mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > フィルハーモニア管弦楽団

フィルハーモニア管弦楽団

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月3日 15:10更新

 フィルハーモニア管弦楽団(the Philharmonia Orchestra、愛称"the Phil")は、イギリスのオーケストラである。本拠地は、1995年よりロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホール。世界でも最も録音の多いオーケストラとしても有名である。

歴史

レッグの時代
1945年に、EMI社の名プロデューサー・ウォルター・レッグによって創設される。レッグの主目的はEMIの製作するレコードのためのオーケストラを作ることにあった。大戦による召集などで、イギリスの他のオーケストラの活動が未だ低調だったこともあり、優秀な演奏家の積極的な採用が成功した。例えば、1957年に交通事故で夭折する名ホルン奏者デニス・ブレインも創立当初から首席奏者を務めた(ただしロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との兼任)。

初の公開演奏は、1945年10月27日、ロンドンのキングズウェイ・ホールにて、トーマス・ビーチャムの指揮で挙行された。

レッグおよびEMIの長年にわたるコネクションを活かして、設立当初からヨーロッパ大陸(特に敗戦国ドイツ、イタリア)からの指揮者、独奏者を招いての公演・録音を盛んに行ったことが、フィルハーモニア管を他のオーケストラに対して特徴付けている点だった。1948年にはクレンペラー、フルトヴェングラー、カラヤンの3人を相次いで定期公演の指揮者としているし、リヒャルト・シュトラウス「4つの最後の歌」の世界初演は同管によって行われた(1950年5月、作曲者の没後)。カラヤンはフィルハーモニア管を率いてヨーロッパ大陸ツアーも成功させ(1952年5月)、それは創立10年に満たない同管の地位向上に貢献した。イタリアからはトスカニーニ、グィード・カンテッリ、ジュリーニが同管のためにタクトを揮っている。特に若いカンテルリは同管との相性が良かったと見え、名録音を残した。

フィルハーモニアとの良好な関係を構築したかに見えたカラヤンは1955年にベルリン・フィルの首席指揮者に就任してしまい、その後期待されたカンテッリが1956年に悲劇的な航空事故で急死したことでリーダー不在の危機が囁かれたが、レッグは大戦後ポジションに恵まれなかった感のあるオットー・クレンペラーをトップに据えることを決断、1959年にはクレンペラーは常任指揮者(後に終身)に就任し、そこから多くの名演奏、名録音を残す。


ニュー・フィルハーモニア管時代
順風満帆に思われたフィルハーモニア管を1964年に激震が襲う。レッグは前年にEMIと袂を分った後も同管の実質的なオーナーだったが、この年3月10日、資金不足を理由に突如フィルハーモニア管の活動停止・解散を通告したのである。イギリス経済自体、後に「英国病」と揶揄される慢性的な衰退状況下にあり、同管に限らず、オーケストラの財政状況はどこも危うい状況にあった。当日はクレンペラー指揮によるレコード録音日であり、オーケストラ団員は全員一致で解散反対を決議、居合わせたクレンペラーも全面的な支持を約束する。こうして、同オーケストラはイギリスで初の自主運営組織によるニュー・フィルハーモニア管弦楽団(New Philharmonia Orchestra)として再出発することになった。

新組織による初コンサートは同年10月27日、今や同管弦楽団の名誉総裁となったクレンペラーの指揮、曲目はベートーヴェンの第九である。

ニュー・フィルハーモニア管は意欲的な演奏活動を継続する。1965年にはストラヴィンスキー指揮による一連の自作自演プログラムが好評を博す。1970年には、大阪万博の一環としてジョン・バルビローリを指揮者として初来日の予定だったが、出発前夜の7月29日にバルビローリが急逝、急遽ジョン・プリッチャードとエドワード・ダウンズを代役として来日公演を実現している。

しかし、クレンペラーの高齢化に伴い楽団の求心力低下が懸念される状況になる。1972年1月、87歳のクレンペラーは公式に引退を宣言(翌1973年7月6日死去)、同管は、1972年12月に初共演を行ったばかりの若きイタリア人、リッカルド・ムーティに常任指揮者就任を要請する(後1979年からは音楽監督)。

現在
ムーティとの蜜月時代は1982年まで継続し、その間1977年からは再びフィルハーモニア管弦楽団(the Philharmonia Orchestra)の名称を回復することになる。その後1984年-1994年はジュゼッペ・シノーポリ(音楽監督)、1994年からはクリストフ・フォン・ドホナーニ(当初は首席客演指揮者、1997年より首席指揮者)をリーダーとしている。2006年11月21日の公式発表によれば、ドホナーニは2007年-2008年のシーズンを最後にその座を退き、後任の首席指揮者にはエサ=ペッカ・サロネンが翌シーズンから就任することとなっている。管弦楽団の歴史上常に非イギリス人をトップに置いていることも、イギリスのオーケストラとしては極めて異例で興味深い。


ホール
ロンドンのオーケストラは「過密」と言ってよい状況(国際的レベルのオーケストラが5つ、それに対して大規模ホールは3つ)であり、リハーサルならびに定期演奏の場が保障されるという意味での本拠地(residency)の確保はどのオーケストラにとっても難問である。フィルハーモニア管は1993年にパリ・シャトレ座(Théâtre du Châtelet)を本拠地とし、1996年になってようやく、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールの本拠地化に成功し、現在は年間40公演を同ホールで行う(それ以前も同ホール開場以来45年にわたって定期演奏で利用していたのだが、あくまで客演での利用という建前だった)。


録音活動
創設以来の「録音の多いオーケストラ」の伝統は健在であり、1989年には「年間録音セッション数250回」という驚異的な記録を樹立している。回数の多いこと自体は芸術性の優劣と必ずしも比例するものではないにせよ、これは同管がいかなる指揮者、いかなるジャンルの曲目にも即応できるという高い技術と柔軟性の現れであり、その幅広いレパートリーと「平均点の高い演奏」は定期演奏会でも十分に発揮されている。

一般的なクラシック公演・録音以外にも、フィルハーモニア管は例えば以下のような映画で音楽を担当している。

「ヘンリー5世」 ローレンス・オリビエ監督・主演(1946年)
「エントラップメント」(1999年)
「ファンタジア 2000年版」(ディズニーのアニメーション映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公式ホームページ
http://www.philharmonia.co.uk/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 38人

もっと見る

開設日
2006年12月12日

3786日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!