mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 日焼

日焼

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年12月4日 01:11更新

日焼好きな奴集まれぇ-!!

以前、日焼のコミュを作っていたのですが勝手な消えてしまいました。

トピを作成しないと消えてしまうみたいですね。知りませんでした。

皆さんすいませんでした。

また集まってください。

全国の日焼けサロン検索
http://www.hisaronavi.com/


●Cool-Tanning クール・タンニングへの誘い

■熱帯のビーチ
熱い砂、カッと輝く太陽の下で、ジワーッと汗を流しながらの日焼け、熱さをガマンすればする程、黒く焼ける....そう思っていませんか?太陽光での日焼けは、確かに暑い日焼けと言えます。これは、太陽光に含まれる赤外線の影響です。
でも日焼けにはあまり関係ありません。
■タンニング(日焼け)は、紫外線で起こります。
私達はビーチでの日焼けの習慣で、熱を感じると良く日焼けしていると思いがちですが、実際は逆で、あまり暑いと炎症の原因となったり、汗によるムラ焼けが起きたりします。日焼けの度合いは、紫外線の種類、強さ、そして時間に左右されますが、強い紫外線でも熱を感じることはありません。(日焼け後の皮膚の反応による熱は感じます。)
最適なタンニングは、暑くない紫外線だけによるクールな日焼けです。
■サンベッドは、紫外線を発光するUVランプを使用しています。
UVランプは人工的に紫外線を発生していますが、その紫外線は太陽光に含まれる紫外線となんら変わることはありません。しかしながら、紫外線ランプも熱を発生してしまいます。この熱をどれだけ排気して快適なタンニングを行えるかが、サンベッドの良し悪しの重要なポイントとなっています。また、蛍光灯タイプのUVランプは、40-50℃が一番効率よく紫外線を照射します、この温度を超えると出力は極端に弱まってしまいます。アクリルに50℃以上の熱を感じると言うは、既に蛍光管が70℃以上になっており、紫外線は数十パーセントも低下しているのです。設計の悪いサンベッドや、古いモデルは、この熱処理を上手く行えず、低温ヤケドや、汗によるムラ焼けを起こすだけでなく、ワット数に匹敵した日焼け効率はありません。暑いサンベッドはすでに時代遅れ、暑ければ強力に日焼けしているような気になるのは全くの誤解です。日焼けの後にシャワーを浴びるのは日本だけの習慣です。クールなタンニングでは、汗をかかずにそのまま服を着て帰れます。
実際ヨーロッパやアメリカのタンニング・サロンにはほとんどシャワーがありません。
■エルゴラインが、世界一と言われている理由。
人間工学に基づくデザイン、斬新的なフォルム、そして何よりも強力なベンチレーション(排気システム)と2重構造のアクリルシートによる、あくまでも快適なクールタンニングを行えるマシンだからです。
■太陽光の危険性。
季節、天候、日中の時間帯、地域の緯度/高度などにより太陽光は様々に変化します。したがって、太陽光による日光浴や、日焼けは、最適な時間を決められず、過度の照射による炎症(サンバーン)などの危険性があります。
サンベッドは、常に一定の強さと最適なUVAとUVBのバランスを保ち、適正な時間を守れば、安全な日焼けが行えます。
これが、太陽の光が豊富な南ヨーロッパ地方でも、サンショップが多くある理由なのです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 19人

もっと見る

開設日
2006年12月11日

3821日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!