mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 女性私立探偵たち

女性私立探偵たち

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月28日 13:17更新

S・J・ローザンのコミュがないねとマイミクのシャンテさんと話し合っているとき、ローラ・リップマンもないし、マーシャ・マラーもないのに気がつき、どうせならと「女性私立探偵たち」コミュとなりました。広く解釈して警官もOKとします。


作家名、探偵名、主な活躍場所、主な著作 出版社
○マーシャ・マラー シャロン・マコーン サンフランシスコ 「人形の夜」 (推薦者kimiko)

○S・J・ローザン リディア・チン(とビル・スミス) ニューヨーク 「チャイナタウン」創元推理文庫 (推薦者kimiko)

○ローラ・リップマン テス・モナハン ボルチモア 「ボルチモア・ブルース」ハヤカワ文庫 (推薦者kimiko)

○デイナ・スタベノウ ケイト・シュガック アラスカ 「白い殺意」ハヤカワ文庫 (推薦者kimiko)

○ジャネット・ドーソン ジェリ・ハワード オークランド 「追憶のファイル」(推薦者kimiko)

○ナンシー・ベイカー・ジェイコブス デヴォン・マクドナルド ミネソタ 「楔の青」(推薦者kimiko)

○リンダ・バーンズ カーロッタ・カーライル ボストン 「赤毛のカーロッタ奮闘する」(推薦者kimiko)

○ヴァル・マクダーミド ケイト・ブラナガン マンチェスター 「ロック・ビート・マンチェスター」(推薦者kimiko)

○マクシン・オキャラハン ディライラ・ウェスト 南カリフォルニア 「永遠に別れを」(推薦者kimiko)

○グレッグ・ルッカ ブリジット・ローガン ニューヨーク 「耽溺者」講談社文庫 (推薦者kimiko)

○エリザベス・ジョージ バーバラ・ハヴァーズ(とトマス・リンリー)ロンドン 「大いなる救い」(推薦者Madorenaさん)

○ナンシー・ピカード ジェニー・ケイン マサチューセッツ州ポート・フレデリック「恋人たちの小道」(推薦者ニキさん)

○P.D.ジェイムズ ケイト・ミスキン ロンドン 「死の味」ハヤカワ文庫(推薦者じゅりさん)

○キャロル・オコンネル マロリー・シリーズ(推薦者juliecatさん)

○リザ・スコットラインの“新米弁護士たちのシリーズ”「逃げる女」他(講談社文庫)(推薦者juliecatさん)

○ジャン・バークの“アイリーン・シリーズ”「グッドナイト・アイリーン」他(扶桑社ミステリー文庫) (推薦者juliecatさん)

○アン・ペリーの“ピット&シャーロット・シリーズ”「娼婦殺し」他(集英社文庫)(推薦者juliecatさん)

○ブライアン・フリ−マントルの“心理分析官クローディーン・シリーズ”「屍体配達人」他(新潮文庫)(推薦者juliecatさん)

○リンダ・ラ・プラント ロレイン・ペイジ 「凍てついた夜」 ハヤカワ文庫(推薦者kimiko)

○カレン・キエフスキーのキャット・コロラド シリーズ(福武文庫)(推薦者シャンテさん)

○ドロシー・L・セイヤーズ クリンプスン嬢 ロンドン 「毒を食らわば」(創元推理文庫)(推薦者kumiko)

○ステラ・ダフィ(柿沼瑛子 訳) サズ・マーティン ロンドン 「カレンダー・ガール」(新潮文庫)(推薦者Madorenaさん)

○P・D・ジェイムズ コーデリア・グレイ 「女には向かない職業」(早川書房)(推薦者りー中西さん)

○リザ・コディ アンナ・リー(私立探偵) ロンドン(だったと思う)『見習い女探偵』(推薦者飴さん)

○リザ・コディ エヴァ・ワイリー(女子プロレスラー) 巡業してたと思う 『汚れた守護天使』(推薦者飴さん)

○イアン・ランキン/シボーン・クラーク(部長刑事) エジンバラ 「獣と肉」(早川書房)(推薦者りー中西さん)

○アンネ・ホルト ハンネ・ウィリヘルムセン オスロ 「女神の沈黙」(集英社文庫)(推薦者kumiko)

○ロバート・B・パーカー サニー・ランドル ボストン 『家族の名誉』(早川書房) (推薦者mayflowerさん)

○ピーター・トレメイン 裁判官・弁護士でもある修道女ファデルマ 7世紀のアイルランド 「蜘蛛の巣」(東京創元推理文庫) (推薦者キョウさん)

○ケイティー・マンガー、ケイシー・ジョーンズ(無免許の探偵)、ノースカロライナ州ダーラム、「女探偵の条件」(新潮文庫) (推薦者ハカセさん)

○デニス・レイヘン、アンジェラ・ジェナーロ(探偵、パトリック・ケンジーの相棒)、ボストン、「スコッチに涙を託して」(角川文庫) (推薦者ハカセさん)

○サラ・デュナント、ハンナ・ウルフ(私立探偵)、ロンドン、「最上の地」(講談社文庫) (推薦者ハカセさん)

○ポーラ・L・ウッズ、シャーロット・ジャスティス(強盗殺人課刑事)、ロサンジェルス、「エンジェル・シティ・ブルース」(ハヤカワ文庫) (推薦者ハカセさん)

○ナンシー・テイラー・ローゼンバーグ、レイチェル・シモンズ(警官)、カルフォルニア州オーク・グローブ、「不当逮捕」(講談社文庫) (推薦者ハカセさん)

○スーザン・ウルフ、サラ・ネルソン(殺人課警視)、カリフォルニア州サン・マテオ、「相棒は女刑事」(ハヤカワ文庫) (推薦者ハカセさん)

○パトリシア・コーンウェル、ヴァージニア・ウエスト(署長補佐)・ジュディー・ハマー(警察署長)、ヴァージニア州シャーロット、「スズメバチの巣」(講談社文庫) (推薦者ハカセさん)

○リンダ・フェアスタイン、アレックス・クーパー(検事補)、ニューヨーク、「誤殺」(ハヤカワ文庫) (推薦者ハカセさん)

○アレックス・カーヴァ、マギー・オデール(FBI捜査官)、ネブラスカ州プラットシティー、「悪魔の眼」(ハーレクイン・MIRA文庫) (推薦者ハカセさん)

○ジェフリー・ディーヴァー “リンカーン・ライム・シリーズ”の、ライムの相棒アメリア・サックス。確か数冊は文庫化されている。最初の巻のタイトルを思い出せず。「エンプティ・チェア」、「石の猿」他(早川書房刊)(推薦者juliecatさん)

○ルース・バーミングハム(ペンネームは女性名だが、本名はウォルター・ソレルスという男性作家)、サニー・チャイルズ(ピーチツリー探偵社で働く私立探偵)、ジョージア州アトランタ、「父に捧げる歌」(ハヤカワ文庫)(推薦者ハカセさん)

○サンドラ・スコペトーネ ローレン・ローラノ(レズビアンの私立探偵) ニューヨーク 「リゾートタウンの殺人」(扶桑社文庫)(推薦者kumiko)

○リサ・マークルンド、アニカ・ベングツソン(新聞記者)、ストックホルム、「爆殺魔(ザ・ボンマー)」(講談社文庫、絶版)(推薦者ハカセさん)

○J.A.コンラスのジャック・ダニエルズ(46歳、バツイチ、不眠症のシカゴ警察の警部補) 文春文庫「ウィスキー・サワーは殺しの香り」(推薦者 juliecatさん)

○ロバート・K・タネンボームの“カープとマルレーネ・チャンピ”シリーズ(カープとチャンピは検事補。70年代ニューヨーク) 講談社文庫「断罪」「さりげない殺人者」(推薦者 juliecatさん)

○マーガレット・マロンの“デボラ・ノット” ノース・カロライナ州の判事(一作目「密造人の娘」では弁護士)。シリーズ四作目まで早川ミステリアス・プレス文庫なので、すべて絶版状態ですが...(ミス〜のうち何点かは通常のハヤカワ文庫となって復刊されたりしているが、このシリーズはまだお目見えしていません)(推薦者 juliecatさん)

○キャロリン・G・ハートの“ヘンリー・O”シリーズ ミズーリ州在住の元新聞記者でミステリ作家。が、舞台は巻によって様々な場所に。これもシリーズ四作まですべてミステリアス・プレス文庫で、「死者の島」、「災いの小道」など。(推薦者 juliecatさん)

○フランシーヌ・マシューズの、ナンタケットの警察署長の娘である刑事“メリー” 集英社「ナンタケットの霧」(シリーズ第一作とのことだが、二作目以降が出る気配なく何年か経過...)(推薦者 juliecatさん)

○キャロリン・G・ハートのミステリ専門店主“アニー・ローランス・ダーリング”。サウス・カロライナのリゾートの島にあるその店の名は<デス・オン・ディマンド>、夫のマックスは“探偵(?)”事務所経営。「クリスティー記念祭の殺人」、「ブック・フェスティバルの殺人」など、9作すべてのタイトルが「〜の殺人」。(ハヤカワミステリアス・プレス文庫)(推薦者 juliecatさん)

○アレクサンドラ・マリーニナ アナスタシア モスクワ 「アウェイゲーム」(光文社文庫) モスクワ市警天才プロファイラーで重度の肩こり(?)持ち。このほかに2冊あったと思います。本棚に埋もれて発見できないのですが。(推薦者 みあさん)

○アンドレア・H・ジャップ グロリア・パーカー=シモンズ 「殺人者の放物線」(創元文庫) キャシーマロリーにも似た、心に傷のある天才数学者。展開にヨーロッパ的陰影があって、続編がでるかな、と思っているところです。(推薦者 みあさん)

○T・ジェファーソン・パーカー、マーシ・レイボーン(オレンジ郡保安官事務所殺人課刑事巡査)、カリフォルニア、「ブラック・ウォーター」(ハヤカワ文庫)(推薦者ハカセさん)

○ダイアン・デヴィッドソン ゴルディ・シュルツ(ケータリング業)コロラド州アスペン・メドウ 「クッキング・ママは名探偵」(集英社文庫)(推薦人kumiko)

○リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・パイ・ブラウン共著  ミセスマーフィ(とら猫、飼い主は女性郵便局長ハリー) ヴァージニア州クロゼット 「町で一番賢い猫」ハヤカワ文庫(推薦者こうちゃんさん)

○ジェイニー・ボライソー ローズ・トレヴェリアン イギリス、コーンウォルにすむ未亡人の画家 「容疑者たちの事情」 創元推理文庫(推薦者こうちゃんさん)

○アンナ・マクリーン ルイザ・メイ・オルコット 19世紀中頃のアメリカはボストン 「ルイザと女相続人の謎」創元推理文庫(推薦者juliecatさん)

○サラ・スチュアート・テイラー 探偵名確認中(学者)「狡猾なる死神よ」創元推理文庫(推薦者juliecatさん)

○ダイアン・ウェイ・リャン 王梅=ワンメイ(私立探偵)「翡翠の眼」(推薦者キョウさん)

○クリスティン・グリーン ケイト・キンセラ(看護婦兼私立探偵) ロングポロ(イギリス) 「看護婦探偵ケイト」(扶桑社文庫)(推薦kumiko)

○トニー・フェンリー著、マーゴ・フォーティエ(コラムニスト、45歳)、ニューオーリンズ、「壁の中で眠る男」新潮文庫(絶版)(推薦者ハカセさん)

○メルセデス・ランバート著、ホイットニー・ローガン(新米刑事弁護士)とループ(売春婦)のコンビ、ロサンゼルス、「ドッグタウン」(ハヤカワ文庫)(推薦者ハカセさん)

○エレイン・ヴィエッツ著、ヘレン・ホーソーン(書店員)、フロリダ州フォートローダーデール、「死体にもカバーを」(創元推理文庫)(推薦者ハカセさん)

○パロネス・オルツィ レディ・モリー&メアリー・グラナード  スコットランド・ヤード婦人捜査課所属 短編集『レディ・モリーの事件簿』論創社刊 (推薦者Madorenaさん)

○アレグザンダー・マコール・スミス イザベル・ダルハウジー スコットランド・エディンバラ 〈応用倫理学レビュー〉誌編集長 「日曜哲学クラブ」「友だち、恋人、チョコレート」 創元推理文庫(推薦者kumiko)

○ピーター・ラヴゼイ ヘンリエッタ(ヘン)・マリン(主任警部) チチェスター 「殺人作家同盟(早川書房)(推薦者Madorenaさん)

○桐野夏生 村野ミロ(私立探偵) 東京新宿 『顔に降りかかる雨』『天使に見捨てられた夜』『ダーク』(いずれも講談社文庫)(推薦者 陽虎さん)

○スティーグ・ラーソン リスベット・サランデル スウェーデン 「ミレニアム」三部作  早川書房(推薦者juliecatさん)

○ジェシカ・ベック スザンヌ・ハート アメリカノースカロライナ州 「午前二時のグレーズドーナツ」 原書房コージーブックス(推薦者kumiko)

○キャロル・リーア・ベンジャミン レイチェル・アレグザンダー(私立探偵) ニューヨーク 「バセンジーは哀しみの犬」 創元推理文庫(推薦者kumiko)

○アーロン&シャーロット・エルキンズ、リー・オフステッド、アメリカ、『怪しいスライス』 集英社文庫(推薦者うさぎ堂)

○アラン・ブラッドリー、フレーヴィア・ド・ルース、英国ビショップス・レーシー、『パイは小さな秘密を運ぶ』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○アリス・キンバリー、ペネロピー・ソーントン・マクルア、ジャック・シェパード、ロードアイランド州キンディコット、『幽霊探偵からのメッセージ』 ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○アレグザンダー・マコール・スミス、プレシャス・ラモツエ、ボツワナ、『No.1レディーズ探偵社、本日開業』 ヴィレッジブックス(推薦者うさぎ堂)

○エイヴリー・エイムズ、シャーロット・ベセット、オハイオ州プロヴィデンス、『名探偵のキッシュをひとつ』 コージーブックス(推薦者うさぎ堂)

○エリン・ハート、ノーラ・ギャヴィン、アイルランド、『アイルランドの哀しき湖』 RHブックス・プラス(推薦者うさぎ堂)

○エレン・ポール、ジュリエット・ボーデン、ニューヨーク、『嘆きのパ・ド・ドゥ』 ヴィレッジブックス(推薦者うさぎ堂)

○M・C・ビートン、アガサ・レーズン、英国コッツウォルズ・カースリー、『アガサ・レーズンの困った料理』 コージーブックス(推薦者うさぎ堂)

○オーサ・ラーソン、レベッカ・マーティンソン、スウェーデン・キールナ、『黒い氷』 ハヤカワ・ミステリ文庫(推薦者うさぎ堂)

○カミラ・レックバリ、エリカ・ファルク&パトリック・ヘードストルム、スウェーデン・フェイエルバッカ、『氷姫』 集英社文庫(推薦者うさぎ堂)

○カレン・マキナニー、ナタリー・バーンズ、メイン州クランベリー島、『注文の多い宿泊客』 RHブックス・プラス(推薦者うさぎ堂)

○キャロリン・キーン、ナンシー・ドルー、アメリカ、『古時計の秘密』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○クリスティン・ゴフ、ラーク・ドラモンド、コロラド州エルクパーク、『ワタリガラスはやかまし屋』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○クレオ・コイル、クレア・コージー、ニューヨーク、『名探偵のコーヒーのいれ方』 ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○ケイト・キングズバリー、セシリー・シンクレア、英国南東沿岸部パジャーズ・エンド、『ペニーフット・ホテル受難の日』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○コリン・ホルト・ソーヤー、アンジェラ・ベンボウ&キャレドニア・ウィンゲイト、カリフォルニア州カムデン、『老人たちの生活と推理』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ジョアン・フルーク、ハンナ・スウェンセン、ミネソタ州レイク・エデン、『チョコチップ・クッキーは見ていた』 ヴィレッジブックス(推薦者うさぎ堂)

○ジョン・J・ラム、アシュリー&ブラッドリー・ライオン、ヴァージニア州レメルケンプ・ミル、『嘆きのテディベア事件』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ジル・チャーチル、リリー&ロバート・ブルースター兄妹、(ニューヨークにほど近い)ヴォールブルグ・オン・ハドソン、『風の向くまま』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ドナ・アンドリューズ、メグ・ホリングワース・ラングスロー、ヴァージア州ヨークタウン『庭に孔雀、裏には死体』 ハヤカワ・ミステリ文庫(推薦者うさぎ堂)

○ナンシー・アサートン、ロリ・シェパード、英国コッツウォールド、『ディミティおばさま現る』ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○ハンナ・リード、ストーリー・フィッシャー、ウィスコンシン州モレーン、『ミツバチたちのとんだ災難』 コージーブックス(推薦者うさぎ堂)

○ヘイリー・リンド、アニー・キンケイド、サンフランシスコ、『贋作と共に去りぬ』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ヴァージニア・ローウェル、オリヴィア・グレイソン、(ワシントンDCとボルティモアの間にあるとされる)チャタレーハイツ、『フラワークッキーと春の秘密』 コージーブックス(推薦者うさぎ堂)

○マーガレット・デュマス、チャーリー・フェアファックス、サンフランシスコ、『何か文句があるかしら』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○メグ・キャボット、ヘザー・ウェルズ、ニューヨーク、『サイズ12はでぶじゃない』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○リヴィア・ウォッシュバーン、フィリス・ニューサム、テキサス州ウェザーフォード、『桃のデザートには隠し味』 RHブックス・プラス(推薦者うさぎ堂)

○リンダ・O・ジョンストン、ケンドラ・バランタイン、ロサンゼルス、『愛犬をつれた名探偵』 RHブックス・プラス(推薦者うさぎ堂)

○レスリー・メイヤー、ルーシー・ストーン、メイン州ティンカーズコーヴ、『メールオーダーはできません』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ローズマリー・マーティン、ベベ・ベネット、ニューヨーク、『ベベ・ベネット、死体を発見』 創元推理文庫(推薦者うさぎ堂)

○ローラ・ダラム、アナベル・アーチャー、ワシントンDC、『ウエディング・プランナーは眠れない』 ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○ローラ・チャイルズ、セオドシア・ブラウニング、サウスカロライナ州チャールストン『ダージリンは死を招く』 ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○ローラ・チャイルズ、スザンヌ・デイツ、アメリカ中西部の町キンドレッド、『あつあつ卵の不吉な火曜日』 ランダムハウス講談社文庫(推薦者うさぎ堂)

○木村二郎、フィリス・マーリー、ニューヨーク。「偶然の殺人者」〈「ミステリーズ」2013年12月号掲載〉、「ダニエルという名の橇(そり)」Kindleで2014年8月発売。(推薦者kumiko)



コミュがあるもの
○サラ・パレツキー V・I・ウォーショースキー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=561341

○スー・グラフトン 探偵キンジー・ミルホーン
http://mixi.jp/view_community.pl?id=161562

○ローリー・キング メアリ・ラッセル/ケイト・マティネリ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=611177

○ジャネット・イヴァノヴィッチ ステファニー・プラム
http://mixi.jp/view_community.pl?id=580051

○アレグザンダー・マコール・スミス No.1 レディース探偵社(推薦者mayflowerさん)
(当コミュのトピックから2007年6月5日独立)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2256536


参考図書
○久美沙織「ヒロインで読むミステリー」河出書房新社(推薦者kimiko)

○山本やよい「わたしのボスはわたし」廣済堂出版(推薦者kumiko)


♪はじめてのかたはこちらへ一言
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=13146047&comm_id=1622980

♪トピを立てる時は同じようなものがないか確認してください。
 同じようなものであれば移転をお願いして削除します。

(last up date 2012.06.13)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 76人

もっと見る

開設日
2006年12月6日

3822日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!