mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ann peebles

ann peebles

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月17日 15:25更新

60〜70年代のソウル・レジェンド、
アン・ピーブルズのコミュニティです。

**********************
Ann Peebles
(あん・ぴーぶるず) [アン・ピーブルズ]
アル・グリーンやシル・ジョンソンらとともに<HI>の支柱を担ったシンガー、アン・ピーブルズ。
8才からゴスペルを歌っていたというピーブルズは、69年にメンフィスのレーベル<HI>よりデビューを果たす。プロデューサーのウィリー・ミッチェルが指揮する南部特有の粘っこいトラックと、彼女のブルージーな歌声は絶妙にマッチ。結果、「ウォーク・アウェイ」(69年)、「パートタイム・ラヴァー」(70年)、「アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン」(73年)などのヒット・ナンバーが生まれた。――<HI>専属ミュージシャンであるホッジス兄弟が織り成す低重心のリズム、そして音をできる限りミュートにしたキレのいいホーン・サウンドに乗せて、しっとりとした歌唱を聴かせていくナンバーの数々は、70年代サザン・ソウルのハイライトといっても過言ではない。その影響はロック・シーンにまで及び、ハンブル・パイやロン・ウッドがピーブルズの曲をカヴァ、さらにジョン・レノンまでもが彼女の名をフェイヴァリットに挙げるなど、凄まじく高い人気を誇ることに。
80年代には引退同然の状態となるが、92年に『フル・タイム・ラヴ』を小脇に携え、突如復活。96年の『フィル・ズィス・ワールド・ウィズ・ラヴ』では、ゲストにメイヴィス・ステイプルズを迎え、<HI>時代とは異なるストロングなヴォーカル・ワークを披露。ソウル・シンガーとしての意地を見せつけた。
**********************

     

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 65人

もっと見る

開設日
2006年12月15日

3786日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!