mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 平林たい子

平林たい子

平林たい子

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【平林たい子】 ひらばやし・たいこ (明治38年−昭和47年 旧・諏訪郡中洲村生まれ) 本名はタイ。生活の貧しい農家の出身であることや、小学校のときロシア文学を読んだことなどが、後の活動に影響を与えた。旧・諏訪高等女学校(土屋文明校長)卒業後、上京、アナーキストグループと近づいて朝鮮半島や中国東北部を放浪、結婚。昭和初期からプロレタリア文学作家として執筆を開始。病と貧しさに耐えながら、反戦の意思を貫いた。 戦後、多くの作品を発表、『かういう女』で第1回女流文学大賞を受賞。市川房枝などとも交流を持ち、婦人運動家、無産運動家、社会運動家としても著名であった。 (年 譜) ・大正11年 堺利彦に傾倒。上京。アナーキストグループに近づく。関東大震災で検挙、拘留される ・大正13年 山本虎三と朝鮮半島や中国 東北部を放浪 ・昭和元年 林芙美子らと女性作家グループを作る ・昭和2年  小堀甚ニと結婚。『嘲る』が大阪朝日新聞の懸賞小説に入選。次いで『施療室』を発表。プロレタリア作家として認められる ・昭和12年 人民戦線事件で検挙、重病により釈放される ・昭和21年  『一人行く』 『かういう女』 『鬼子母神』『私は生きる』 など相次いで発表 ・昭和27年 ニースで開かれた世界ペン大会に出席。以降ドイツや韓 国、フィリピン、ノルウェーなどを歴訪、講演や会議に出席 ・昭和29年 小堀と離婚 ・昭和32年 長編自伝小説 『砂漠の花』 ・昭和43年  『秘密』によって第7回女流文学賞受賞。病苦の中で『宮本百合子』が遺作となる ・昭和47年 市川房枝らにみとられ死去。女流文学者会葬。恩賜賞、内閣総理大臣賞、紺綬褒章を受ける。

最新情報

開設日
2005年04月25日
(運営期間4174日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
31人
関連ワード