mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > カオス 混沌 chaos 

カオス 混沌 chaos 

カオス 混沌 chaos 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年11月15日 21:24更新

 
その振る舞いは決定論的法則に従うものの、積分法による解が得られないため、その未来(および過去)の振る舞いを知るには数値解析を用いざるを得ない。
しかし、初期値鋭敏性ゆえに、ある時点における無限の精度の情報が必要であるうえ、数値解析の過程で出る誤差によっても、得られる値と真の値とのずれが次第に大きくなっていく。
そのため予測が事実上不可能という意味である。

PC:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%B9%E7%90%86%E8%AB%96
CP:http://bbgate.froute.jp/pc2m/?_ucb_u=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%B9%E7%90%86%E8%AB%96
 


目次
 
『科学 医療 作品 神秘 宗教』
http://mixi.jp/view_event.pl?id=34953985
 
『思索 社会 人物 哲学』
http://mixi.jp/view_event.pl?id=34954993
 
『愛情 性欲 感覚 感情 心理 精神 生活』
http://mixi.jp/view_event.pl?id=34954864
 


http://mixi.jp/view_community.pl?id=1767244
 


(初代管理人 sister T さんによるコミュニティの説明文。↓)
 


集団にあっての孤独感、または集団心理においての疎外感、及び実際に対人関係がうまくこなせず悩んでいる方、アスペルガー症候群の可能性があることを考えたことはおありでしょうか。

> アスペルガー症候群(Asperger syndrome: AS)は、興味・関心やコミュニケーションについて特異であるものの、知的障害がみられない発達障害のことである。
> 「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いが、公的な文書においては、自閉症とは区分して取り扱われていることが多い。
> 精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準(DSM-IV-TR)ではアスペルガー障害と呼ぶ。
> 対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が原因の1つと考えられている。
> 特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりする。
> しかし、カナータイプ(伝統的な自閉症とされているもの)に見られるような言語障害は、比較的少ない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

これは精神病ではありません。
脳の構造の違い、特徴、個性だと私は感じています。
脳障害でありながら知能に問題はないといわれていることを考えたいのです。
この特徴との最善の付きあい方を探したいのです。
なぜならアスペルガー以外でも「人」にとってそれが真理であるような気がするから。
それとは「エゴではない自我を確立すること」にあると考えます。

例えばデカルトの命題は自我の存在を証明する推論ではない。
デカルト自身も言っています。
「コギト・エルゴ・スム」(我思う・故に・我有り)を哲学の第一原理であり真理ではないと。
(コギトとはいわゆる思考です。)
人間の持つ「自然の光」(理性)を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。
デカルトが「近代哲学の父」と称される所以であります。

目的とは真理であり、目的を示さない正しくない身勝手な思考をコギトとはデカルトは言っておりません。
都合のいいエゴをコギトと考えることはこの意味ではありません。
コギトとは、あらゆる物質に依存しない実体としての精神であると私は考えます。
そこに身勝手なエゴはない。
客観視する真実への探求の為の思考です。

神経科、精神科、脳外科、病院等に通院して
「あなたはアスペルガー」
「あなたは強迫神経症」
医者に判断をもらった時点でそれが正解なのでしょうか。
アスペルガーで混沌と迷っている性分を鬱病と診断されていたことなんて今まで山のようにあったでしょう。
現在も多いでしょう。
自分が特徴に気付かない場合医者だって判断を迷います。
そう思いませんか?
私はカウンセラーでもなければ専門家でもありません。
私はできれば医者や看護婦にもこのコミュニティに参加してもらいたい気持ちです。
素人が混沌とどんなことを考えているか、専門家にのぞいてほしいと思います。
自分のことは自分が一番わかっている。
漠然と皆それを感じているはずです。
ですのでこのコミュニティはアスペルガーについてだけ議論し合うものではなく、この特徴をもったものが求める最善、あと漠然と孤独感を群衆の中で感じる方等、色々自分の資質に不安を持っている方、人は皆葛藤しながら生きています。
煩悩や葛藤のない人間などいないはずです。

* 真理の普遍を混沌に求めれば見いだせる何か = エゴではない自我の確立。
客観視出来る自我、真実(真理)への精神性の過程を養う為に、です。
それをあらゆるテーマ、あらゆる方と探究出来ればと考えますのでトピックは自由な見解から何でもお立て下さい。

心理学、及び精神分析学、思想家や哲学等過去の偉大なる学者達の文献や研究の産物、古代には未来がある、真理はそこである、人が動物として感覚を研ぎすまして生活していた時代、私はそこになにかが隠されているような気がしておりました。
ですが理解する能力や知識が追いつかない。
ですので混沌が真理であるしかないことを現時点では感じております。

一番自分を知るきっかけになったのはユングの深層心理についての研究、無意識の「深層」です。
ユングは面白いです。
ユング心理学に基づく心理療法で神経症は治癒するのか。
フロイトの見出したのが人間の暗部であり、意識の間隙であるのに対して、ユングの「目指した」ものが人格の完成であり、精神の調和である。
これを前提に思索するとすれば、アスペルガーと神経症の関わりを考察する際にはフロイトの心理療法の方が「アスペルガー症候群」においては正しいのかも知れません。

ですが私は考えることからこのアスペルガー症候群、 及び神経症、精神病の枠からも皆さんと一緒に自分の「つらい」を分析していけたらと考えこのコミュニィを作りました。
なぜならば脳の中の構造はおよそ我々人間では解明出来ない世界であるから精神の枠から分析する他我々素人(人間)には仕方のないことです。

協調性、適応能力この二つにおいて漠然と自信のない方、対人関係において孤独感を感じる方。
友達といても孤独を感じる人。

私は漠然と、対人関係、特に群衆の中におれば生じる孤独感についておよそ小学生くらいの時から漠然と考えてきました。

あとすべて私達の性質が悪いわけではありません。
一部個性をもつ人間にあうと「自己中心的な人、視野が狭い人、自分のことしか考えられない人」「人のことを考えられない人」の見解になり、自分の理解出来ないを認識せず疎外しようとする人もいます。

仕方のない心理ではあると思います。
人にそれぞれ個性があることを理解出来ない人は確かにいます。
集団心理において、人は防衛本能において無意識に集団にあわせようと自分を守ります。
それが悪なのか、真理という普遍が存在しないように人の思想にも正しいはありません。
ですが我々は所謂その集団におかれた時、孤独を感じます。
これを孤独ではなく孤高に導かなければならないと思います。

己の真理を探究することにしか時間を費やせない。
正義感が強すぎて人から疎まれる。
人の言葉をいいかげんに処理出来ない時がある。
(その裏にある悪意を感じてしまう。
わかってしまう。)
理解出来る方いますか?
いますよね多分。
私はこの部分が本当にそうであっても気付くべきかいなか、気付かないふりをする大切、真実がもし悪意であっても、それを気付かない、前向きに捉え、検討することが本当はまずしなければいけない、そこにある事実よりも真実なのではないかと大人になってから考えます。

メビウスです。
出口と思ったら入り口に逆戻り。
考えるとはそういうことではないかと思っています。
考えるとは本来一人で考えるしかない作業です。
この性質を持った人はそういう性質であると受け入れることに少しでも楽があると私は思います。
他人に答えを求めてはなりません。
多々自暴自棄を招くのは対人関係においての期待です。
自分の性質、資質を認識し認め生活することで自我が自ずと見えてくればと思います。
特徴である多分「特定の分野への強いこだわり」これに自分の意識を置くことにより最善が見出せる気がいたします。
どんなことでもいいから達成感を得られるものを見つけるのです。

人に依存することは最善ではないように思います。
特定の宗教や神、人に帰依することは私達にとって多分自殺行為に近いです。
裏切られた感が生じた時の焦燥感が多分人一倍強いからです。
依存は解決策になりません。
自己の普遍の真理を見つけるのです。
正しいものを見いだす能力を高めるのです。
美しいものは必ずあります。
ここにいるメンバーは個々に普遍の真理を探す仲間です。
依存し合わない仲間です。
自分を受け入れることにより楽になるどころか誰よりも人生において強いを取得出来るような気がいたします。

グリム童話における深層、人魚姫とアスペルガー症候群の深い深遠なるメタファを解き放つ作業により自分を知り認めお互いに楽に生きれる境地、生き方を探せればと思います。
深くは徐々に作成していきます。
私自身は素人ですのでお気軽にご参加下さい。
人にお医者さんごっこと言われようと、哲学ごっこと言われようといいではありませんか。
人は人、自分は自分です。
自己とはエゴではない、自然に過ごせる自分を知ることだと思います。
個々に自己における最善を探したい、それだけです。

参加の仕方 「自由」
このコミュニティは私が mixi をしながら真理の普遍がカオス(もう一つの世界に存在する、もしくはカオスにのみ存在する)に行き着いた集大成です。
ですので幾つか過去の日記の中からそれに至った私がその日その日で感じ結論が出たテーマをこちらにトピックごとに作成していきます。
感じたことがあれば、何も気にせず書いて下さい。
書いた私の文章と全く関係ないことでかまいません。
感じたことを考えることに意味があるのです。
心理学者の加藤氏は言います。
「人間の自己には二つある。
意識されている自己と、潜在意識下の自己である。
意識されている自己にはこの合理化が通用しても、潜在意識下の自己にはこの合理化は通用しない。
潜在意識下の自己はちゃんと本当の理由を知っている。
自分は試されることが恐くて回避したとか、あるいは自分はそれほど実力がないとか、潜在意識下の自己はきちんと知っているものである。」

精神と意識の融合、現実を知った上で夢や希望をもつことが人は必要です。

それは事実がいかなる過酷であろうとも、前に歩く向上と精神の強さ、を身につけること、が人すべてにとっての真理ではなかろうかという結論ではあります。
 

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 952人

もっと見る

開設日
2006年12月7日

4003日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!