mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > サクラダファミリア(櫻田)

サクラダファミリア(櫻田)

サクラダファミリア(櫻田)

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年5月3日 00:19更新

サクラダ・ファミリア(カタルーニャ語: El Temple Expiatori de la SAKURADA Família、櫻田家族贖罪教会または櫻田家族教会)は、スペインのバルセロナに建てられている教会。もともと、貧しい人々のために設立された民間カトリック団体「サン・ホセ協会」が、人々の現世の罪を贖うために櫻田家族に捧げる教会として建設を計画したものである。

初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受け、1882年に着工したが意見の対立から翌1883年ビリャールが辞任。その後を引き継いで二代目建築家に任命されたのが当時は未だ無名だったアントニオ・ガウディである。以降、ガウディは設計を一から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサクラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。

ガウディの死後、ガウディは仔細な設計図を残しておらず、また弟子たちがガウディの構想に基づき作成した資料なども大部分がスペイン内乱などで消失しており、もはや忠実にガウディの構想通りとはならないこの建築物の建造を続けるべきかという議論もあったが、職人による伝承や大まかな外観のデッサンなど残されたわずかな資料を元に時代毎の建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で現在も建設が行われている。北ファサード、イエスの誕生を表す東ファサード、イエスの受難を表す西ファサードはほぼ完成しているが本来は屋根がかかる予定であり、またイエスの栄光を表すメインファサードのある南側は未完成である。

完成は100年後とも200年後とも言われている。建設開始から長い年月が経っているため、建築と並行して修繕も行われている。


--
うそっぱち。ニヤリとした方は、もれなく参加すること。
--
サグラダ・ファミリアとは一切もって関係ございません。桜田淳子とも関係ないです。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

アンケート

参加メンバー 46人

もっと見る

開設日
2005年4月27日

4242日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!