mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ドリフト道

ドリフト道

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年2月2日 15:29更新

ドリフト走行とは、主に自動車において、車体の慣性力がタイヤと路面との摩擦力の限界を超え、グリップを失った状態において、車体の向きと進行方向にずれが生じ、スライドしながら走行すること。または意図的にそのような状態を維持する走行方法のこと。ドリフト走行を行うためには、ステアリング、アクセル、ブレーキを適切に操作して、タイヤのグリップを意図的に低下させる技術が必要となる。

ドリフト走行は日本が発祥の地と言われている。「ドリフト」とは英単語の"drift"(漂う)を語源としている。 Tazio Nuvolariが現在の四輪ドリフト走行テクニックを生み出したといっわれている。

利点
ドリフト状態の車両は、タイヤのグリップが極端に低下した状態となっているため、進行方向とヨー(車体を真上から見たときの回転)の関係が小さくなっている。そのため、旋回状態における車体が路面に描く軌跡とはある程度無関係に車体の向きを変えることが可能となる。とくにダートや積雪路は路面とタイヤとの摩擦係数(ミュー)が小さく、ステアリング操作に頼って車体の向きを変化させるには極度にスピードを落とす必要があるため、ラリーなどの競技ではそれを嫌って、あえて車体をスライド状態に持ち込み、スピードを維持しながらも車体の向きを変えるという操作を行う。この場合、車体の向きは、現時点で走行中の軌跡よりある程度先の予想経路に合わせてあらかじめ変えておく、といった操作を行うことになる。ドリフトさせることにより、車体の向きを早く脱出方向に向け、アクセルを早く踏むことができ、脱出速度を速くすることができる。ステアリングのみに頼らず、アクセルとブレーキの積極的な使用により、スライド状態を維持したまま進行方向を調整するという複合的な操作が求められる特殊な技術である。

欠点
この走行方法は、見た目が派手であるため、好んでこのテクニックを用いる者もあるが、スリップによる摩擦のため車体の運動エネルギーが削がれるため、速度がやや落ちるのが欠点である。また横滑り時には特有のスキールと呼ばれるスリップ音がしてうるさい。この他、車体に無理な負担が掛かるため、多用すれば故障の原因になり、タイヤの損耗も激しい事から、パンクの原因になることも多い。

ドリフト専門に行う者の中には、フロントタイヤにのみ国産ハイグリップタイヤを履かせ、リアタイヤにはドリフトによるタイヤの激しい消耗に対応して安価で購入する目的や後輪を滑りやすくする目的で、海外製タイヤ(台湾や韓国製が多い)や低価格でグリップ力の低い一般走行向けの低グレードタイヤ(通称はローグリップタイヤ)や、高グレードではあるがすり減った中古タイヤ、または再生タイヤや使い古したタイヤ(通称はウンコタイヤまたは溝なしタイヤ・丸坊主」)を装着する者もいるが、スポーツ走行を行うにはパンクやバーストの危険性が非常に高く危険である。腕が上達するにつれ、ハイグリップタイヤを履く必要が出てくるため、D1GPやD1SLでは「各メーカーのフラッグシップタイヤを4輪装着」が当たり前になっている。またレースのスピードを体験している谷口信輝はドライ用Sタイヤを4輪装着しているのにも関わらず、自由自在なドリフトを決めてみせる。

特に、ドリフトは車体のコントロールを意図的に失わせて行うため、急な現象に対応させにくく、事故が発生しやすい。また操作を誤れば、そのままスピンを起こして完全に制御不能となる。こうなってしまうと、余程運が良くなければ曲がり角の突き当たりにある物体に衝突を余儀なくされるため、そのリスクを承知の上で行うべきであろう。後輪の滑り具合を、体で感じる遠心力や加速度で察知する必要があり熟練を要するため、習得には衝突する物体のない広い安全な場所での練習が必要である。

主に使われる車両
基本的にはFRのMT車が中心だが、中には4WDの前輪の駆動をキャンセルして強制的にFR化したり、AT車を構造変更で合法的にMTに載せ換えるパターンもある。上級者の中にはMR車をドリ車としている者もいる。

なお、ドリフト走行を主な目的としている車両の事をドリ車という。

日産
シルビア
180SX、シルエイティ
スカイライン
セフィーロ
ローレル
クルー

トヨタ
マークII
チェイサー
クレスタ
アルテッツァ
ソアラ
スープラ
カローラレビン
スプリンタートレノ

マツダ
RX-7
ロードスター
RX-8

スバル
インプレッサ(後輪駆動に変更している車両もある)

ドリフト関連サイト
http://www.d1gp.co.jp/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2006年12月21日

4013日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!