タイトル
最多勝2回(83・84)最多奪三振3回(83・84・86)沢村賞1回(83)カムバック賞1回(90)ベストナイン1回(83)

オールスター出場5回(79・84〜86・90)


プロ野球選手名鑑@mixi
(横浜ベイスターズ・大洋ホエールズ関連コミュ一覧)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=773941

開設日
2005年05月03日
(運営期間4164日)
カテゴリ
スポーツ
メンバー数
388人
関連ワード